人気ブログランキング |

タグ:額賀円也 ( 13 ) タグの人気記事

オンラインショップのご案内~額賀円也さんのうつわ

オンラインショップ
額賀円也さんの 三島八寸皿を掲載しました。
b0132444_20501270.jpg
お品書き

●ベビー帆立とえのきの炊き込みごはん

●豚しゃぶとキャベツと蕎麦のサラダ

●春菊と金柑の胡麻ドレッシング和え

●ブロッコリーの茎と帆立のマスカルポーネ和え 黒七味がけ~平岡仁さんの薬味入れに

●切り干し大根とピーマンのお味噌汁~野田敬子さんのそば猪口に

お箸置きは小川佳子さん、
お箸は佐川岳彦さん作です。

b0132444_20502034.jpg
精密に刻印された見込み部分と
手で彫られたリムの部分の力強いタッチのコントラストにはっとします。

鰤と若芽と限りなく薄切りにした葱を綺麗に盛り付けて
鰤しゃぶといきたいです。

b0132444_20502727.jpg
(T)


by shizen-gallery | 2019-02-27 20:50 | 新入荷のお知らせ

オンラインショップのご案内~KINTAさん、中西申幸さん、額賀円也さんのうつわ

オンラインショップ
KINTAさん、中西申幸さん、額賀円也さんの
うつわを掲載しました。

KINTAさんの 丸皿 径25 栗。

玉子好きのためのサンドイッチというコンビニサンドを
盛り合わせました。
鈴木美汐さんのボウルに野菜スープを、
大井寛史さんの楕円皿を取り皿に。
b0132444_17425945.jpg
b0132444_17431430.jpg
中西申幸さんの 飯茶碗 白。

海老天ぷら茶漬けをいただきます。

高木剛さんの宝瓶でお茶を淹れて。

b0132444_17463015.jpg
b0132444_17464174.jpg
b0132444_17470939.jpg
額賀円也さんの 粉引台皿。

辛子が効いたじゅわんとしたお揚げのおいなりさんを。

佐川岳彦さんの取り箸を添えて、
海野祥平さんの長角皿を取り皿に。

b0132444_17473623.jpg
b0132444_17475033.jpg
b0132444_17480363.jpg
b0132444_17481449.jpg
明日29日(火)は、定休日です。

(T)


by shizen-gallery | 2019-01-28 17:48 | 新入荷のお知らせ

オンラインショップのご案内~名古路英介さん、額賀円也さんのうつわ

オンラインショップ
名古路英介さん、額賀円也さんのうつわを掲載しました。

名古路英介さんの 水面鉄鉢盆 9.6寸 ウォルナット。

ささやかな韓定食を。

額賀円也さんの粉引菱型小皿  大根とカルビのコチュジャン煮

安西淳さんの小皿  奥 トレビスと柿のナムル

安西淳さんの小皿 手前 長芋のナムル

お箸は佐川岳彦さん、
お箸置は豊増一雄さん作です。

b0132444_18533214.jpg
b0132444_18534877.jpg
b0132444_18535516.jpg
額賀円也さんの 粉引菱型小鉢。

b0132444_18541107.jpg
b0132444_18541869.jpg
b0132444_18542561.jpg
(T)


by shizen-gallery | 2019-01-09 18:54 | 新入荷のお知らせ

額賀円也 陶展 4

額賀円也 陶展、5日目です。

額賀さんのうつわでおひるごはんとお茶です。

買ってきた餃子スープを刷毛目碗大に、
胡瓜漬を三島小鉢に。

塩むすびと厚揚げと豚肉と里芋の中華煮を刷毛目片口小鉢に。

KINTAさんの角皿にのせ、
豊増一雄さんのれんげ、お箸置きと。
お箸は、藤野雅也さん作です。
b0132444_18125960.jpg
b0132444_18130774.jpg
恵那川上屋のきんとん羹でお茶を。

先程の刷毛目碗大でお茶を点てました。

三島四寸皿にきんとん羹を。

KINTAさんの長角皿に。
b0132444_18131486.jpg
b0132444_18132239.jpg
額賀円也 陶展は、明日17時までの開催です。

(T)


by shizen-gallery | 2018-11-04 18:18 | 展覧会のお知らせ

額賀円也 陶展 3

額賀円也 陶展、4日目です。

今日は、向付のご紹介です。

向付について、額賀円也さんが参加されている
「うつわ勉強会 基(もとい)」が
作った説明が下記です。


向付

「向付」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「向付」と聞いたことのない方、聞いたことはあってもわからないとおっしゃる方は
たくさんいらっしゃいます。
茶懐石・会席料理など専門の方が使われるイメージ」の強いうつわで、
とても使いこなせないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ところが「一品付ける」という言葉は、よく聞いたりされたりしたことがあるかと思います。
それこそが「向付」の「付」。
「向」は家庭でもよくあるシチュエーションですが、飯と汁の
向こう側に置くということなのです。

それを合わせて「向付」といいます。

和食を食べ作られている方にとっては、無意識のうちに向付的な料理や
うつわには、誰もが触れていらっしゃるかと思います。

つまり「向付」とは、和食の奥底に流れるうつわの使い方の基本が詰まった
「うつわ」ということが言えるかと思います。

ここで「向付」の主な特徴をあげたいと思います。

①一品一人前の うつわ

②空間・時・人で選ぶ うつわ

③メッセージや話題を込めた思いやりの うつわ

冷蔵庫のなかった時代から、その日に手に入る食材を盛り付け、
茶懐石の一汁一菜における唯一の菜で、たった一人一品一皿でおもてなしをしてきた
うつわ「向付」。

お客様、親しい友人・家族と思いを巡らし一緒に「向付」を使ってみませんか?

向付に買ってきたお惣菜を盛ってみました。

刷毛目向付に、切り干し大根の煮物を。

折敷は福田敏雄さん、
お椀は石川漆宝堂、
飯碗は田谷直子さん、
お箸は佐川岳彦さん作です。
b0132444_18190635.jpg
b0132444_18191370.jpg
三島向付に、オクラの胡麻和えを。

折敷は福田敏雄さん、
お椀は石川漆宝堂、
飯碗は増田勉さん、
お箸は佐川岳彦さん作です。

b0132444_18191901.jpg
b0132444_18192572.jpg
粉引菱型小鉢に、切り干し大根の煮物を。

折敷は福田敏雄さん、
お椀は石川漆宝堂、
飯碗は額賀円也さん、
お箸は佐川岳彦さん作です。

b0132444_18193220.jpg
b0132444_18194022.jpg
鉄釉菱型小鉢に、オクラの胡麻和えを。

折敷は福田敏雄さん、
お椀は石川漆宝堂、
飯碗は竹本ゆき子さん、
お箸は佐川岳彦さん作です。

b0132444_18194720.jpg
11月14日(水)からは、うつわ勉強会 基(もとい)メンバーの
グループ展「初冬の向付展」が始まります。

案内状の写真です。

b0132444_18380201.jpg
写真 栗原かほり

初冬の向付 展~うつわ勉強会 基(もとい)

2018年11月14日(水)-19日(月)(会期中無休)
12時~19時(最終日17時まで)

安達健(陶)
片瀬和宏(陶)
新道工房(磁)
竹下努(磁)
中西申幸(陶)
橋村大作(ガラス)
松永真哉(陶)
賛助出品 名古路英介(木・漆)

在廊日 14日(水) 安達、橋村
17日(土) 竹下、中西
18日(日) 安達、新道工房

額賀円也 陶展は、5日(月)17時までです。

(T)



by shizen-gallery | 2018-11-03 18:20 | 展覧会のお知らせ

額賀円也 陶展 2

額賀円也 陶展、始まりました。

開店前の店内の様子です。
b0132444_14472407.jpg
b0132444_14475252.jpg
b0132444_14480662.jpg
b0132444_14481986.jpg
b0132444_14483176.jpg
b0132444_14484874.jpg
b0132444_14490373.jpg
b0132444_14491463.jpg
b0132444_14492770.jpg
今日と明日は、額賀さんが在廊してくださいます。

(T)


by shizen-gallery | 2018-10-31 14:50 | 展覧会のお知らせ

額賀円也 陶展のご案内

明日からは、額賀円也 陶展が始まります。
案内状の写真です。
b0132444_16390479.jpg
写真 栗原かほり

額賀円也 陶展
2018年10月31日(水)-11月5日(月)(会期中無休)
12時~19時(最終日17時まで)
在廊日 10月31日(水)、11月1日(木)


額賀さんのプロフィールです。

1983年 東京生まれ

2004年 愛知県窯業高等技術専門校卒

その後製陶所勤務を経て独立。

作品のご紹介です。

1.刷毛目 五寸 皿 ¥2484 Φ16×H2.5
2.刷毛目 五寸 鉢 ¥3240 Φ16.5×H6
b0132444_14404535.jpg
b0132444_14405312.jpg
ちゅんと小さな注ぎ口がついた片口小鉢は、今回の新作です。
3.刷毛目 片口 小鉢 ¥2592 Φ14×H4
4.刷毛目 片口 鉢 ¥4536 Φ18(注ぎ口まで19)×H6.5
b0132444_14410030.jpg
b0132444_14410808.jpg
5.刷毛目 七寸 浅鉢 ¥4536 Φ21.5×H5.5
6.刷毛目 七寸 鉢 ¥5400 Φ21×H8
b0132444_14411621.jpg
b0132444_14412391.jpg
7.刷毛目 八寸 浅鉢 ¥7560 Φ25.5×H5.5
b0132444_14413194.jpg
b0132444_14413842.jpg
「基 motoi」という年齢、立場の違う作り手たちが集まるうつわ勉強会に参加されている額賀さん。
基では、テーマを決め自身で一から調べ、感じ、考え、物を作る活動をしています。
目下のテーマは、向付。

今回、2種類の向付がご覧いただけます。
明日、明後日在廊される額賀さんに、向付のことぜひお聞きになってみてください。

8.刷毛目 向付 ¥4860 Φ15×H5
b0132444_14414590.jpg
b0132444_14415164.jpg
9.刷毛目 汲出 ¥2484 Φ8×H7
b0132444_14431549.jpg
b0132444_14432292.jpg
10.刷毛目 マグカップ ¥3240 Φ9.5(持ち手まで11.5)×H8
b0132444_14432958.jpg
b0132444_14433567.jpg
11.刷毛目 フリーカップ ¥2484 Φ7.5×H9
b0132444_14434204.jpg
b0132444_14443245.jpg
12.三島 四寸 皿 ¥2592 Φ12.5×H2
13.三島 四寸 小鉢 ¥2916 Φ12.5×H3.5

b0132444_14444194.jpg
b0132444_14445026.jpg
b0132444_14445737.jpg
14.三島 猪口 ¥2592 Φ8×H7
15.三島 湯呑 ¥2700 Φ7.5×H8.5
b0132444_14450442.jpg
b0132444_14471461.jpg
16.三島 六寸 皿 ¥5400 Φ20×H2.5
17.三島 六寸 鉢 ¥5400 Φ19.5×H5.5
b0132444_14472776.jpg
b0132444_14473736.jpg
b0132444_14474903.jpg
b0132444_14480774.jpg
18.三島 七寸 皿 ¥7560 Φ21×H3
19.三島 八寸 皿 ¥12960 Φ25×H2.5
b0132444_14484764.jpg
b0132444_14485937.jpg
b0132444_14490753.jpg
もう1種類の向付です。
20.三島 向付 ¥6480 Φ14×13×H5.5
b0132444_14491570.jpg
b0132444_14492310.jpg
b0132444_14502502.jpg
21.彫三島 鉢 ¥4320 Φ18.5×H5.5
22.彫三島 飯碗 ¥3240 Φ12×H5.7
b0132444_14503950.jpg
b0132444_14505763.jpg
23.粉引 梅豆皿 ¥1620 Φ9×H2
b0132444_14511064.jpg
b0132444_14512227.jpg
今回の新作です。お正月のテーブルが頭をよぎりました。
24.粉引 梅 小鉢 ¥2592 Φ13×H4.5
25.粉引 梅 鉢 ¥3672 Φ16.5×H5.5
b0132444_14513014.jpg
b0132444_14513868.jpg
26.粉引 木瓜 小鉢 ¥2916 15.5×12.5×H4.5
27.粉引 菱形 小鉢 ¥3240 18×14.5×H3.5
b0132444_14514650.jpg
b0132444_14515688.jpg
28.粉引 台皿 ¥6480 Φ21×H5.5
29.粉引 鉢 ¥4860 Φ21.5×H7.5
b0132444_14520507.jpg
b0132444_14534716.jpg
b0132444_14535639.jpg
b0132444_14540361.jpg
b0132444_14541166.jpg
30.粉引 稜花 小皿 ¥1836 Φ11.5×H2
31.粉引 稜花 皿 大 ¥4536 Φ20×H3
b0132444_14542022.jpg
b0132444_14545166.jpg
b0132444_14550016.jpg
32.粉引 マグカップ ¥3240 Φ7(持ち手まで9.5)×H7.5
b0132444_14550963.jpg
b0132444_14551879.jpg
b0132444_14553010.jpg
梅小鉢、梅鉢が今回の新作です。
33.鉄釉 梅豆皿 ¥1620 Φ9×H2
34.鉄釉 梅 小鉢 ¥2592 Φ13×H4.5
35.鉄釉 梅 鉢 ¥3672 Φ16.5×H5.5
b0132444_14560302.jpg
b0132444_14561243.jpg
b0132444_14562097.jpg
36.鉄釉 木瓜 小鉢 ¥2916 16×12×H4.5
b0132444_15002246.jpg
b0132444_15005229.jpg
こちらも今回の新作です。
37.鉄釉 鉢 ¥4860 Φ20×H5
b0132444_15023956.jpg
b0132444_15030840.jpg
38.鉄釉 菱形 小鉢 ¥3240 18×14.5×H3.5
b0132444_15033960.jpg
b0132444_15040916.jpg
39.鉄釉 稜花 小皿 ¥1836 Φ11.5×H2
40.鉄釉 稜花 皿 大 ¥4536 Φ20×H3
b0132444_15044128.jpg
b0132444_15054036.jpg
b0132444_15061322.jpg
41.鉄釉 輪花 鉢 ¥3780 Φ18×H5
b0132444_15064360.jpg
b0132444_15071342.jpg
42.鉄釉 マグカップ ¥3240 Φ7(持ち手まで9.5)×H7.5
b0132444_15074475.jpg
b0132444_15082806.jpg
43.刷毛目 壺 小 ¥16200 口径Φ8.7(ボディΦ14)×H13.5
b0132444_15134718.jpg
b0132444_15150349.jpg
44.粉引 壺 小 ¥16200 口径Φ9.5(ボディΦ16)×H15
b0132444_15151262.jpg
b0132444_15152036.jpg
45.鉄釉 壺 小 ¥16200 口径Φ10(ボディΦ15)×H14
b0132444_15152988.jpg
b0132444_15153930.jpg
明日、明後日は額賀さんが在廊してくださいます。

どうぞお出かけくださいませ。

(T)


by shizen-gallery | 2018-10-30 14:00 | 展覧会のお知らせ

額賀円也 陶展のご案内

平岡仁 陶展は、本日17時で終了いたしました。
足をお運びいただいたお客様には、深く御礼申し上げます。

明後日からは、額賀円也 陶展が始まります。

案内状の写真です。
b0132444_16592950.jpg
写真 栗原かほり

額賀円也 陶展
2018年10月31日(水)ー11月5日(月)会期中無休
12時~19時(最終日17時まで)
在廊日 10月31日(水)、11月1日(木)

DM用にお送りいただいた小皿とそば猪口でおひるごはんです。

秋刀魚の炙り寿司を三島小皿に、
アオサのお味噌汁を三島そば猪口に。

b0132444_16582690.jpg
お箸置きは杉本太郎さん、
お箸は平岡正弘さん作です。

b0132444_16583702.jpg
b0132444_16584456.jpg
b0132444_16585216.jpg
案内状の刷毛目、三島に加え、
粉引、鉄釉のお仕事もご覧いただけます。

(T)


by shizen-gallery | 2018-10-29 16:59 | 展覧会のお知らせ

オンラインショップのご案内~豊増一雄さん、額賀円也さんのうつわ

オンラインショップに豊増一雄さん、額賀円也さんの
うつわを掲載しました。

豊増一雄さんの 手塩皿 菊。

左上の片口は、李慶子さん作です。

入れたお醤油がぱっと花型になると
心が弾みます。

チイサナシアワセ、分かち合えたらうれしい限り。
b0132444_21171738.jpg
b0132444_21172499.jpg
b0132444_21173101.jpg
額賀円也さんの 三島角皿。

買ってきた鯖の巻き寿司とオクラの胡麻和えを。

髙木剛さんの片口、
平岡仁さんの盃、
先に登場の豊増一雄さんの手塩皿 菊と。

お箸置きは村上雄一さん、
お箸は平岡正弘さん作です。

三島角皿、紋様と盛り付けた食材との
せめぎあいにわくわくします。

b0132444_21174202.jpg
b0132444_21175039.jpg
裏を返しても、よき表情です。

b0132444_21175818.jpg
(T)


by shizen-gallery | 2018-08-29 21:18 | 新入荷のお知らせ

オンラインショップのご案内~平岡仁さん、額賀円也さんのうつわ

オンラインショップに平岡仁さん、額賀円也さんの
うつわを掲載しました。

平岡仁さんの 掛分八寸角皿。

高木剛さんの茶杯にめかぶを。

まめごはんおむすびと
茶巾おから。

お箸は、佐川岳彦さん作です。
b0132444_20373657.jpg
角皿の上の豊かな表情を見ていると、
何を盛り付けようかいろいろな思いが湧いてきます。

シンプルに、香ばしく焼き上げた鶏肉を
こんもり盛り、柚子胡椒を添える。

買ってきたお寿司をずらり。

あれこれブルスケッタ。

シャルキュトリーとピクルスを彩りよく盛り合わせ。

春巻きとチリソースとたっぷりパクチー。

b0132444_20374411.jpg
b0132444_20375213.jpg
額賀円也さんの 刷毛目飯碗。

お粥を。

きりっと勢いよく描かれた刷毛目に元気をもらいます。

b0132444_20370704.jpg
b0132444_20371626.jpg
b0132444_20372496.jpg
(T)


by shizen-gallery | 2018-06-09 20:38 | 新入荷のお知らせ