人気ブログランキング |

タグ:荒賀文成 ( 7 ) タグの人気記事

オンラインショップのご案内~増渕篤宥さん、荒賀文成さんのうつわ

オンラインショップに増渕篤宥さん、荒賀文成さんのうつわを
掲載しました。

増渕篤宥さんのお茶漬碗 トクサです。

お盆は富山孝一さん、お箸は平岡正弘さん、
お箸置は村上雄一さん作です。
b0132444_20240617.jpg
b0132444_20242373.jpg
b0132444_20243166.jpg
荒賀文成さんの黒釉5寸つば皿です。

薬味箱は、小川佳子さん作です。
b0132444_20244587.jpg
b0132444_20245692.jpg
b0132444_20250619.jpg
(T)


by shizen-gallery | 2017-12-16 20:25 | 新入荷のお知らせ

オンラインショップのご案内~荒賀文成さんのうつわ

オンラインショップに荒賀文成さんのうつわを掲載しました。

灰青磁碗に、ディルの天ぷらのお茶漬け。
頬張るとディルがふわんと香ります。

大根葉の炒り煮と奈良漬けを平岡仁さんの角豆皿に。
お盆は富山孝一さん、お箸は平岡正弘さん、箸置きは小川佳子さん作です。
b0132444_17182479.jpg
b0132444_17183409.jpg
b0132444_17184487.jpg
黒釉馬盥小皿に、柿なますを。
b0132444_17185767.jpg
b0132444_17191686.jpg
b0132444_17193396.jpg
明日22日(火)は、定休日です。

(T)


by shizen-gallery | 2016-11-21 17:19 | 新入荷のお知らせ

オンラインショップのご案内~荒賀文成さんと及川静香さんのうつわ


オンラインショップに荒賀文成さんの黒釉五寸つば皿と及川静香さんの削りカップを
掲載しました。
b0132444_18034322.jpg
つば皿に肉じゃが、古川桜さんの流し石小皿に塩むすび。
箸置きは高木剛さん、お箸は平岡正弘さん作です。
b0132444_18035482.jpg
b0132444_18115138.jpg

b0132444_18043010.jpg
削りカップに珈琲。
b0132444_18044271.jpg
ごりごりと削られたカップ。
手触りがなんとも心地よいのです。

(T)
オンラインショップ

by shizen-gallery | 2016-11-17 18:10 | 新入荷のお知らせ

オンラインショップのご案内~荒賀文成さんの白磁五寸つば皿

オンラインショップに荒賀文成さんの白磁五寸つば皿を掲載しました。
b0132444_20461779.jpg
b0132444_20465077.jpg
いか大根を盛りました。
白磁なので、染み込みを気にせずにお使いいただけます。

ちょこっとのお刺身もきれいに盛り付けられることと思います。
一人ずつ銘々にお刺身の盛り付け。
そんな日も、いいですね。
b0132444_20453226.jpg
(T)


by shizen-gallery | 2016-09-30 20:51 | 新入荷のお知らせ

オンラインショップのご案内~荒賀文成さんの白磁五寸つば皿

オンラインショップに荒賀文成さんの白磁五寸つば皿を掲載しました。
b0132444_20461779.jpg
b0132444_20465077.jpg
いか大根を盛りました。
白磁なので、染み込みを気にせずにお使いいただけます。

ちょこっとのお刺身もきれいに盛り付けられることと思います。
一人ずつ銘々にお刺身の盛り付け。
そんな日も、いいですね。
b0132444_20453226.jpg
(T)


by shizen-gallery | 2016-09-30 20:51 | 新入荷のお知らせ

荒賀文成さんの粉引大皿

京都で作陶されている荒賀文成さんの粉引大皿のご紹介です。

外径27㎝、内径19.5㎝、高さ6.5㎝、10,800円。

大きすぎず、使いやすい大きさ。
ボリュームのある大きさが食卓に上がると華やかです。
リムも盛り付けたときに額縁の効果があり、お料理を表情豊かに見せてくれます。
b0132444_17370471.jpg
b0132444_17371695.jpg
釉薬がつかないように目土をのせて、重ねて焼いた跡を
目跡といいます。

目跡は釉薬がかかっていないので、土が見えている状態です。
土が見えているので、他の部分に比べて変化する可能性は高いのですが、
またそれも土ものの愉しさでもあります

b0132444_17372658.jpg
さっと水をくぐらせました。
グレーになった部分は、水を吸ったところです。
何もしないで、油ものや色の付きやすいお料理を盛ると水を吸ったところは
油や色が入り落ちなくなります。

初めてお使いになる前にお米のとぎ汁や小麦粉を溶いた水に一晩浸すとだいぶしみにくくなります。
最初の2,3カ月は吸水性が高いのでさっとでも水にくぐらせて土に水を
吸わせると汚れがしみにくいです。

ゆっくり暮らしとともに表情を変えていく土のうつわは、少しお付き合いに
気を遣うかもしれませんがよいものだと思います。
どうぞ仲良くお付き合いいただけたら、何よりです。

何か心配なことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。
b0132444_17373662.jpg
和のうつわのようですが、パスタを盛り付けてみました。
銘々にお好みの量を取り分けて。
b0132444_17374665.jpg
(T)


by shizen-gallery | 2016-08-24 16:39 | 新入荷のお知らせ

オンラインショップのご案内

オンラインショップに荒賀文成さんの七寸つば皿と松尾直樹さんの輪花角鉢Mを掲載しました。
b0132444_18314461.jpg

b0132444_18354153.jpg

b0132444_18312895.jpg

b0132444_1836380.jpg

b0132444_18315894.jpg

b0132444_18361531.jpg

黒釉七寸つば皿の麺は、おつゆのついた豆腐麺に山形のだしをかけてオリーブオイルと
大葉、海苔をかけたもの。
全て、買ってきたものを組み合わせました。

(T)
by shizen-gallery | 2016-06-12 18:32 | 新入荷のお知らせ