人気ブログランキング | 話題のタグを見る

松山祐太展

明日20日(日)から、八王子で鉄の作品作りをされている松山祐太さんの
個展が始まります。今回は、SHIZENプロデューサーの島田武さんも特別参加。
店内のディスプレーや花生けは、島田さんの手によるものです。

掛け花を設置する右が松山さん、左が島田さんです。
松山祐太展_b0132444_18302065.jpg

いつもとまた違うSHIZENの表情です。
松山祐太展_b0132444_18322672.jpg

大きな樹のようなコートハンガー。高さは170センチです。¥84,000
松山祐太展_b0132444_18382028.jpg

ラインがうつくしい棚 長さ90センチ。¥21,000
松山祐太展_b0132444_18404010.jpg

掛花もいろいろです。黒いタイプ ¥10,500 錆のタイプ ¥16,800
松山祐太展_b0132444_18424917.jpg

松山祐太展_b0132444_1843799.jpg

こんなふうにフックで下げられるようになっています。
松山祐太展_b0132444_18433987.jpg

横から見るとこんな感じです。
松山祐太展_b0132444_1844631.jpg

テープカッターの新作もいろいろ。私が一番気になるのは、力持ちくん。¥24,150
松山祐太展_b0132444_18495879.jpg

松山祐太展_b0132444_18501822.jpg

背の低い蚊取り線香たてをお願いして作っていただきました。横の穴は、折れた
蚊取り線香が入れられます。うれしいオココロクバリ。¥15,750
松山祐太展_b0132444_1853745.jpg

松山祐太展_b0132444_1853273.jpg


鉄=シャイ、言葉すくな、ストイック
そんな鉄に魅かれて作品を作られる松山さん。
松山さんの作品は、金属だけれど触れると体温を感じるようなあたたかさが
あるような気がします。
毎日松山さんは、在廊される予定です。

松山祐太 略歴

1978年 東京造形大学彫刻科 卒業
1986年 千葉県立美術館「あ・はれ」展/グループ展
       東京都美術館「原風景」展/グループ展
1987年 アクシスギャラリー・アネックス2/個展(照明器具)
1993年 淡路町画廊・二人展(照明器具)
1996年 ギャラリーアメリア/個展(照明器具等)
1997年 リビングセンターOZONEリビングデザインギャラリー
       二人展(照明器具)
1998年       〃      /魅惑のカガミ展
2000年       〃      /スーパーポスト展

(T)
# by shizen-gallery | 2008-04-19 19:32 | 展覧会のお知らせ

壺に花

竹本ゆき子さんの灰釉壺 口径10、5センチ×高さ19センチ 15750円。
田谷直子さんのご自宅に咲いているシャガの花が入っています。
壺に花_b0132444_2242639.jpg

増田勉さんの黒釉壺 口径12センチ×21センチ 21000円。
壺に花_b0132444_2271212.jpg


(T)
# by shizen-gallery | 2008-04-16 22:14

三人展在廊日

12日と今日13日は、竹本ゆき子さん、田谷直子さん、増田勉さんが在廊して
くださいました。左から田谷直子さん、竹本ゆき子さん、増田勉さんです。
三人展在廊日_b0132444_2140156.jpg

三人そろうとやっぱり焼き物の話で盛り上がります。どんなふうに釉がけをしている
とか、あれやこれや。仕事をしつつも聞き耳をたてる私。
飯碗や鉢、作品を作るときろくろを回す数を決めて作られるのだそう。
例えば、飯碗は4回で仕上げるとか。そうだったのですね。
焼き物に対する真摯な姿、お客様にお伝えしていきたいと作家さんの話を
聞くといつも改めて思います。

よい感じの写真が撮れました。こんな感じの三人さんです。
三人展在廊日_b0132444_21402111.jpg


(T)
# by shizen-gallery | 2008-04-13 21:41

竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展

明日12日から「竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展」が始まります。
相模湖に程近い、神奈川県津久井でそれぞれ作陶されている3人です。
竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_2024387.jpg

竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_20253075.jpg
竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_2026615.jpg


お一人お一人が、毎日使う器を想い、器づくりをしています。
土物の器をつくられる3人。
昨年も三人展をお願いし、SHIZENでは2回目になります。「一年経っても、全体の
雰囲気はかわらないねぇ。」と荷解きを終えて並んだ器を見て増田さん一言。
それは、きっと目指す所が同じだからなのでしょう。
テーブルの上でも、三人の作られる器は仲良しです。主張しすぎることなく、
毎日のおかずを引き立て、そっと近くにいてくれる。
土の持つあたたかさや力を感じる器がたくさんご覧いただけます。

竹本ゆき子さんの壺、口径10センチ、高さ19センチ 15750円。
田谷さんがご自宅から摘んできてくださった貝母百合が入っています。
竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_20382440.jpg

藁灰釉飯碗 大 直径14センチ×6、5センチ 2940円、小 直径13センチ×5、5センチ
2625円。
竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_21233368.jpg

竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_2124147.jpg

黒灰釉そば猪口 直径9センチ×6センチ 1890円。
竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_21172255.jpg

竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_21174697.jpg

田谷直子さんの象嵌徳利 口径4センチ×15センチ 8400円。
竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_21271920.jpg

蓋付面取壺 中 口径6、5センチ×9センチ 8400円、小 口径6、5センチ×9センチ
6300円。
竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_21315975.jpg

竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_21325958.jpg

竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_21332196.jpg

スペアリブとじゃがいもの煮物を盛りたいクリーム8寸鉢 直径23センチ×8センチ
9450円。
竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_21352051.jpg

竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_21363567.jpg

右 象嵌筒小湯呑、左 筒小湯のみ それぞれ口径5、5センチ×7、5センチ
2100円。ちょっといただくのによい大きさ。お酒にもよいと思います。
竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_21374798.jpg

増田勉さんの徳利 口径 4センチ×13センチ 18900円。
竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_2140268.jpg

竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_21443868.jpg

マット釉壺割鉢 15センチ×17センチ×9センチ 5250円。
プチトマトのマリネを盛り付けてみたいです。
竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_2145999.jpg

竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_21452863.jpg

籾灰釉平底鉢 直径28センチ×7、5センチ 15750円。
竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_21483656.jpg

竹本ゆき子・田谷直子・増田勉 三人展_b0132444_21485146.jpg


明日12日(土)と13日(日)は3人とも在廊してくださいます。

(T)
# by shizen-gallery | 2008-04-11 21:51 | 展覧会のお知らせ

吉岡萬理さんのマグカップ

奈良県で作陶されている吉岡萬理さんからマグカップが届きました。
定番でお願いしている色絵のマグカップ。見ているだけで元気が出ると評判です。
吉岡萬理さんのマグカップ_b0132444_18185324.jpg

それぞれだいたい直径10、5センチ×高さ9センチ、4410円です。
たっぷり300ccくらい入ります。
今回のお気に入り、緑と赤と白のイタリアンカラーのマグカップ。
葉っぱのついたままのセロリのスティックなんか入れたりしても美味しそうです。
オリーブオイルとお塩を添えて。
吉岡萬理さんのマグカップ_b0132444_18283470.jpg


(T)
# by shizen-gallery | 2008-04-10 14:40