カフェ小昼


DMを書き終え、自宅から電車に乗って少し。
仙川のカフェ小昼さんへ。遅いお昼ご飯を。

週替わりのメニュー、1100円。
ごはん、お味噌汁、そしてたくさんのおかずが。
軽く30品目いただいていそうな気配。

この間お茶した時には、近くの大きな病院におとうさんが入院しているというおかあさんが病院仲間に美味しいよと紹介されいらしていました。
「ひとりでごはん食べても美味しくないのよねぇ。」と美味しそうにお食事されているのを見て、また来ようと心に誓ったのでした。

動物性たんぱく質の入っていないごはん。
でも、揚げたり、煮たり、調理法でいろいろな味わいがたのしめます。

夕方にうかがいました。明日の仕込み?野菜を刻む音がとんとんと心地よいひとときでした。

カフェ小昼
世田谷区上祖師谷5-20-5
9時~18時半
定休日 (月)

(T)
# by shizen-gallery | 2008-12-02 18:34

家でお仕事

b0132444_14514913.jpg

今日は、私はお休みです。家で今年最後の企画展「冬のおくりもの」展のDM書きをしています。
座り仕事の時のBGMは、インターネットラジオのOTTAVA。日々花の雨宮先生から教えてもらいました。
ひがなクラッシック音楽を流している番組です。
灰色の空の下、あったかな部屋でクラッシックを聴きながら書き物をするのはなかなか幸せです。

さて、お茶に。
12月6日から「年迎えの支度」展にご参加頂く漆の山岸厚夫さんの楕円のお盆に、小谷田潤さんの新しい磁器のお仕事のお皿をのせて。
この間行った中華街で買ったパイナップルクッキーと中国紅茶をいただきました。

(T)
# by shizen-gallery | 2008-12-02 14:51

ちょっと一息


太陽の日差しが近く感じる今日この頃。

今日は、店長直伝の簡単にアレンジしてほっぺが落ちてしまうおやつをご紹介いたします。

b0132444_2011395.jpg

△原口潔さんの真鍮に漆を焼き付けた丸皿(真鍮は食べ物をのせると変色してしまうので、漆でコーティングして、変色を防止している。)をプレート代わりにしました。
中西申幸さんの煎茶碗には、ヨーグルトとアイスクリーム(ハーゲンダッツのリッチミルク味)を同量ほど入れかき混ぜたものにりんごジャムをのせたものが入っています。(ちなみにりんごジャムはうつわ楓の島田さんお手製です。)そして、リーフパイにのせて食べると・・・。

美味しい!  です。
ヨーグルトの酸味がアイスクリームと混ざって甘くなりすぎず、さっぱりとしています。

皆さん、是非お試し下さいね。

中西さんの器は、例えば上の写真から煎茶碗ではあるけれども小鉢等にも色々アレンジが出来る優れものです。
原口さんの金属の器は、陶器と同じような感覚でお使いいただけますよ。

(A)
# by shizen-gallery | 2008-12-01 20:16 | 展覧会のお知らせ

ランプシェード


今日も、空を見上げていると吸い込まれそうな位に澄んだ青空でしたね。

原口潔さんの新作ランプシェードが、段々と日が短く暗くなる夕方の4時半位から美しい光を放っていました。

b0132444_20233761.jpg

△こちらは花の蕾のような形。
▽上から見ると
b0132444_20253175.jpg

▽下から見ると
b0132444_20262427.jpg

緩やかな曲線が美しいです。
全体の大きさは、18cm胴の部分12cm ¥31500(コードは別売¥2625)

▽夏の風物詩、おわら風の盆を思い出します。
b0132444_20324423.jpg

横 39cm 縦19cm  ¥31500

▽シンプルで真っ白な空間にも古いお家にも似合うシェード
b0132444_20351150.jpg

径18cm 全体の大きさ 8.5cm ¥16800

冬になると照明のぬくもりのある色が恋しくなりますね・・・。

(A)
# by shizen-gallery | 2008-11-30 20:38 | 展覧会のお知らせ

中西申幸さん原口潔さん二人展



明日から徳島県で作陶されている中西申幸さんと、愛知県で金属の作品を制作されている原口潔さんの二人展が始まります。

お二人の器、カトラリーは食卓で大活躍するようなアイテムがもりもり沢山です。


まずは、陶器の中西さんから。常設でもある飯碗やお皿などもありますが、サイズ違いの5寸4寸6寸7寸8寸のお皿がずらり。
b0132444_2137363.jpg


いつもは黒か白の器でしたが、初めて刷毛目の飯碗が登場。シンプルな形なのですが、ごつごつ感がいいですね。
炊きたてのご飯が白い湯気をたてている姿が想像できます・・。
b0132444_21391560.jpg

△大きさ径13.5cm×高さ6cm ¥2100 飯碗はこちらの他に白と内白外黒のタイプもあります。
b0132444_21413770.jpg

夫婦茶碗で合わせてもいいですね・・・。

▽寒さがじんわりとくる季節は、温かい紅茶やコーヒーでティータイムが欠かせなくなってきました。カップ&ソーサー
b0132444_21423523.jpg

カップ 径9.5cm×7cm ソーサー径15cm×2  セットで¥4725
▽カップの取っ手の部分が美しいです。
b0132444_2145562.jpg


▽温かいうどんやとろりとあんかけ中華丼にぴったりな丼。私は丼でパスタを盛りつけたりします。なので家の食卓では大活躍、丼は万能選手です。
b0132444_21462448.jpg

大きさ径18cm×8cm ¥4200 釉薬は白と黒2タイプ

▽擂り擂りシリーズ
b0132444_21503032.jpg

すり鉢で、つみれを作ってお鍋に入れたり、小さいタイプだと胡麻だれを作って豚シャブのたれにそのまま食卓へ持っていけます。
擂り鉢 大 径23cm×9cm ¥9450  小 径15.5cm×7cm ¥3150
写真手前はおろし皿。しょうがやちょこっと大根おろしなどに。 径13cm×3cm ¥2100

▽片口鉢
b0132444_21554036.jpg

手前が浅め、奥が深めのタイプになっています。
浅め 径23cm×7cm ¥8400 深め 径21cm×9cm ¥9450

▽蓋物
b0132444_21592322.jpg

可愛い蓋物。奥は薬味入れとして、お鍋の時の柚子胡椒入れや美味しい塩を食卓に置くときに。中に中西さん手作りの竹の小さなスプーンがついています。大きさ 径7cm×9cm ¥3150 手前の小物入れも同じ大きさで¥3675

▽最後に花器を。
一番大きな蓋付の花器。でもオブジェとして飾っていても面白い形です。
b0132444_224110.jpg

大きさ 径約14cm×25cm ¥15750

b0132444_2254378.jpg

△高さ28cm ¥15750
他にも形違いがあります。また、一輪挿しも・・。

原口潔さんの作品。
原口さんは真鍮を使って制作されています。
▽まずは注ぐものシリーズ
b0132444_2275992.jpg

取っ手の付いたピッチャータイプの花器は高さ21.5cm ¥18900
付いていない方は同じ高さで¥16800 なんといっても形が美しいです。凛とした佇まい。

b0132444_22102324.jpg

△手前のクリーマーは高さ7cm ¥6300 コルク栓の付いた高さの低いタイプは醤油ピッチャー本体の高さ7cm ¥6300 取っ手付き 本体の高さ11cm ¥9450→こちらは原口さんより、オリーブオイルやドレッシングを入れるのにいいのでは?とのことでした。
上の写真は内側に漆が焼き付けられ黒くなっいています。
その漆が焼きつけられた器達をご紹介いたします。普段使いの器に・・。
b0132444_2219534.jpg

△片口ボウル 径14.5cm×7cm ¥12600
b0132444_2220558.jpg

△スクエアボウル 15.5cm角×5.5cm ¥14700
b0132444_22211995.jpg

△丸皿 地模様があったり色々です。径17cm×3cm ¥8400

そして、可愛い模様入りのコースター。こちらは、お菓子などをのせるお皿としても・・・。
b0132444_22234815.jpg


▽箸置き
おもわず金塊?みたいなゴージャスな箸置き。でもチョコレートみたいで可愛いです。
b0132444_22254377.jpg

b0132444_22255832.jpg

大きさ 6cm角 ¥1050

そして、原口さんといえばとても使いやすいカトラリー
b0132444_2227455.jpg

△漆を焼き付けた長平板に手前からバターナイフ 長さ15cm¥2100 スプーン 13cm¥1680 フォーク 14cm¥2100

▽どんな季節でも食べたくなるカレーに・・。
カレースプーン
b0132444_2239251.jpg

b0132444_22391571.jpg

長さ 17cm ¥2310

▽これからの季節、お鍋に・・。そして毎日のお味噌汁を作るときにも。
レードル
b0132444_22323285.jpg

全体の長さ24cm ¥4200

▽蓋物
b0132444_22341153.jpg

開くと
b0132444_22342020.jpg

大きさ 約6cm角×6cm 各¥21000

ブログにご紹介しきれない器達が沢山・・。です。

金属と陶、異素材ではありますが雰囲気がぴったりなお二人。
是非、お出かけ下さい。新たな発見があるかもしれません・・。

(A)
# by shizen-gallery | 2008-11-28 21:15 | 展覧会のお知らせ