人気ブログランキング |

花とうつわ展のご案内~波多野裕子さん(ガラス)

10月9日(水)からは、花とうつわ展が始まります。
b0132444_18554178.jpg

2019年10月9日(水)-14日(月)

12時~19時(最終日17時まで)

花生け 雨宮ゆか(日々花)

参加作家

臼田健二(木)、長田佳子(陶)、田中啓一(陶)、寺井陽子(陶)、成田周平(陶)、
野田敬子(陶)、平野日奈子(陶)、波多野裕子(ガラス)、松平彩子(陶)

会期中無休

在廊日 10月9日(水) 田中、寺井、波多野、平野、野田、12日(土) 田中、
13日(日) 長田、野田

雨宮 会期全日在廊

いろいろな素材の花器が集います。

波多野裕子さんの花器のご紹介です。
b0132444_12443070.jpg
花 雨宮ゆか

写真 雨宮秀也

パートドヴェールという石膏型を使って
窯で焼成する技法で作品を作られています。

雨宮さんと打ち合わせをして、
掛け花などおつくりくださっています。

順調にお仕事進まれていますように。

(T)


# by shizen-gallery | 2019-10-06 18:51 | 展覧会のお知らせ

花とうつわ展のご案内~平野日奈子さん(陶)

10月9日(水)からは、花とうつわ展が始まります。
b0132444_18554178.jpg

2019年10月9日(水)-14日(月)

12時~19時(最終日17時まで)

花生け 雨宮ゆか(日々花)

参加作家

臼田健二(木)、長田佳子(陶)、田中啓一(陶)、寺井陽子(陶)、成田周平(陶)、
野田敬子(陶)、平野日奈子(陶)、波多野裕子(ガラス)、松平彩子(陶)

会期中無休

在廊日 10月9日(水) 田中、寺井、波多野、平野、野田、12日(土) 田中、
13日(日) 長田、野田

雨宮 会期全日在廊

いろいろな素材の花器が集います。

平野日奈子さんの花器のご紹介です。
b0132444_12450287.jpg
花 雨宮ゆか

写真 雨宮秀也

粉引の作品を多く思い浮かべられることも多いかもしれませんが、
コバルトのうつわも魅力的なのです。

最近では、表情豊かな釉薬の研究も熱心に
取り組まれています。

今展では新作多数とのウワサ、
たのしみです。

(T)


# by shizen-gallery | 2019-10-06 18:41 | 展覧会のお知らせ

花とうつわ展のご案内~野田敬子さん(陶)

10月9日(水)からは、花とうつわ展が始まります。
b0132444_18554178.jpg

2019年10月9日(水)-14日(月)

12時~19時(最終日17時まで)

花生け 雨宮ゆか(日々花)

参加作家

臼田健二(木)、長田佳子(陶)、田中啓一(陶)、寺井陽子(陶)、成田周平(陶)、
野田敬子(陶)、平野日奈子(陶)、波多野裕子(ガラス)、松平彩子(陶)

会期中無休

在廊日 10月9日(水) 田中、寺井、波多野、平野、野田、12日(土) 田中、
13日(日) 長田、野田

雨宮 会期全日在廊

いろいろな素材の花器が集います。

野田敬子さんの花器です。
b0132444_12441256.jpg
花 雨宮ゆか

写真 雨宮秀也

こちらの青い土のお仕事では、今までうつわを作られていましたが
今回は花器を作ってくださいました。

白土にコバルトを混ぜて、青い土を作られています。
コバルトの分量で色の濃淡が変わります。
コバルトの混ざり具合で、青が濃いところがあったり薄いところがあったり
マーブル模様が出ていたり。

微妙な青色は、秋の草花の色と思いがけない
化学反応を起こしてくれそうです。

(T)


# by shizen-gallery | 2019-10-06 13:30 | 展覧会のお知らせ

花とうつわ展のご案内~成田周平さん(陶)


10月9日(水)からは、花とうつわ展が始まります。
b0132444_18554178.jpg

2019年10月9日(水)-14日(月)

12時~19時(最終日17時まで)

花生け 雨宮ゆか(日々花)

参加作家

臼田健二(木)、長田佳子(陶)、田中啓一(陶)、寺井陽子(陶)、成田周平(陶)、
野田敬子(陶)、平野日奈子(陶)、波多野裕子(ガラス)、松平彩子(陶)

会期中無休

在廊日 10月9日(水) 田中、寺井、波多野、平野、野田、12日(土) 田中、
13日(日) 長田、野田

雨宮 会期全日在廊

いろいろな素材の花器が集います。

成田周平さんの花器です。
b0132444_12435580.jpg
花 雨宮ゆか

写真 雨宮秀也

玉づくりという土のかたまりから、
形を作り出すお仕事をされています。

形作った後は、ひたすら磨いて滑らかな肌に
されています。

色は、土の色だったり顔料を混ぜたりされています。

最後に漆を焼き付けることで、
強度を持たせたり、使用感がよいようにされています。

(T)


# by shizen-gallery | 2019-10-06 13:23 | 展覧会のお知らせ

花とうつわ展のご案内~寺井陽子さん(陶)

10月9日(水)からは、花とうつわ展が始まります。
b0132444_18554178.jpg

2019年10月9日(水)-14日(月)

12時~19時(最終日17時まで)

花生け 雨宮ゆか(日々花)

参加作家

臼田健二(木)、長田佳子(陶)、田中啓一(陶)、寺井陽子(陶)、成田周平(陶)、
野田敬子(陶)、平野日奈子(陶)、波多野裕子(ガラス)、松平彩子(陶)

会期中無休

在廊日 10月9日(水) 田中、寺井、波多野、平野、野田、12日(土) 田中、
13日(日) 長田、野田

雨宮 会期全日在廊

いろいろな素材の花器が集います。

寺井陽子さんの花器のご紹介です。
b0132444_12434062.jpg
花 雨宮ゆか

写真 雨宮秀也

作品と合わせて寄せてくださった寺井さんからの
おことばです。


土を触る前に
わりと無心に無数に紙に描くことから始めています。
好きな形を選び、信楽の土で手びねりで成形。
なので、うつわになるのかオブジェになるのか境目が怪しいものも。
形を大事にしたいので手跡は残さず削ってしまいます。
素焼きの前に色化粧を施して、素焼後チタン結晶釉をかけて本焼きします。
この釉薬は窯に中で流れるので
下に塗った色化粧と反応しつつ流れ 冷却時に結晶ができて
このような表情になります。
手びねりでの成形に このような不安定な釉薬での制作なので
全て一点ものとなります。
大まかにこのような工程です。

こちらの作品は、代表的なお仕事
「うすいろ」の花器です。

(T)


# by shizen-gallery | 2019-10-06 12:45 | 展覧会のお知らせ