人気ブログランキング |

<   2008年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

井山三希子さんのアルファベット

先日井山三希子さんの工房へ行ってきた楓の島田さんが、SHIZENに
井山さんのアルファベットを買ってきてくださいました。

だいたい4、5センチ×3センチ×1センチくらいの大きさです。
1つ1890円で、オーダーで作っていただけるそうです。

白と黒があります。

早速、荒木さんがアルファベットの後ろにマグネットを貼り付けくれました。

SHIZENの鉄の黒い壁に白いアルファベットを。

黒いアルファベットは、松山祐太さんの鉄皿の上に。
なんだかビスケットみたいです。

一文字、一文字は意味がなくても、つながるとたったひとつの意味になるふしぎ
を思います。

(T)
by shizen-gallery | 2008-07-23 19:12 | 新入荷のお知らせ

一柳さんの工房へ

杉並区で制作されている一柳京子さんの工房をお訪ねしました。

来年の個展の日程の打ち合わせもしました。
2009年12月5日(土)から10日(木)の日程になりました。
以前お世話になっていた日本橋浜町の「わきざか」さんで何度か一柳さんの個展の
お手伝いをさせて頂きました。
SHIZENでも個展していただけることとなり、感慨もひとしおです。

あれこれ選ばせていただいた器は、今週中にSHIZENにやってくる予定です。

工房のライトにびびっときました。何度も見ているはずなのに、なぜか今回びびびっ。
アメリカで購入されたものだそうです。いいなぁ。
b0132444_1528236.jpg

b0132444_15284652.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-07-23 15:31 | つれづれ

お盆休みのお知らせ

2階のカフェ&バーは、8月15日(金)から17日(日)までお盆休みです。
18日(月)からは通常通り営業いたします。

1階は、無休です。

どうぞよろしくお願いいたします。

(T)
by shizen-gallery | 2008-07-23 13:27

小澤基晴さんの黄釉の鉢

5月の古澤かおるさんとの二人展で初めてお目見えした、土岐の小澤基晴さんの黄釉の器。
5月にはマグカップのみでしたが、8寸程の鉢がSHIZENに届きました。
直径23、5センチ×7センチ、7350円です。
b0132444_173881.jpg
b0132444_1732240.jpg

b0132444_1723483.jpg

味わい深い黄色です。
マスタード色に少し煉瓦色が混ざったような、山吹色のような
なんといったらよいのか。
毎日見ているうちにあれこれ合わせたい色が思い浮かびます。

今の季節は、白やガラスの器と。ガラスは少し厚地のものが合うかしら?
胡瓜とトマトとミントがたっぷり入ったクスクスのサラダが盛ってみたいです。
それから、それから。
淡い緑のマスカットを葉っぱと一緒にのせたらきれいだろうな。

秋になったら、飴釉の器を合わせて、茸とじゃがいもと鶏レバーのマスタード
炒めを盛り付けたいです。
無花果ものせてみたいです。絵が描きたくなってしまうかも。

冬になったら。。。

難しそうに思える黄色の器。でも、使ってみるといつもの器が新しい表情を
見せてくれそうです。

(T)
by shizen-gallery | 2008-07-21 17:44 | 新入荷のお知らせ

フランスのお土産

フランス旅行のお土産にPoilaneのクッキーをいただきました。
カンパーニュで有名なお店のようで、カンパーニュを焼き終え火を落とした窯を
使ってクッキーを焼き上げているのだそうです。

フランスのパン屋さんで売っていたクッキーが、日を置かずにして
いただける不思議さ。産地直配してくださったお客様に感謝です。

裏の駐車場に生えているミントをたっぷりちぎってきて、紅茶に入れて
ミントティーをいれてお茶にします。
クッキーは、松岡洋二さんの「長い皿」にいれました。
バーで桜桃を入れるために作られたお皿。底が丸いので、ゆらゆらするのも
愉しいです。
オリーブをずらりといろとりどり並べてもいいな。

ミントティーは、石田誠さんの白磁猪口にいれました。

クッキーは、かみ締めるとしっかり粉の味。地に足のついた味。
さすが自給率№1のお国と感心。。。
焼き色もこんがり香ばしい色もあれば、色白さんもあり、厚いところ、薄いところもあり、
それぞれ味わいが違います。
b0132444_15403125.jpg

紙袋も素敵でした。
b0132444_16531160.jpg

うれしいお土産、ごちそうさまでした。

(T)
by shizen-gallery | 2008-07-21 15:42 | つれづれ

五味謙二さんの器達


いよいよ夏休みとなりましたね!
あまり、大人は関係ないですが・・・。

今日は、多治見で作陶されている五味謙二さんの器をご紹介いたします。
五味さんは、沖縄を訪ねた時に日々の暮らしの中で必然的に作られていた素朴な土器、パナリ焼に興味を持たれたそうです。その後、沖縄で修行をされ、独立。

その器の表情は、どことなく深く、言葉が湧いてくる感じです。

彩土器シリーズ
尖鉢 大きさ径21cm高さ12cm  ¥9450
b0132444_16144337.jpg
b0132444_1704447.jpg


サイズ違いで大・小あります。
まずは、彩土器 大 大きさ径16cm高さ10cm  ¥7350
b0132444_1793965.jpg
b0132444_1795566.jpg
  
底の部分の表情がクレーターのようです。

次は彩土器 小。
大きさは、径14cm高さ10cm ¥5775
b0132444_17123861.jpg
b0132444_1712495.jpg

彩土器は、内側に釉薬がかかっていて、外側は見れば見るほど吸い込まれるような表情をしているので、思わずくるりとひっくり返した写真も撮ってしまいました。
彩土器は、てびねりのように指跡が残っていますが、実は型作りなのです。
厚めの板状にした粘土を型にかぶせ、ひたすら厚みをのばして成形していきます。その時に指も使うので指跡が残るそうです。

次は白化角皿 7寸。 21cm角。¥5250
b0132444_17211143.jpg

こちらもタタラ作りですが、裏にしても、また雰囲気が面白く、チーズ等オードブルを載せても素敵ですね。上の写真は、手前が裏にした状態。奥が表です。
近くから見ると・・・。
b0132444_17213175.jpg


8寸の白化角皿 24cm角。¥8400
b0132444_17414315.jpg
b0132444_17415687.jpg


そして、彩土器の三角片口。こちらは、てびねりで成形。
ちなみに、五味さんは三角形がお好きだそうです・・。
大きさは、三角の部分11cm高さ9.5cm ¥6300
b0132444_19511389.jpg

上から見ると。
b0132444_19512885.jpg
b0132444_19523078.jpg

上の写真のぐいのみは、同じような表情をしていますが、西川聡さんのものです。
プリミティブな感じが共通しているな・・・。
五味さんには、ぐいのみもお願いしているので、どんな片口の相棒が出来るか楽しみです。

写真をご覧なった感じでは、器の表面はざらざらと焼き締めのようになっていそうですが、するっとしていて触っていて気持ちよいです。
適度な硬さのなめらかさ?というのでしょうか。五味さんが窯から出た後、ごしごしと一生懸命磨いているそうです。

器を見ていると、地球の表面の欠片にみえたり、私達の生きている時間軸よりももっとスケールの大きな次元に見えてきたり。面白い・・。

五味さんは、星や宇宙が大好きなんだそうです。納品にいらしたとき、ハッブル望遠鏡についての素晴らしさを教わりました。

そうか、だから器を見ていると、宇宙を感じたり、大地を感じたりするんだな。
と妙に納得してしまいました。

(A)
by shizen-gallery | 2008-07-20 17:13 | 新入荷のお知らせ

矢島操さんの染付レンゲ

丼のお供、レンゲです。滋賀県大津市の矢島操さんの作品です。
b0132444_19313424.jpg

持ち手の上のほうは、フリーハンドで切り取っているそうです。
形、いろいろです。形にあわせて絵付けもいろいろ。どうぞ見比べてください。
長さ12センチ×横幅5センチ×高さ2センチ、各1260円。
b0132444_19341745.jpg

レンゲも器のひとつとして、ソースや薬味を入れても愉しいです。
伊藤環さんの枯淡釉ステーキ皿にのせました。
b0132444_19362485.jpg

つるっとしたデザートもお似合いです。柳琴姫さんのボウルと。
b0132444_19382933.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-07-19 19:39 | 新入荷のお知らせ

丼 ・ どん ・ ドン

美味しそうな丼が、いろいろSHIZENにやってきました。

三重県の安斉直子さんの灰釉しのぎ丼、 直径17センチ×高さ9センチ、
3780円。井山三希子さんの本で見た、かぼす?すだち?の輪切りが
お蕎麦が見えないくらいにのった薄いお出汁のお蕎麦を入れてみたくて仕方の無い
私です。
うなとろ丼の青海苔のっけも美味しそうです。
b0132444_18551441.jpg

b0132444_1855362.jpg

栃木県足尾町の郡司庸久さん、慶子さんの飴釉の丼、直径16センチ×9センチ、
4200円。手に持っていただくのに程よい大きさです。
薄いお出汁のきつねうどん、緑の葱ぱらぱら。くずし豆腐にごま油じゅっ、
の丼。なんていかがでしょうか。
ラタトゥユ丼半熟目玉焼きのせも美味しそう。。。
b0132444_19125712.jpg

b0132444_19132088.jpg

定番の宮崎県都城市の増渕篤宥さんのとくさ丼、直径20、5センチ×高さ9センチ、
4200円。
b0132444_19194643.jpg

b0132444_1920173.jpg

モールス丼、直径22センチ×高さ8センチ、4200円。
b0132444_1920493.jpg

b0132444_1921022.jpg

どちらも、盛鉢としても使い頃な大きさです。

滋賀県大津市の矢島操さんの染付け丼、直径21センチ×9センチ、4725円。
ササミで出汁をとったスープで作るベトナム麺のフォーが食べたいです。
暑さにやられた身体にやさしい味をするすると。
b0132444_19262135.jpg

b0132444_19271818.jpg

b0132444_19285278.jpg

b0132444_19291395.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-07-19 19:29 | 新入荷のお知らせ

お料理好きな人集まれ!


2Fからのお知らせ

只今、2Fではランチまたはバーのスタッフを募集しております。
お料理好きな方、カフェを始めたいなと思っている方、初心者の方。などなど。

ご興味がございましたら、下記の電話番号へご連絡ください。
ちなみに、昨日のブログのようにご飯の美味しいお店です。


電話番号 03-3746-1334 島田宛まで


よろしくお願いいたします。
by shizen-gallery | 2008-07-18 19:58

夏の冷たい麺メニュー

梅雨明け間近の東京ですが、連日暑さは夏本番です。
息が苦しくなるような蒸し暑さ。
少し、食欲も減少気味。

そんなときに食べたいさっぱり麺メニューが2階のランチに登場です。

写真は、「鶏のささみと野菜のさっぱり麺」です。
日替わりでいろいろな麺が登場します。「白ワインビネガーでマリネしたトマトの
冷たい麺」もありました。

麺は、佐藤養助商店の稲庭うどんを使っています。

白米、玄米、五穀米からお選び頂いたごはんと、10種類のサラダ、小鉢、
お漬物、ミニフルーツがついて1000円です。

お皿は、山口利枝さんの白磁半月皿。焼き魚3種盛も美味しそうだったけれど、
麺をのせてもいい感じです。


(T)
by shizen-gallery | 2008-07-17 12:11