人気ブログランキング |

<   2008年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

小谷田 潤さんのうつわ

八王子市で制作されている小谷田 潤さんから、お願いしていたうつわが届きました。

とんすい、 口径10センチ×高さ5、5センチ、2205円。
b0132444_20354858.jpg

土瓶、口径8センチ×高さ10、5センチ(持ち手まで入れた高さ 18、5センチ)、6930円。
口が大きいので、茶葉の出し入れもしやすく、洗いやすいです。
500cc、入ります。きれもばっちりです。
b0132444_20403438.jpg

珈琲スプーン、口径5センチ×高さ3、5センチ、1260円。
正島克哉さんの蓋物、5250円と。
b0132444_20424228.jpg

涙壺、口径1センチ×高さ6センチ~口径1、5センチ×高さ4センチ、1680円。
親指くらいの大きさのちいさな、ちいさな壺です。
涙壺とは、古代ローマで戦に行った夫を思い妻が流した涙をためたという壺なのだ
そうです。
b0132444_20491893.jpg

ビアマグ、口径7センチ×高さ10センチ、2100円。
b0132444_2051242.jpg

底もうつくしいのです。
b0132444_2052182.jpg

片口 大、口径12、5センチ×高さ8センチ、2730円。
片口 小、口径10センチ×田kさ7センチ、2310円。
丸い形がひよこみたいで、見つめているとこころも円くなります。
親子みたい。食卓に一緒に登場させてあげたくなります。
b0132444_20563741.jpg

入れ子にもなります。
b0132444_205757.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-06-21 21:08 | 新入荷のお知らせ

HERS 7月号

光文社発行の「HERS 7月号」P180,181にSHIZENをご紹介いただきました。

松山祐太さん、小沢敦志さん、柴崎智香さんの作品が掲載されています。
カメラマンさんが撮ってくださった写真は、やはりとてもきれいです。
それぞれのうつくしさが際立っているなぁと思います。
本屋さんで見かけたら、手にとっていただけたらうれしいです。


(T)
by shizen-gallery | 2008-06-20 14:10 | shizenのお知らせ

古澤さんの焼酎カップと鶏のたたき

b0132444_10583236.jpg

大好きな本所吾妻橋の居酒屋「わくい亭」。
レシピの本も出版されているので、家でもまねっこすることができます。
鶏肉に醤油と酒で下味をつけて、グリルで焼き、大根おろしと玉葱のスライスなど香味野菜をのせて、ポン酢をかけて頂く「鶏のたたき」を作りました。
焼酎にもよく合います。
焼酎カップは、古澤かおるさん、染付の六角皿は須藤拓也さん、鶏のたたきのお皿は高仲健一さんです。
こんなふうにして、夜は更けていくのでした。

(T)
by shizen-gallery | 2008-06-20 10:58

夏のおくりもの

梅雨の晴れ間の日差しは、夏の予感がします。
夏のご挨拶におすすめなもの、あれこれ。

柳琴姫さんのガラスの風鈴、3675円。ガラスの風鈴は、音色が高く繊細な感じです。
ひとつひとつ音色が違います。


富山市の金津沙矢香さんのガラスの蚊遣り、7350円。
水を張って、めだかを入れても。

松山祐太さんの蚊取り線香たて、15750円。鉄でできています。
今は、蚊取り線香も色々な種類があるので、おしゃれな蚊取り線香と一緒に
頂いたら、うれしいな。

柴崎智香さんの掛け花、7350円。
涼しげな草花を添えて、お贈りしたいです。

お気に入りの果実酒とチーズを添えて。須田二郎さんのカッティングボード 3360円、
バターナイフ 1050円。アキノヨーコさんのICYグラス 各3150円

大きな氷を入れて、焼酎や梅酒を頂くのによさそうなカップです。
左はアキノヨーコさんのそば猪口 口径9センチ×高さ7、5センチ 4200円。
右は、田中俊介さんの一期一葉グラス 口径8センチ×高さ6センチ 10500円。
錫製です。錫はやわらかいので、たたくときに型の間に葉をはさんで、葉の模様を
うつしとっています。ひとつのグラスに、一枚の葉。一期一葉です。
透明な焼酎をいれたら、中の葉がうかびあがってきれいです。


古澤かおるさんの焼酎カップ 口径8、5~9、5センチ×高さ9~10センチ、
各 3675円。自宅でも、愛用中のこのカップ。美味しくいただけること、請け合いです。

左は、田宮亜紀さんの猪口 口径11、5センチ×高さ7センチ 3150円。
水にくぐらせて、冷蔵庫で冷やしていただいたら美味しそう。
右は、増田勉さんの刷毛目筒鉢 口径11センチ×高さ7センチ 3150円。
どちらも具沢山のときのそば猪口にも、ぴったりです。


(T)
by shizen-gallery | 2008-06-19 20:36 | shizenのお知らせ

箱庭レッスン 夏の会

6月17日(火)は19時から、「SHIZENの箱庭レッスン 夏の会」がありました。

講師は、草花研究家で、普段着の花を生ける教室「日々花」主宰の雨宮ゆか先生です。

「夏の会」は、安田奈緒子さんの染付けの植木鉢に多肉植物を箱庭仕立てで
よせうえします。

おくるみにくるまれてやってきた、箱入り多肉植物たち。
b0132444_18135142.jpg

b0132444_18141462.jpg

まずは、土がこぼれないように鉢底にネットをはります。
b0132444_18145558.jpg

鉢底石をしきつめます。
b0132444_18152315.jpg

多肉植物の配置を決めます。ここが肝心?
b0132444_18184594.jpg

根が隠れるように、土を入れます。
b0132444_1819522.jpg

仕上げに飾り砂を。道のようにしたり。
b0132444_18205669.jpg

最後に貝殻や、安田さんのひとでの形の箸おきをトッピングして、出来上がりは
こんな感じです。それぞれにやはり、個性があります。
b0132444_18222697.jpg

b0132444_18224228.jpg

b0132444_18225796.jpg

b0132444_18231374.jpg

みんな、素敵。
多肉植物は、家の中でも育てられ、水遣りも2週間に1回くらいでよいので
園芸初心者の方にもおすすめなのだそうです。

育て方を教えていただきながら、お茶の時間です。
今日のおやつは、鶴屋吉信さんの「氷梅」です。寒天の中につぶつぶ道明寺、
道明寺の間に小豆が見え隠れしています。
名前にもパッケージにもうっとり。
b0132444_18361952.jpg

サブロウさんの角皿にのせました。冷茶は、久保裕子さんの蓮の葉グラスに
いれました。
b0132444_18403684.jpg


ハコイリさんたち、みんな、元気にすくすく育ちますように。

(T)
by shizen-gallery | 2008-06-19 18:47 | shizenのお知らせ

Monmouth Teaのパフェ


千駄ヶ谷駅からシゼンに向かう途中の五差路にあるミルクティー専門のスタンド、Monmouth Tea。
寒いときは、温かいミルクティー、暑くなったら冷たいミルクティー、いつもお世話になってます。
1杯につき1つおしてくれるスタンプカードがあり、いっぱいになると好きな飲み物と交換してくださいます。
いっぱいになったカードを交換してもらおうとしたら、「一番値段が高いパフェにすれば?」とお店のオニイサン。
お言葉に甘えて、お願いします。
おまけでアイス2つの増量パフェが登場。
「また、ためてね!」の声を背に、ずっしりパフェを片手にシゼンに向かいます。朝から、ずっしりパフェになんだか笑いがこみあげます。
今日も一日、がんばりまーす。

(T)
by shizen-gallery | 2008-06-19 15:24

6.14 副都心線開通

b0132444_2112971.jpg

水分をたっぷり含んで、むっちりとした梅雨の空気の中、シゼンに向かう途中に鳩森神社に立ち寄りました。

鳩森神社には富士塚という小さなお山があります。
その山の麓に、菖蒲が咲いていました。湿った空気の中、菖蒲の色があざやかで、目に飛び込んできました。
いつか、富士塚(6月3日は山開きでした)にも登りたいのですが、先を急ぐためいつも断念。

6月14日から、副都心線が開通します。
副都心線からは、「北参道駅」がシゼンの最寄駅です。北参道駅からもいらして頂けるよう、ただ今地図を製作中です。

「北参道駅」からシゼンへの道すがら、私達のオアシス、鳩森神社へもぜひ。

(T)
by shizen-gallery | 2008-06-11 21:12

正島克哉さんの掛花と花器

正島克哉さんの工房は、ギャラリーも併設されています。

ギャラリーで掛花を見て、どこかからだけ見てきれいなのではなく、どこから見ても
愉しめる掛花をと、形になったのがこの掛花です。5250円。
正面から見た姿です。
b0132444_20152332.jpg

斜め下からみるとこんな姿。
b0132444_20164150.jpg

あちこちから、みてみます。8400円。
b0132444_2017633.jpg
b0132444_20171818.jpg

b0132444_20173694.jpg

輪の部分は、ろくろでひき、あとからろくろでひいた口をつけているそうです。
輪の部分も水がはいります。
b0132444_20191752.jpg

b0132444_20193340.jpg

b0132444_20194741.jpg

こちらは、立てかけられる花器、各6300円。
b0132444_20211975.jpg

b0132444_20213292.jpg

夜、撮影をしたのですが思いがけず影がとてもきれいではっとしました。

掛花に便利な秘密兵器です。うつわ楓の島田さんから教えて頂き、早速購入。
b0132444_20525555.jpg

掛花を取り外さずとも、胴を押すとちゅーっと水が入れられます。ラクチン、タノシイ。
目から鱗です。うれしくなり、ちょこちょこ水を足します。
島田さんは、花人の上野雄次さんが使っているのを見て買われたそうです。
MUJIで262円で売っていました。

おまけの今日のおひるごはん。冷たいかぼちゃのスープとサラミチーズをはさんだパンと
プルーンバターをはさんだパン。正島さんの白磁の器でいただきました。
きりりとした白磁の器、むしむしするこの季節に心地よいです。
b0132444_20545316.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-06-09 21:02 | 展覧会のお知らせ

おにぎり弁当はじめました。

6月5日(木)より、平日限定で2階のカフェにてランチのほか、「おにぎり弁当」の販売を
はじめました。
左から、「豆ごはんおにぎり」、五穀米の「紀州梅おにぎり」、この日は玄米ですが、
いつもは白米の「塩鮭おにぎり」です。
小さなおかず(食べやすく串にささっています。それぞれ味がついています。)と
美味しいお漬物もついて、500円です。

あけて、色とりどりのきれいさに、まずにっこり。
食べてみて、色々なお米が味わえる愉しさに、またにっこりです。

今月中は、お味噌汁もサービスでお付けしています。

早めの梅雨空の毎日ですが、SHIZENの「おにぎり弁当」で心はピクニック!

(T)
by shizen-gallery | 2008-06-09 19:31

正島克哉うつわ展

明日6月7日(土)から12日(木)まで正島克哉うつわ展です。

正島克哉さん プロフィール

1969年 福岡県生まれ
1994年 高崎芸術短期大学美術科陶芸専攻卒
1997年 独立 群馬県藤岡市上日野に築窯
2006年 福岡県久留米市に築窯
  
おととしにも個展をお願いしました。今回は、SHIZENの空間を思い描いて
作品づくりをしてくださいました。
飛行機の欠航という困難ものりこえ、ディスプレーも担当してくださいました。
b0132444_20231919.jpg

掛花をディスプレーされる正島さん。
b0132444_2024482.jpg

掛花いろいろ。それぞれ6300円です。正島さんは、その辺ではえている植物を
ぴゅっと1本いけたりされているそうです。
b0132444_20334922.jpg

b0132444_20341996.jpg

出来上がりは、こんな感じです。
b0132444_2025087.jpg

まんなかの松山祐太さんの大きな鉄のテーブルにいろいろな形の小皿が
島のように並んでいます。おととし、このテーブルをご覧になりイメージして
作られたそうです。一番小さなものは1260円、一番大きなもので3675円です。
b0132444_20264136.jpg

お料理ゴコロを刺激されるうつわたち。小さな方にソースを入れて。
b0132444_20292071.jpg

並び終えたあとに、ほっとひといき。長皿は3675円、白磁猪口は1575円です。
b0132444_2030849.jpg

SHIZENでも人気者の正島さんの耐熱のうつわ。個展なので、いろいろな種類を
ご覧いただけます。炊飯土鍋は4合炊きくらいで15750円から。刷毛目の
大きな土鍋は、18900円、黒釉土鍋は13650円です。
b0132444_20354446.jpg

正島さんのお宅では、中華鍋以外の調理用のお鍋は、すべて土鍋です。
土鍋で調理すると、野菜も美味しくしあがるそうです。12600円です。
他にもサイズがいろいろあります。
今回は、木蓋がついて登場です。毎日使うには、木蓋のほうが使いやすいそう。
b0132444_20393959.jpg

b0132444_20395647.jpg

刷毛目の耐熱皿もざっくりと美味しそうです。直径25センチ×高さ6、5センチ、
11550円。
b0132444_20484233.jpg

お鍋のおとも、スプーン 1050円。
黒釉のものもあります。おとものお皿 1260円もあるのです。お醤油皿にも
活躍してくれそうです。オリーブオイルとお塩をのせてもよさそう。
b0132444_20432074.jpg

b0132444_20434164.jpg

急須やポットもあります。
b0132444_20491596.jpg


明日7日は、正島さんが一日在廊してくださいます。

(T)
by shizen-gallery | 2008-06-06 20:50 | 展覧会のお知らせ