人気ブログランキング |

<   2008年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

越智伸明さんの大鉢と大皿

越智伸明さんから、トマトだけでなく器も届きました。

掛け分けの大鉢 直径36センチ×高さ10センチ、31500円。
越智さんもお気に入りの鉢です。
SHIZENの空間で、悠々とたたずんでいます。
立ち上がりがうつくしく、ほれぼれとながめています。


こちらは、大皿 直径37、5センチ×高さ7センチ、31500円。



(T)
by shizen-gallery | 2008-05-14 17:13 | 新入荷のお知らせ

トマト三昧

いつも美味しいものをお届けくださる越智伸明さん。
ご実家のある栃木県で無農薬でトマトを作っている方がいらっしゃるそうで、そのトマトを私たち三人分、山のようにお届けくださいました。

やっぱりまずはがぶりといただいて、一日目はトマトと豚肉の重ね煮に、昨日はトマトと玉子炒めにしました。
サニーレタスの中華おひたしが入っているのは、越智さんの白化粧の二段重のうちのひとつです。

しあわせなトマト三昧、今日はどうやっていただこうかな。
越智さん、ごちそうさまです。

(T)
by shizen-gallery | 2008-05-14 14:32

田中俊介さんの小箱とペーパーウエイト

埼玉県で制作されている田中俊介さんから、作品が届きました。
こちらは、杜の小箱の‘うずまき‘と‘こだま‘です。
それぞれ口径は、6、5センチ、高さは‘うずまき‘は11、5センチ、‘こだま‘は9センチ、
24150円です。
外側は、銅、内側は錫が張ってあります。うずまきの部分は、真鍮です。
こだまの取っ手は、銅です。
b0132444_2051536.jpg

b0132444_20513515.jpg

b0132444_20523013.jpg

アクセサリーや、美味しいものをいれたり。
お砂糖とミルクを入れて。楕円の木皿は、須田二郎さんのものです。
b0132444_20534833.jpg

かわいらしいペーパーウエイトも届きました。
b0132444_20592118.jpg

台の径は、2センチ、高さは3、5センチ、2100円です。台の銅の色とうずまきの真鍮の金色
の色のバランスがきれいです。
陰もくるり。

(T)
by shizen-gallery | 2008-05-12 21:00 | 新入荷のお知らせ

母の日に

b0132444_13461354.jpg

b0132444_13461390.jpg

昨日は母の日。
実家にて、人形町の鳥屋さんの「大金」の焼鳥を七輪で焼きました。
色とりどりの豆のサラダ、黒いオリーブがアクセント。正島克哉さんのミルクパンに入っていました。
取っ手がある器に入っていると、取り分けに便利です。
吉祥寺のおはなやさん、「4ひきのねこ」でお願いした花も届きました。
今年は、実家は喪中なのでシックな色みに作っていただきました。

(T)
by shizen-gallery | 2008-05-12 13:46

心潤う出来事


週末はぐぐっと気温が下がり、お部屋でのんびりと読書や映画鑑賞をしたくなる気分ですね・・。

今日は、ちょっとしたお話を。
先日、うつわ楓に入っていた時の事。

二人の20代前半の男性がお店へいらっしゃいました。(どうやらご兄弟のようです)
そして、じっくりと色んな作家さんの器を見て、うーん、あれでもないこれでもない。
何か、プレゼントに贈る器を探しているようです。

私は他のお客様の対応をしながら、ちらりと会話が耳に入りました。
「お母さんは、朝ごはんは・・・・・・・・。」
そうか、もうすぐ母の日だからその贈り物かしら?と思っていました。

じっくりと、ご兄弟で決められた器。それは、日々の普段使いにぴったりのマグカップと小皿。

器は、他県へ配送だったので、おもわず
「母の日のプレゼントですか?」と聞いてしまいました。

すると、
「初任給が出たので、器を送ろうと思いまして・・・。」
という答えが返ってきました。

私は、
「素敵ですね。」と。
しみじみとそして心から感心しました。
親への愛を感じるな・・。と。

その後、なんだか新緑の木漏れ日のアーチをくぐり抜けるような爽快感で心も満タンになりました。



(A)
by shizen-gallery | 2008-05-11 18:15 | つれづれ

屋上BBQ大会


最近、屋上をグリーン化したり、バーカウンターを作ったりとしていましたが、先日遂にその屋上でBBQをみんなでワイワイと愉しみました。

b0132444_16205814.jpg

野菜もりもり、お肉もりもりと旬の食材がお皿からおっこちそうです。
b0132444_16215883.jpg

b0132444_16221844.jpg

b0132444_16233228.jpg

上の写真は、炭でお肉をジュージューと焼いている所。この日は、SHIZEN近くのきばいゃんせ
の方たちが焼きを担当してくださって(ありがとうございました!)、私達はいい焼き加減のお肉やお野菜をホフホフとほおばって食べる事専門。
なんで屋外で食べるとなんてこんなに気持ちよいのだろう・・・。

b0132444_16284127.jpg

上の写真は以前にブログで紹介したバーカウンターでお酒を並べて用意して、ほろ酔い気分全開です。(最終的には、ビールからワイン、焼酎、日本酒までずらりとカウンターに並び、飲み放題でした)

そして、BBQの〆はお味噌と醤油の焼おにぎりです。
b0132444_16331237.jpg

本当においしかったです・・・。

外の風が酔いをほどよく調和してくれて、最高のBBQ大会。
ごちそうさまでした。
五感すべてが大満足。
まだまだ先ですが、お月見のときとかも、ふと空を見上げると兎が餅つきをしている姿が見られるかも・・。
自分のお庭のように、屋上を使ってみてはいかがですか?


屋上でのBBQは、ご予約でのみ承っておりますので、事前にご連絡ください。

(A)
by shizen-gallery | 2008-05-09 16:45 | shizenのお知らせ

正島克哉さんの炊飯土鍋と片手土鍋

自宅で使っている炊飯土鍋は、落ちてきたまな板で負傷し、片耳です。
でも、元気に活躍してくれています。
そんな健気な炊飯土鍋を脅かす炊飯土鍋が届きました。

ぴゅっと立ち上がった耳と、細長いからだが印象的な炊飯土鍋。
久留米市の正島克哉さんの2合炊の炊飯土鍋です。
耳を入れた直径は23センチ、高さは18センチ、10500円です。
正島さんにお聞きしたところ、この細長いからだが対流がよくごはんが
美味しく炊けるとのことでした。試してみたい。。。
b0132444_1828233.jpg

炊飯土鍋なので、二重蓋になっています。中蓋をとった口径は、12センチです。
中蓋をとったところもなんだか、ひょうきんです。
b0132444_2091659.jpg

元々は、5合炊きを作っていらしたので大きなものもご注文いただけます。
これからの季節、私の気分は新生姜と油揚げの炊き込みご飯かなぁ。

定番の片手土鍋も届きました。口径14、5センチ、持ち手を含む長さ24センチ、
高さ8、5センチ、各3780円です。
b0132444_20174932.jpg

家でよく片手土鍋で作るのは、玉子とじです。ありもので、菜っ葉だったり
ごぼうや人参だったり、あ若布でも。気分で玉ねぎを入れたり。
空豆もいいな。
直接鍋から汗ダラダラと頂くひとりラーメンもよいですよ。
b0132444_20275612.jpg

b0132444_20282435.jpg


6月7日(土)から6月12日(木)まで、正島克哉さんにSHIZENにて個展を
お願いしています。
7日(土)は、正島さんが在廊の予定です。

(T)
by shizen-gallery | 2008-05-06 20:32 | 新入荷のお知らせ

SHIZEN2階スタッフ募集中

SHIZEN2階のカフェ&バーでは、スタッフを募集しております。

お料理が好きな方、カフェやバーの仕事に興味のある方、ご応募お待ちしています。

ご連絡先 03-3746-1334 島田まで

(T)
by shizen-gallery | 2008-05-06 17:11

羊を焼く

b0132444_2239646.jpg

昨日は、実家の母の誕生日でした。
ディナーはなににしようか、姉妹間をメールが行き交い、ラムチョップのローズマリー焼きに決定。
付け合わせは、プチトマトを軽く炒って温かいうちにどぼんとドレッシングにつけたマリネ。
一柳京子さんのチャコールグレーの鉢に、つやつやと輝きます。
久しぶりに家族が集まり、賑やかなひとときを過ごしました。

(T)
by shizen-gallery | 2008-05-05 22:39

次の企画展


ここ2・3日、夏日ともいえる爽やかな日が続いていましたが今日はお休みですね。

次の企画展の予告編です。
5月16日(金)から21日(水)まで多治見で作陶されている、小澤基晴さんと古澤かおるさんの二人展があります。

ところで、古澤さんの作る器ってどんなの?
ということで、今お店にある器をご紹介いたします。

b0132444_17371151.jpg

b0132444_17373156.jpg

上は片口小鉢。大きさは、直径約13cm高さ5cm、¥3150。
二つ重ねたところも、なんだかいいです。
粘土に鉄分が入っているので適度な斑がより一層、料理を引き立たせてくれますね。
こちらは、小鉢ではありますが、取り皿でもお使いいただけます。

次は、しょうちゅうカップ
b0132444_17422386.jpg

b0132444_17423564.jpg

少し、光の加減で器の色が若干違いますが、実際はグレーっぽいので、下の写真の方が色は
近いです。大きさは、直径10cm高さ9cm、¥3675。
こちらの灰釉は古澤さんの定番。焼酎のお湯割り用にも、普通に大きめの湯のみでも、氷でロックでも、いかようにもお使いいただけます。

古澤さんの器の表情は、ゆっくりとお家飲みでわいわいと食事を楽しめます。

そして、小澤さんの器は、二人展の時に!
小澤さんは、鉄赤(赤茶色っぽいマット)や黒マット、今回は新しい釉薬も登場予定です。
乞うご期待!です。というか、私が楽しみにしています。

追伸
お二人のそれぞれの工房を訪問したブログが昨年の旧ブログですが、12月21日へ辿っていただくとご覧になれますので、覗いてみて下さいね!

(A)
by shizen-gallery | 2008-05-02 18:13 | shizenのお知らせ