人気ブログランキング |

カテゴリ:新入荷のお知らせ( 1185 )

林健二さんのケーキ皿

瀬戸でやきものをされている林健二さんから、ケーキ皿が届きました。
「ケーキ皿」、魅力的な名前です。
直径 14センチ×高さ 2センチ、2625円です。
b0132444_20352614.jpg

使うと、どんどん貫入が入りまた違った古びた表情になります。
その姿もなんともかっこよいのです。使ってからの、おたのしみ。
b0132444_20383867.jpg

b0132444_20385071.jpg

ケーキ皿には、やっぱりケーキ。チーズスフレをのせました。
原口潔さんのフォークを添えて。
b0132444_20395194.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-08-25 20:42 | 新入荷のお知らせ

矢島操さんの器達


滋賀県大津市で作陶されている矢島操さんから、心ウキウキする器が届きました。

矢島さんワールドに惚れている私には、丼や飯碗を眺めながらニヤニヤとしてしまいます。
今回もくすっと微笑んでしまう絵替りシリーズ。

絵替りシリーズの前に・・。
▽赤ざくろ鉢をご紹介します。
b0132444_19293278.jpg

▽ひっくり返すと・・。
b0132444_19302031.jpg

大きさ 径18.5cm高さ8.5cm¥5250 片口鉢になっています。
勢いがある赤絵の線。元気が出てきます。

赤絵絵替り丼
こちら高台の部分まで、柄違い・・。
どうぞお楽しみください!
b0132444_19344371.jpg
b0132444_19345613.jpg

▽上の2つは、外側は赤一色なのですが、もう一つは絵が描いてあるので、ひいてみますと・・。
b0132444_1935474.jpg

▽こちらの三点の丼の中も勿論絵替り。
b0132444_19351728.jpg

b0132444_19384269.jpg
b0132444_1938579.jpg
b0132444_19391192.jpg
b0132444_19392151.jpg

華麗に赤絵のお花が踊っているような感じ。気がついたら、ニヤニヤしていました。
綺麗だなって素直に見とれてしまいます。
大きさ 径21cm高さ9cm ¥4725

▽モノクロ絵替り飯碗
b0132444_1942126.jpg

△こちらは、飯碗を上から撮影。ひょうたんあり、お家あり、亀さんあり・・。
▽ひっくり返すと・・・。(表と同じ位置です。)
b0132444_19444719.jpg

矢島さんのサインまで一つ一つ絵が違うのです。そんな発見が楽しいです。
大きさ 径12.5cm高さ5.5cm ¥2730

▽モノクロ鉢
一つ一つに物語が隠されている・・。
b0132444_19473468.jpg
b0132444_1947502.jpg

△ぐるりと鉢をご紹介したくて、写真は2枚で一つの器です。
▽建物シリーズ 外国へとイメージトリップ・・。
b0132444_19485897.jpg
b0132444_19491083.jpg


▽兎が鍵を渡しています・・。バトンタッチ?なんだろ。
b0132444_19524997.jpg
b0132444_1953374.jpg


b0132444_19502697.jpg

b0132444_19504728.jpg

皆さんは、見つけましたか?
ひょうたんから駒・・。そして、なぞのダルマさんを・・・。
落語に出てきそうなお題がいっぱい詰まっていますねー。
大きさ 径19.5cm高さ8.5cm ¥4200

今日は、視覚で楽しんでいただきました。

(A) 
by shizen-gallery | 2008-08-22 20:00 | 新入荷のお知らせ

能登朝奈さんのガラス

福島県いわき市で制作されている能登朝奈さんのガラスの器が届きました。

粘土で原型をつくり、耐火石膏で型をとります。
型に、ガラスの粒を入れて800度で焼成します。
曇りガラスのような表面は、石膏型の肌合いがガラスに移りこんでいるから
なのだそうです。

グラス 直径 5センチ×高さ 10センチ、各 3675円。
冷凍庫にいれた凍りかけのとろっとした梅酒を入れたいです。


底の部分は、直接窯の火に当たっているので、つるっとしています。

角皿 15センチ×15センチ、各 4200円。
ゼリーを氷のようにお砂糖でコーティングしたお菓子をのせたいです。


裏の部分は火が当たっているので、つるっとしています。


(T)
by shizen-gallery | 2008-08-16 14:45 | 新入荷のお知らせ

須田二郎さんの木のうつわ

八王子市で木のうつわを作られている須田二郎さんが作品を届けてくださいました。

くぬぎのボウル、直径 27、5センチ×高さ 10センチ、7350円。

手に入るいろいろな木を使って作品を作られる須田さん。
お寺で切った木だったり、間伐材だったり。
けやきは、オレンジがかっていて朴はグレー。
いろいろな木をみているうちに、少しは見分けられるように。
なんとなく性格も感じます。
くぬぎは実直な感じ。なんの根拠もありませんが。

あまったバゲットを小さく切ってかりっと焼いて、生野菜とオリーブオイルと塩、こしょう。
そして半熟のゆで卵も忘れずに。バゲットサラダが盛り付けたくなりました。
b0132444_17395671.jpg

b0132444_17401790.jpg

ひのきのプレート、直径 25センチ×高さ 2、5センチ、3465円。

鼻を近づけると、ひのきの香りがします。
須田さんのうつわの写真を撮るとき、なぜかどうしても外で写真を撮りたくなります。
表のテーブルに2枚並べたところを見たら、あまりにも外が似合うのにうっとり。
このプレートで、外ごはん、格別なことと思います。
b0132444_17495872.jpg

b0132444_17501624.jpg

桜の浅皿、直径 20、5センチ×高さ 3センチ、4200円。
きれいなきれいな形です。
b0132444_18114281.jpg

b0132444_1812439.jpg

シデの浅皿、直径 21センチ×高さ 3センチ、3780円。
b0132444_18243684.jpg

b0132444_18245787.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-08-14 18:25 | 新入荷のお知らせ

小沢敦志さんの工房へ

中央線立川駅からバスで5分くらいのところに「石田倉庫」があります。
ボーリングの会社の倉庫が、作家さん達のアトリエになっているのです。
倉庫のうちの1つが小沢敦志さんのアトリエです。
敷地を入ってすぐに、小沢さんが自転車をたたいてぺらぺらにした作品が。
雑草の緑と赤っぽく錆びた自転車とセメントのグレーの色の分量が絶妙です。
b0132444_1748495.jpg

小沢さんは、使われなくなった金属を焼いてたたいて作品を作られたり、新しい
金属を使って作品を作ったりされます。
伺ったときは、ちょうどかばん屋さんの扉のノブを制作中でした。
かばん屋さんで使われていたかばんの抜き型を使って、ノブを作られます。
頼りがいのあるノブになりそうです。
b0132444_1755574.jpg

こちらは、作品になる前の原料たち。
b0132444_17563358.jpg

アトリエをシェアしている金属の作家の高井吉一さんと二人で作った炉。
炭でコークスに火をつけるのだそうです。
b0132444_1832572.jpg

ここでたたいて、たたいて、たたきます。中古のものを手に入れられたそうですが、
今は中古のものを置いているお店もどんどんなくなっていて手に入れづらくなって
いるのだそうです。このよい感じにでこぼこしている表面が、たたく金属に移り表情に
なります。
b0132444_17594445.jpg

b0132444_18122037.jpg

こんな感じにたたきます。たたいていらっしゃるのは、高井さんです。
b0132444_1812185.jpg

作品を見せていただきます。これは、新作のアルファベットシリーズ。
使われなくなった金属のパーツを焼いてたたいて、アルファベットにしています。
b0132444_18143768.jpg

これは、なんだったんだろうと思うたのしさもあるのだけれど、やっぱり
金属ってきれいだなぁとどきどきします。
b0132444_1818080.jpg

b0132444_18193852.jpg

工房からSHIZENに連れ帰ってしまいました。
welcome 47250円。置くこともできます。まっすぐでないので、壁に
とめると表情があります。
b0132444_1821166.jpg

ぺらぺらハンガー 8400円。ハンガーをたたいたもの。たたいてつぶすことで、
あたらしい世界がうまれていると思います。
b0132444_18214014.jpg

照明 31500円。ビデオデッキの上の部分をはずしてぐるりとまるめてシェードにしたそう。
そういえば、こんな網網みたことあります。
小沢さんが「灯りをつけるときれいですよ。」とおっしゃったとおり、暗くなって
くじゃくの羽根のようにこぼれる光にまたもやどきどき。
b0132444_18442851.jpg
b0132444_1844421.jpg


10月には、石田倉庫にて石田倉庫の作家さんの作品が見られるイベントがあるそうです。

(T)
by shizen-gallery | 2008-08-13 18:29 | 新入荷のお知らせ

岡見周二さんの片口鉢

岡見周二さんの片口鉢 口径 17、5センチ×高さ 14、5センチ、31500円。
灰釉の表情が豊かです。
b0132444_15424865.jpg

深さがたっぷりあるので、水を張ると映えます。
b0132444_15455531.jpg

水草とめだか。 水を張って、青い紅葉を一枝。 
秋になったら、すすきをたっぷり立てて、お月見も。

(T)
by shizen-gallery | 2008-08-10 15:51 | 新入荷のお知らせ

鳴海輝男さんの照明

逗子市の鳴海輝男さんが、先日納品にいらしてくださいました。
古いものを素材に、照明を作られています。

こちらは、上の部分は工作機械の一部らしいとのこと。下の台の部分は、不明なのだ
そうです。鳴海さんが白く塗られたそうです。
なにに使われていたか不明というパーツのとき、元々はいったいどこに使われて
いたんだろうと愉しくなります。どんなにか思いがけない場所にいるのかと思って。
足の横幅 15センチ、高さ 26センチ、15750円。
b0132444_14544985.jpg

灯りを消すと、こんな感じです。
b0132444_152248100.jpg

こちらは、足の部分は農機具の鎌、すっと伸びた部分は自転車の空気入れの空気を
送る部分なのだそう。シェードの部分は、練炭用アンカの一部です。
足の横幅 23センチ、高さ 26センチ、26250円。
b0132444_15262613.jpg

b0132444_15264749.jpg

古いもののうつくしいそれぞれを楽しそうに組み合わせる鳴海さん。
瑞々しいこころをお持ちだなぁとお会いするたび、生意気ですが思います。

(T)
by shizen-gallery | 2008-08-10 15:32 | 新入荷のお知らせ

角掛政志さんの器


常滑で作陶されている角掛政志さんの器が届きました。
角掛さんの器は、ぬくもりがありかっこよくもあり、でもかっこ良すぎない適度な手の温度を感じます。

今日届いた器は、8寸皿、碗、長皿です。
まずは、8寸皿から。
b0132444_18332213.jpg
b0132444_18333180.jpg

梱包から出てきたお皿を見て、カレー!ととっさに思ってしまい、原口潔さんのカレースプーンを添えてみました。
私の目にはチキンカレーの湯気が見えます・・・。美味しそう。
大きさ、24cm高さ4.5cm ¥5775 ずっしりとしているので安定感があります。

▽次は碗。
b0132444_18374282.jpg

▽裏を返して高台は・・。
b0132444_18375460.jpg

潔く美しい高台。とても持ち易いです。
こちらは、小丼として。また、沢山ご飯を食べる男性にぴったりです。深めなので、ちょこっときつねうどん等にも活躍しそう・・。
大きさ 径14.5cm高さ8cm ¥3150


▽最後に長皿。
b0132444_1846361.jpg

▽少し立ち上がっているので、同じ目線から見ると・・。
b0132444_18464855.jpg

大きさ 34.5cm幅12cm高さ4cm ¥5250
こちらの長皿は、家でも重宝しています。これからの季節の秋刀魚は十分、しっぽまできちんと納まります。パンとペーストとチーズの盛り合わせに、お素麺の薬味、茗荷、紫蘇、椎茸の甘辛煮を
どっさりと3種盛に、お酒のおつまみにきんぴらと長ネギのソテーと板わさをのせて。ナドナド。

今回届いた器達は、光の加減で、鉄の釉薬の表情が分かりづらくなっていますが、3つのアイテムとも黒いです。
角掛さんの器は、色々に活用でき、シンプルなので和洋問わず使いやすく、なんだか艶っぽい色気を感じます。それは、釉薬の色のせいかしら・・。分からないですが。

(A)
by shizen-gallery | 2008-08-09 17:37 | 新入荷のお知らせ

松岡装子さんの器

神奈川県でガラスの作品を作られている松岡装子さんから、作品が届きました。
ガラスにエナメルで絵付けをし、何度も焼き付けて作品を完成されます。
目にしたことのないような、質感と色合い。浅い夢で見たような色だなぁと思います。

「グラス 夜」 口径 7、5センチ×高さ 10、5センチ、11550円。
b0132444_1916190.jpg
b0132444_19161187.jpg

巻きつけた熱いガラスに白いガラスの粒をつけて吹くと、こんなふうになります。
白い模様に赤い魚が鮮やかです。
「高台付小鉢(白)」 口径 11センチ×高さ 8センチ、8400円。
b0132444_19244337.jpg

b0132444_19272524.jpg

「ネコグラス」 口径 8、5センチ×高さ 10、5センチ、7350円。
ふんばりネコの鼻に、心うたれます。
b0132444_19262861.jpg

b0132444_19263892.jpg

口径 7、5センチ×高さ 9センチ、7350円。
月の夜に船出です。
b0132444_19311679.jpg

口径 5センチ×高さ 7センチ、9975円。
ブルーグリーンの色にはっとします。
b0132444_1931579.jpg

「てんとうむし小鉢」 口径 8、5センチ×高さ 8センチ、10500円。
てんとうむしは、立体です!!!
b0132444_19322897.jpg

小さなぐいのみ 口径 4、5センチ×5、5センチ、10500円。
b0132444_1935211.jpg

b0132444_19353610.jpg

「たわみ小鉢」 13、5センチ×15センチ×6センチ、9450円。
b0132444_19363938.jpg

b0132444_19365581.jpg

装子さんには、ご主人の洋二さんと9月27日(土)から10月2日(木)まで
二人展をお願いしています。

(T)
by shizen-gallery | 2008-08-07 19:39 | 新入荷のお知らせ

田宮亜紀さんの壺と器

工房で選ばせていただいた田宮亜紀さんの作品が届きました。

磁器土で作られた鉢。焼くときに藁をはさんだところが、緋色の模様になっています。
緋だすきが、ぼんやりやわらかくやさしい表情です。
素麺を盛り、夏野菜の素揚げをのせておつゆをはって、取り分けていただきたいです。
直径 25、5センチ×高さ  6センチ、12600円。
b0132444_15382718.jpg

b0132444_15315030.jpg

楓に届いた壺よりひとまわり小さい壺です。こちらは、白い刷毛目でまた違った魅力です。
刷毛目の部分は、ミルクココアのような甘い色味のベージュです。
b0132444_154321100.jpg

b0132444_1542483.jpg

b0132444_1544235.jpg

口内径 6センチ、口外径 7、5センチ×高さ 13、5センチ、36750円。
黒いダリアを口元に一輪、すこし長めに一輪なんてどうでしょうか。

横顔のうつくしい鉢。見込みが少なく縁に広がりがある鉢。盛り付けたお料理を
きれいに見せてくれそうです。
直径 20センチ×高さ 8センチ、5250円。
b0132444_15525913.jpg

b0132444_15531670.jpg

持ち手のついたピッチャー 小 口径6、5センチ×高さ 9センチ、4200円。
中 口径 6、5センチ×高さ 10センチ、5250円。
小は180cc、中は200ccはいります。ミルクの白がなんともはえそうです。
水切れもばっちりです。
b0132444_15575324.jpg

b0132444_15581379.jpg

b0132444_15593127.jpg

カップ 右 口径 8センチ×高さ 9、5センチ、4200円。
左 口径 9センチ×高さ 9、5センチ、3150円。
b0132444_1633556.jpg

右側のカップは、内側に灰が降っています。
b0132444_1644025.jpg

左側のカップは、内側にも刷毛目が。
b0132444_1652067.jpg

田宮さんのお家では、にんにく入れとして使われているふたもの。
皮がついたままのにんにくを入れておくと、半年くらいは元気でいてくれるそうです。
釉のかかっていない焼締ならではです。
こんな感じにお使いでした。
b0132444_16844.jpg

b0132444_1682496.jpg

ふたもの色々も送っていただきました。
b0132444_1692127.jpg

一番大きなものが、口径 7、5センチ×高さ 10センチ、12600円です。
一番小さなものは、朝の小梅入れによさそう。口径 7センチ×高さ 8センチ、
8400円。 

炭化板皿 縦 15センチ× 横 26、5センチ、6300円。
ざらざらした紙に白いクレヨンで描いたような色が出ています。
思うに任せない火の仕事です。
表も裏もどちらの色も捨てがたく、どちら側を表に置くか迷います。
b0132444_16262075.jpg

b0132444_16263479.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-08-05 16:14 | 新入荷のお知らせ