人気ブログランキング |

カテゴリ:新入荷のお知らせ( 1183 )

第2便


先日、京都にお住まいのご夫婦で作陶されている土井善男さんと清水なおこさんの器をご紹介いたしました。
今日、第2便がやってきました。

まずは、土井善男さんから。
▽白磁4寸リム皿
b0132444_20241743.jpg

大きさ 径12cm、くぼみの部分は径8.5cm ¥1260
上の写真は、田谷直子さんのルリ釉ポットと後でご紹介する清水なおこさんのそば猪口、土井さんのリム皿の上に原口潔さんのフォークをのせて、おやつの時間にしてみました。
最近、秋を迎えるとクッキーやマフィンなど、粉ものを欲してしまいます・・。
でも、キリリとした土井さんのリム皿は、お刺身用のしょうゆ皿や薬味、お漬物などなどにと合わせやすそうです。
ちょっこっと、食後のデザートに巨峰と梨をのせてもいいです。

次は、上の写真でもご紹介しました清水なおこさんの葡萄文のそば猪口。
b0132444_20335497.jpg

大きさ 径8cm、高さ6.5cm ¥2100
内側に可愛らしい葡萄が、秋風にゆれているような絵付けが2箇所向かい合わせに描かれていて、外側は底の方に一すじの呉須の線が入っています。
ワインのゼリーをそのままお猪口に流しいれて固めていただいても素敵です。
四季折々の日本。短い秋を器から楽しむのもいいですね!

そして、楕円皿。
b0132444_20405277.jpg

△今回は、三種類の絵柄です。
一枚一枚見ていくと・・。
b0132444_20414421.jpg
b0132444_20415421.jpg
b0132444_2042574.jpg

大きさ 楕円なので長い方は24.5cm 幅16cm ¥4200
同じ形なのに、模様によって印象が変わりますね。
楕円のお皿、私は好きです。
黄色いオムレツに染付けの色、色合いが綺麗そうだな・・。
よもぎや胡麻の色が色々生麩のみそ田楽を串にさして並べてもいいな。
後、ぷりぷりの子持ちししゃもなんかも。

食欲の秋ですね・・・。
どんどん、食べたいものが浮かんでくる・・・・・。


(A)
by shizen-gallery | 2008-09-12 20:19 | 新入荷のお知らせ

増渕篤宥さんのふたもの

宮崎県都城市で作陶されている増渕篤宥さんから、ふたものが届きました。

いつもお任せでいろいろな形を作っていただいています。
白と黒の組み合わせで、こんなに沢山のバージョンができるなんて、すごい。
楽しんで作ってくださっているのだなぁと思います。

一番右のふたものは、口径 7センチ×高さ 4センチです。
右から2940円、あとの3つは2625円です。
釉薬のかけ方の違いでお値段が異なります。
5月に増渕さんと楓で二人展をされた、北海道の大崎麻生さんの楕円皿に。
b0132444_207592.jpg

小さなケーキがずらりと並んだみたいです。
一番右のふたものが、口径 6センチ×高さ 3、5センチです。
右から2940円、2625円、2100円、2625円です。
b0132444_20111727.jpg

ふたをあけると。。
表情があってきれいです。粒マスタードが入れたくなりました。
b0132444_2012057.jpg

こんなふうに、亀の親子のように収納しても。
b0132444_20124775.jpg

右側が、口径 5、5センチ×高さ 5センチです。
右から、2100円、2940円です。
b0132444_20163071.jpg

内側は、こんなつややか。
b0132444_20151546.jpg

おすすめの佃煮や、お塩、七味などと一緒に贈り物で頂いたら、うれしいです。

(T)
by shizen-gallery | 2008-09-10 20:18 | 新入荷のお知らせ

野田敬子さんの器

世田谷で作陶されている野田敬子さんが納品にいらしてくださいました。

白化粧の仕事が、なかなか安定せずいろいろご苦労を重ねての納品。
ご苦労の甲斐あって、どれもきれいなきれいな仕上がりです。
何度も焚かれた窯のことを思うと、心もきりりと引き締まります。

白化粧丼、直径 14、5センチ×高さ 10、5センチ、4410円。
うっすら、下の赤い土がみえます。梅干ととろろ昆布をいれたおうどん。
あんかけのおうどんもいいな。
b0132444_16261386.jpg

b0132444_1629876.jpg

白化粧浅鉢、直径 21センチ×高さ 5センチ、4725円。
これからの季節、秋刀魚のトマトソースパスタかな。新潟のリストランテで食べて
美味だった蛸のミンチと葱と大葉のパスタも再現してみたい。
b0132444_16365831.jpg

b0132444_16371539.jpg

白化粧取皿、直径 16、5センチ×高さ 3、5センチ、2625円。
丼、浅鉢と化粧は同じですが、土が違うのでまた風合いが異なります。
丼、浅鉢はざっくりした感じですが、こちらは繊細な面持ち。
細かに入った貫入と真ん中に溜まった淡い緑がきれいで、見とれてしまいます。
b0132444_16592932.jpg
b0132444_16594278.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-09-09 17:01 | 新入荷のお知らせ

正島克哉さんの土鍋いろいろ

久留米市の正島克哉さんから土鍋が届きました。

6月に工房を山の中腹から麓へお引越しされたばかりの正島さん。お忙しい中、作品を
お送りくださいました。

人気者の片手土鍋 口径 14、5センチ×高さ 7、5センチ、持ち手までの
長さ 24センチ、3780円。
一家に一台のみならず、白と黒とひとつずつ買われるお客様も。
きっとマイ ラーメン鍋?うどん鍋?
b0132444_18322756.jpg

b0132444_18324896.jpg

b0132444_1833141.jpg

黒釉土鍋 口径 26センチ×高さ 18センチ、18900円。
黒釉の土鍋は、使い込むとつやが出ます。
塩をきりりと効かせたお出汁で、鴨と薄切りの葱をただただ沢山の鴨鍋が
食べたいです。
b0132444_18352037.jpg
b0132444_18353857.jpg

お鍋におすすめの取り鉢いろいろ。
左から、根来挽目器 大 直径 11、5センチ×高さ 5、5センチ、3990円。
中央 島るり子さんの焼締小鉢 直径 12センチ×高さ 5センチ、4700円。
右 小谷田潤さんのとんすい 直径 11、5センチ×高さ 6センチ、2205円。 
b0132444_19155823.jpg

粉引刷毛目ごはん土鍋 口径 15センチ×蓋のつまみまでの高さ 21センチ、
15750円。
二重蓋になっているので、吹きこぼれがしにくく、美味しくごはんが炊けます。
この縦長の形も、正島さんの研究によると美味しく炊ける形なのだそうです。

あぁ待ち遠しい、新米の季節。今年のお米の出来はどうなのでしょうか。
b0132444_18405847.jpg

b0132444_1841916.jpg

b0132444_18411950.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-09-08 18:42 | 新入荷のお知らせ

土井善男さんと清水なお子さんの器

京都でご夫婦で器を作られている土井善男さんと清水なお子さんから
器が届きました。

土井善男さんの白磁5寸平鉢 直径 15センチ×高さ 4センチ、2100円。
白磁4寸平鉢 直径 12センチ×高さ 3、5センチ、1575円。 
b0132444_17531194.jpg

縁のカーブが絶妙で、手にとりやすい形です。重なった姿も美しいので、お客さんが
きたら何枚も重ねてテーブルに置いて、がしがし取り分けて使っていただきたいです。
b0132444_1893290.jpg
b0132444_189439.jpg

清水なお子さんのこども飯碗 直径 10センチ×高さ 5センチ、1890円。
b0132444_18133412.jpg

左から蝶文、小花文、松文です。蝶文の飯碗の外側には、蝶の飛んだ跡のような線が
細くかいてあり、その上から太い線がにじませてあります。
b0132444_1814631.jpg

上からみるとこんな絵が。
b0132444_18155956.jpg

左から千鳥文、竹文です。
b0132444_18162160.jpg

上から見ると。。。中に絵付けがしてあるとなんだかうれしい。
きっと完食してくれるはず。
b0132444_18175960.jpg

だみ花鉄絵唐草カフェオレカップ、直径 11センチ×高さ 7センチ、3150円。
刻んだトマトを入れた、洋風茶碗蒸しを作りたくなりました。
上にうすーくスープのあんをはって、緑をぱらり。
b0132444_1821504.jpg

くずきりや、神楽坂の紀の善の抹茶ババロアもいいな。
b0132444_1822937.jpg

ルリ釉しのぎマグカップ、直径 9センチ×高さ 6、5センチ、2625円。
つややかなルリ色。清清しく朝が迎えられそうです。
b0132444_1830689.jpg

b0132444_18302320.jpg



(T)
by shizen-gallery | 2008-09-06 18:35 | 新入荷のお知らせ

漆から漆へ。


今日も、バケツをひっくり返したような雨からご機嫌な太陽が覗いたりと、お天気やさんな天気ですね。

先日の小川マアさんの「下地ワークス」のお知らせに続き、今回も漆のご紹介です。

「うるしが、いいね」展でも参加していただいた、埼玉県川越市でつくっていらっしゃる若林幸恵さんのお弁当箱。
b0132444_16444296.jpg

△けやきの二段弁当箱。
大きさは、外径10cm、高さ約11cm ¥21000
田島あゆみさんの風呂敷に、工房くさなぎの箸箱(中に藤野雅也さんの青い16.5cmの漆のお箸が入っています。)を添えて・・。
最近、私はお弁当を持ってきています。今日の中身は、つるむらさきとおあげの煮浸し、ニラと桜海老のジョン、自家製ピクルスとご飯。
もうすでに、お腹の中に入ってしまったのです・・。
でも、若林さんのお弁当箱に入っているように想定して・・・。
素敵なお弁当箱に納まっていたら、なんでもおいしくいただけそう!

▽そして、こちらのお弁当箱は、蓋を開けると・・。
b0132444_1655212.jpg

おしゃれです。内側が朱。上段は下段に比べて浅めです。
上段 内径8.5cm 高さ4cm、下段は高さが5cm。
下段にご飯をいれて、上におかずでもいいです。でも、物足りない場合は2段ともおかずにして、おにぎりを加えるのもいいですね!

また、お酒のおつまみを珍味の味比べで少しずつ入れて、お盆に載せ、縁側などでちびりちびりと楽しむ時にも重宝しそうです。

8月も終わりになると、暑い夏の名残り惜しさに思いにふける事もしばしば・・。
皆さんは、どんな夏を過ごされましたか?


(A)
by shizen-gallery | 2008-08-30 17:04 | 新入荷のお知らせ

スープカップいろいろ

気温が下がってくると、あたたかい食べ物がうれしくなります。
スープも、そのひとつ。

スープカップいろいろ。

土岐市の小澤基晴さんの藁灰釉スープカップ。
直径 11、5センチ× 高さ 7センチ、2730円。石川漆宝堂の栗摺漆ノミ目木皿に。
作ったことは、まだないのですが本で見た栗のスープをいれてみたいです。
同系色でまとめるのもきっときれいだと思います。


奈良県の吉岡萬理さんのドットスープカップ。
最近みていませんが、象印のポットのCMでこのドット柄のポットとカップが登場して
いました。見た瞬間に、吉岡さんだーと思いました。

直径 14センチ× 高さ5、5センチ、3990円。
ミネストローネに温泉玉子を落として、カリカリバゲットを添えたいです。


三重県の松宮洋二さんのスープカップ。冨沢恭子さんのマットに。
直径 12センチ× 高さ 7センチ、3150円。
押し麦と根菜のスープがいれたいです。


宮崎県の増渕篤宥さんのスープカップ白。須田二郎さんの木皿に。
直径 12、5センチ× 高さ 6、5センチ、2940円。
夏の終わりの枝豆のポタージュを。


スープカップ黒。こちらは、おそろいのお皿も。
かぼちゃのポタージュ。
お皿、直径 18センチ× 高さ 2センチ、2100円。


久留米市の正島克哉さんのグラタン鉢。
直径 15、5センチ× 高さ 7センチ、3150円。
直火にかけられるので、「オニオングラタンスープ」、「鶏のクリームシチュウにパイを
蓋にかぶせり」もできます。



(T)
by shizen-gallery | 2008-08-27 18:48 | 新入荷のお知らせ

焼物皿いろいろ

一日だけかと思いきや、あの恐ろしい暑さが嘘のように肌寒いような日々が続いている
東京です。
厳しい残暑に心の準備をしていましたが、肩透かしを食ったみたいです。

すっかり、心は秋模様。SHIZENでも、ガラスのかわりに土ものの器をいそいそと
並べたり。

秋にむけて届いた焼物皿、いろいろ。

久留米市の正島克哉さんの刷毛目長皿。
13センチ×33、5センチ×1、5センチ、3360円。
平らなので、収納もしやすくトレーのようにもお使いいただけます。
b0132444_1842247.jpg
b0132444_18422243.jpg

奥様の智恵さんのポストカードにも、長皿が登場。
長皿と一緒に、ついついディスプレイしてしまいます。
b0132444_1952176.jpg

切手の部分は、カボスです。
b0132444_1952374.jpg

篠山市の市野雅利さんの長皿。ご自分で作った刷毛の刷毛目と、ざっくりした
縁の感じがいつもよいなと思います。
元々作られていた角皿の感じが好きで、焼物皿があったらとお願いして
何度もやりとりをして作っていただきました。
焼き魚はもちろん、おいなりさんをずらりと並べてみたいです。
12、5センチ×34センチ×2センチ、4200円。
b0132444_19544863.jpg

b0132444_2024436.jpg

常滑市の角掛政志さんの長皿。二人暮らしの我が家。小さなテーブルなので
1枚に焼魚を盛り付けて、二人でつつきます。
12センチ×34、5センチ×3、5センチ、5250円。
b0132444_2001723.jpg
b0132444_2002933.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-08-26 20:03 | 新入荷のお知らせ

林健二さんのケーキ皿

瀬戸でやきものをされている林健二さんから、ケーキ皿が届きました。
「ケーキ皿」、魅力的な名前です。
直径 14センチ×高さ 2センチ、2625円です。
b0132444_20352614.jpg

使うと、どんどん貫入が入りまた違った古びた表情になります。
その姿もなんともかっこよいのです。使ってからの、おたのしみ。
b0132444_20383867.jpg

b0132444_20385071.jpg

ケーキ皿には、やっぱりケーキ。チーズスフレをのせました。
原口潔さんのフォークを添えて。
b0132444_20395194.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-08-25 20:42 | 新入荷のお知らせ

矢島操さんの器達


滋賀県大津市で作陶されている矢島操さんから、心ウキウキする器が届きました。

矢島さんワールドに惚れている私には、丼や飯碗を眺めながらニヤニヤとしてしまいます。
今回もくすっと微笑んでしまう絵替りシリーズ。

絵替りシリーズの前に・・。
▽赤ざくろ鉢をご紹介します。
b0132444_19293278.jpg

▽ひっくり返すと・・。
b0132444_19302031.jpg

大きさ 径18.5cm高さ8.5cm¥5250 片口鉢になっています。
勢いがある赤絵の線。元気が出てきます。

赤絵絵替り丼
こちら高台の部分まで、柄違い・・。
どうぞお楽しみください!
b0132444_19344371.jpg
b0132444_19345613.jpg

▽上の2つは、外側は赤一色なのですが、もう一つは絵が描いてあるので、ひいてみますと・・。
b0132444_1935474.jpg

▽こちらの三点の丼の中も勿論絵替り。
b0132444_19351728.jpg

b0132444_19384269.jpg
b0132444_1938579.jpg
b0132444_19391192.jpg
b0132444_19392151.jpg

華麗に赤絵のお花が踊っているような感じ。気がついたら、ニヤニヤしていました。
綺麗だなって素直に見とれてしまいます。
大きさ 径21cm高さ9cm ¥4725

▽モノクロ絵替り飯碗
b0132444_1942126.jpg

△こちらは、飯碗を上から撮影。ひょうたんあり、お家あり、亀さんあり・・。
▽ひっくり返すと・・・。(表と同じ位置です。)
b0132444_19444719.jpg

矢島さんのサインまで一つ一つ絵が違うのです。そんな発見が楽しいです。
大きさ 径12.5cm高さ5.5cm ¥2730

▽モノクロ鉢
一つ一つに物語が隠されている・・。
b0132444_19473468.jpg
b0132444_1947502.jpg

△ぐるりと鉢をご紹介したくて、写真は2枚で一つの器です。
▽建物シリーズ 外国へとイメージトリップ・・。
b0132444_19485897.jpg
b0132444_19491083.jpg


▽兎が鍵を渡しています・・。バトンタッチ?なんだろ。
b0132444_19524997.jpg
b0132444_1953374.jpg


b0132444_19502697.jpg

b0132444_19504728.jpg

皆さんは、見つけましたか?
ひょうたんから駒・・。そして、なぞのダルマさんを・・・。
落語に出てきそうなお題がいっぱい詰まっていますねー。
大きさ 径19.5cm高さ8.5cm ¥4200

今日は、視覚で楽しんでいただきました。

(A) 
by shizen-gallery | 2008-08-22 20:00 | 新入荷のお知らせ