人気ブログランキング |

田宮亜紀さんの壺と器

工房で選ばせていただいた田宮亜紀さんの作品が届きました。

磁器土で作られた鉢。焼くときに藁をはさんだところが、緋色の模様になっています。
緋だすきが、ぼんやりやわらかくやさしい表情です。
素麺を盛り、夏野菜の素揚げをのせておつゆをはって、取り分けていただきたいです。
直径 25、5センチ×高さ  6センチ、12600円。
b0132444_15382718.jpg

b0132444_15315030.jpg

楓に届いた壺よりひとまわり小さい壺です。こちらは、白い刷毛目でまた違った魅力です。
刷毛目の部分は、ミルクココアのような甘い色味のベージュです。
b0132444_154321100.jpg

b0132444_1542483.jpg

b0132444_1544235.jpg

口内径 6センチ、口外径 7、5センチ×高さ 13、5センチ、36750円。
黒いダリアを口元に一輪、すこし長めに一輪なんてどうでしょうか。

横顔のうつくしい鉢。見込みが少なく縁に広がりがある鉢。盛り付けたお料理を
きれいに見せてくれそうです。
直径 20センチ×高さ 8センチ、5250円。
b0132444_15525913.jpg

b0132444_15531670.jpg

持ち手のついたピッチャー 小 口径6、5センチ×高さ 9センチ、4200円。
中 口径 6、5センチ×高さ 10センチ、5250円。
小は180cc、中は200ccはいります。ミルクの白がなんともはえそうです。
水切れもばっちりです。
b0132444_15575324.jpg

b0132444_15581379.jpg

b0132444_15593127.jpg

カップ 右 口径 8センチ×高さ 9、5センチ、4200円。
左 口径 9センチ×高さ 9、5センチ、3150円。
b0132444_1633556.jpg

右側のカップは、内側に灰が降っています。
b0132444_1644025.jpg

左側のカップは、内側にも刷毛目が。
b0132444_1652067.jpg

田宮さんのお家では、にんにく入れとして使われているふたもの。
皮がついたままのにんにくを入れておくと、半年くらいは元気でいてくれるそうです。
釉のかかっていない焼締ならではです。
こんな感じにお使いでした。
b0132444_16844.jpg

b0132444_1682496.jpg

ふたもの色々も送っていただきました。
b0132444_1692127.jpg

一番大きなものが、口径 7、5センチ×高さ 10センチ、12600円です。
一番小さなものは、朝の小梅入れによさそう。口径 7センチ×高さ 8センチ、
8400円。 

炭化板皿 縦 15センチ× 横 26、5センチ、6300円。
ざらざらした紙に白いクレヨンで描いたような色が出ています。
思うに任せない火の仕事です。
表も裏もどちらの色も捨てがたく、どちら側を表に置くか迷います。
b0132444_16262075.jpg

b0132444_16263479.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-08-05 16:14 | 新入荷のお知らせ


<< 田宮亜紀さんの器 実践編 今日は何の日? >>