須田二郎さんの木のうつわ

八王子で制作されている須田二郎さんからうつわが届いています。

大きすぎないボウル、登場回数多いこと必至です。

●今の季節、蒸し野菜を熱々のうちにオリーブオイルと粉チーズとざっくり混ぜる
サラダ、美味しそうです。

●熱々ごはんに蕪の葉とじゃこを炒めて甘辛く味付けたもの+甘い炒り卵の
混ぜご飯。

●ごはんを盛ってテーブルに。コチュジャンや砂糖、しょうゆ、味噌、にんにくで
韓国風に味付たそぼろとナムルいろいろとたっぷり葉野菜で
まきまき大会。

熱々のものがべしゃっとしないのも、木のうつわのうれしいところです。

j1306 カシ、直径26㎝×高さ12㎝、9450円。
b0132444_17142534.jpg

b0132444_1714341.jpg

j1305 サクラ、直径26㎝×高さ11㎝、9450円。
b0132444_171561.jpg

b0132444_17151622.jpg

j1303 サクラ、直径25㎝×高さ8.5㎝、7665円。
b0132444_17114484.jpg

b0132444_17115865.jpg

j1304 カシ、直径24㎝×高さ11㎝、8400円。
b0132444_17121037.jpg

b0132444_1712177.jpg

j1301 ナラ、直径21.5㎝×高さ7.5㎝、5250円。
b0132444_17123992.jpg
b0132444_17124633.jpg

オイル仕上げなので、普通に器としてお使いいただけます。

最初に何回かサラダボウルとしてお使いいただくと、ドレッシングがコーティングの
作用がありしみにくくなります。

うつわが白っぽくかさっとしてきたら、ご自宅のサラダオイルやオリーブオイルを
たっぷり塗りこんでください。

お使いいただくうちに、木の色が深みをましていくのも木のうつわを
使う愉しみです。

(T)
by shizen-gallery | 2014-02-24 17:13 | 新入荷のお知らせ


<< 清岡幸道展 5  清岡幸道展 4 >>