人気ブログランキング |

若林幸恵展 1

明日9日(土)からは、若林幸恵展です。

2013年 11/9sat-11/14thu
12:00~19:00(最終日は17:00まで)


若林さんは会期中全日在廊予定です。
b0132444_16292016.jpg

写真:池田裕一

b0132444_16313687.jpg
b0132444_16314699.jpg


1.白い絵の大皿 24,150円 Φ25cm×H4.5cm
b0132444_16354913.jpg


2.チェックのボウル 15,750円 Φ10.5cm×H7cm
b0132444_16364119.jpg
b0132444_16365162.jpg


3.小箱(白い絵) 各31,500円
 左上Φ8cm×H7cm 右上Φ7.5cm×H6cm 下Φ9.5cm×H5.5cm

朱や黒の塗りを施した後に白い漆をスポンジのようなものではたきつけ、
白い漆を掻きだすように模様を描かれている白い絵です。
b0132444_16375240.jpg
b0132444_16375858.jpg


4.汁椀、木地呂椀 各13,650円
b0132444_16415052.jpg

木地呂椀(とりと実)  Φ12cm×H7.5cm

お待ちかねのとりのお椀、たくさん描いてくださいました。
どれも違う絵柄、どうぞじっくりお選びください。
b0132444_1642995.jpg

汁椀(葉ととり) Φ12.5cm×H7cm
b0132444_16422125.jpg

汁椀(花鳥) Φ12.5cm×H7cm
b0132444_16423080.jpg


5.木地呂椀(とり) 13,650円 Φ12cm×H7.5cm
  木地呂小椀(とり) 10,500円 Φ10.5cm×6.5cm

わくわくと心が浮き立つ絵柄。
b0132444_1653364.jpg
b0132444_16531032.jpg

木地呂椀、左が若林さんが2年程お使いのものです。

右が今回ご出品くださっているお椀です。
b0132444_1832849.jpg
b0132444_1833657.jpg


6.大椀(左:ぶどう)(右:のぎく) 各23,100円 Φ11.5cm×H9.5cm
b0132444_16553024.jpg


7.大椀(桃の花) 奥:内黒、手前:内朱 各21,000円 Φ15.5cm×H11cm 
b0132444_16562577.jpg
b0132444_16563872.jpg


8.木皿(ケヤキ) 上:4,725円 Φ15cm×H3cm 下:5,250円 Φ19cm×H5cm
  朱皿(淡口) 21,000円 Φ21cm×H5cm
b0132444_16585381.jpg

b0132444_1741149.jpg

左は、若林さんのおうちで6年程お使いの朱皿です。
まったり、つややか。

朱皿を見た瞬間、カレー♪と思ったのですが、おうちでもカレーを
美味しくお召し上がりだとか!
元気をくれる、朱色の器です。
b0132444_17363254.jpg

若林さんの旦那様のお店 江古田の焼き菓子&カフェ&アート大橋屋さんのオートミールクッキーと
ハーブのクッキーを木皿(ケヤキ)に。

大橋屋さんのメニューのビスコッティに、豆乳のクッキー。
どれも絶賛大ファンです!!!

カップは、白石陽一さん。
b0132444_17492727.jpg
b0132444_17493379.jpg


9.蓋付盛器 Φ16.5cm×13.5cm
奥:淡口:37,800円 前:ふき漆黒:33,600円 
b0132444_1755461.jpg
b0132444_1761282.jpg

ころりと愉しいかたち。

蓋は、器にもなるのです。
b0132444_1762151.jpg


10.マグカップ 17,850円 Φ8.5cm(持ち手まで12.5)×H7.5cm
   木皿ケヤキ 上:4,725円 Φ15cm×H3cm 
b0132444_1795560.jpg


11.木杓子 31,500円 長さ35~37cm 
b0132444_17102717.jpg
b0132444_17103646.jpg


12.手ぐりの器各種 10,500円~12,600円
b0132444_17122912.jpg
b0132444_17124266.jpg

左が若林さんがご使用の手ぐりの器です。

お使いの器も店頭に並べています。
どうぞ比べて、ご覧ください。
b0132444_184587.jpg


13.手ぐりの大皿 63,000円 Φ(一番長いところ)53cm×H6cm

晴れ晴れする大きさの大皿。
窓際にぽんと並べました。

手巻き寿司の具材も、酢飯も全部のっちゃうな。

茸のマリネに、ナッツと南瓜のサラダ、蓮根とドライトマトのサラダ、
それから、それから。
薄切りのバゲットにあれこれ乗せたブルスケッタ、ずらりと並べてみたいのです。
b0132444_17131516.jpg


14.桐の箱 168,000円 Φ(一番ながいところ)40cm×H35cm
b0132444_17161771.jpg
b0132444_17162795.jpg

毎日のくらしに、漆のうつわを。

若林さんの漆のうつわに、会いにいらしてください。

(T)
by shizen-gallery | 2013-11-08 16:26 | 展覧会のお知らせ


<< 若林幸恵展 2 若林幸恵展のご案内 >>