人気ブログランキング | 話題のタグを見る

和菓子とうつわ~櫻始開~展のご案内 2 

来る3月23日(土)から28日(木)まで「和菓子とうつわ~櫻始開~展」を催します。
(最終日17時まで)

参加作家

大村剛(陶)
鎌田克慈(漆)
白石陽一(磁)
長谷川まみ(金属)
松宮洋二(陶)

peddle(菓子制作)

在廊日 白石 23日(土)、鎌田 28日(木)
-------------------------------------------------------------
3/23(土)、24(日) 12時~18時
haruカフェ(菓子:peddle、煎茶:八女茶くま園)

参加作家の器で、和菓子をお茶をお召上がりいただけます。

-------------------------------------------------------------
案内状の写真です。
写真:池田裕一

和菓子とうつわ~櫻始開~展のご案内 2 _b0132444_11261593.jpg


3月23日(土)、24日(日)に催すharuカフェ。

和菓子のおとも、煎茶は福岡は八女茶くま園さんの煎茶をお召し上がりいただきます。

先日は、5000本の茶苗を植えられたそう。
お茶摘みは毎年されますが、茶苗を植えるのは30年に一度の作業とか。
和菓子とうつわ~櫻始開~展のご案内 2 _b0132444_13465763.jpg

作業は、

1.簡単な畝をつくる
2.苗がまっすぐ並ぶように、ロープでガイドをつくる
3.穴をほる
4.穴に苗を置き、土をかぶせる
5.苗の周りを軽く踏み固める
6.苗が安定するように、背を低く切り揃える

(ブログ「くま日記」より。)

5000本、気の遠くなる作業です。。
和菓子とうつわ~櫻始開~展のご案内 2 _b0132444_13461142.jpg
和菓子とうつわ~櫻始開~展のご案内 2 _b0132444_13464069.jpg

今回haruカフェでお召し上がりいただくのは、
昨年の八十八夜、5月1日に摘まれたお茶「八十八夜摘 やぶきた 2012年」です。

年によっては、雨でお茶摘みができなかったり、芽がお茶摘みによい
状態でなかったりで毎年摘めるとは限らないのですが、
昨年は大変よいお茶が摘めたのだそうです。

昔からこの日に摘んだお茶は味がよく、健康長寿の縁起物とされてきました。

カフェでお召し上がりいただく以外に、50グラム入りのパックも
あわせて販売いたします。

どうぞご賞味くださいませ。

明日22日(金)は、店休日です。

(T)
by shizen-gallery | 2013-03-21 13:48 | 展覧会のお知らせ


<< 和菓子とうつわ~櫻始開~のご案内 3 正島克哉さんのマット粉引長丸角皿 >>