人気ブログランキング |

李慶子さんの器

先日のブログでご紹介させていただいた、李慶子さんのうつわのご紹介です。

李慶子さんは大阪でガラスの作品をつくっていらっしゃる作家さんです。

光がきらきら
とっても素敵

私の写真が下手すぎて、
この美しさをうまくお伝えできないのが、とても心ぐるしいです・・・。

まずは、石ころシリーズからご紹介。
巻き取ったガラスを石の板にたたきつけながら形作られています。

◆左から、
石ころグラス 3150円 径7.3×8.8
石ころグラス(高)3675円 径7×13.5
b0132444_16104560.jpg

b0132444_16114959.jpgb0132444_1612389.jpg
b0132444_16122546.jpg

◆石ころの鉢 3570円 径9.8×7
b0132444_1613626.jpgb0132444_16131563.jpg















Reciシリーズのご紹介です。
Reciは”ねじる”という意味。
底の角柱の部分は、型で成形し上の方にだけ息をいれて
形作られています。

型から出し、角柱の部分だけ焼いて型に入れてねじられています。
とてもとても難しい作業でいつも四苦八苦されているそうです。

◆Reciグラス 4410円 
径5.7×15.5
b0132444_16134535.jpgb0132444_1614122.jpg
















◆Reciカップ 4200円 
径10.5×9.2
b0132444_16142866.jpgクリスマスには海老のカクテルソース。
お正月には黒豆なんていかがでしょう。
艶やかな黒豆、きっときれい。
















b0132444_1615060.jpgb0132444_1615109.jpg


















◆貝のお皿 3990円 たて17×横19×高さ2.2
b0132444_16152767.jpg
b0132444_16154069.jpg
b0132444_16155228.jpg


ローストビーフをひらひらと
花びらのようにのせてみたいです。



藤野さんの折敷にのせて
藤野雅也 プレート L 12600円
b0132444_1572623.jpg

お正月などのテーブルに、
漆とガラスを合わせるのもすごく素敵です。

-----------プロフィール--------------------------
李慶子 Lee Keiko
1990年   美術専門学校卒業後、デザイン事務所勤務など
1998年   愛知県バルト工房にてガラスを学び始める
1999年~  岐阜県 大河内ガラス工房勤務
2003年3月 大阪府寝屋川市にてガラス工房Ha-Na開設
----------------------------------------------------

(S・T)

 
 
by shizen-gallery | 2011-11-14 12:07 | 新入荷のお知らせ


<< 今日のばんごはん 今日の日々花 >>