松宮洋二展 3

初日に在廊してくださった松宮さん。
うかがったお話しをメモのように、つらつらと。


信楽で土のうつくしさに魅せられ、その気持ちのままに制作を
されています。


土は、過去のもの。過去のものである土に合う仕事をしたい。


釉薬に語らせるのではなく、土が語る仕事がしたい。


自分が見飽きない仕事を定番でしている。ムーンに、粉引き。
粉引きは、ご自宅の裏でとれる土を使われています。
地元の杉灰を使われ、地産地消?のお仕事。


いろいろ取り組まれていることを、終始「遊んでる」と
おっしゃっていました。
うかがっている私も、わくわくと。


ぐっと気温が下がったので、あたたかそうに模様替え。

b0132444_16512928.jpgb0132444_16513896.jpgb0132444_16514820.jpgb0132444_16515850.jpgb0132444_1652734.jpg
b0132444_17153823.jpg
和にも、洋にも。
自由にくみあわせ。


































































松宮洋二展は、明日17時までです。

(T)
by shizen-gallery | 2011-10-05 16:40 | 展覧会のお知らせ


<< 長井梨恵展のご案内 秋一献~松宮洋二さんの器で >>