人気ブログランキング |

増田勉さんの器

神奈川県で作陶されている増田勉さんの器が届きました。

まずは、飯碗から。
右 黒釉碗(安南)、口径13センチ×高さ7.5センチ、2940円、
左 黒釉飯碗、口径12.5センチ×高さ6センチ、2730円。

黒い飯碗に、つやつやの真っ白炊き立てごはん。
ごはんが引き立つこと、間違いなしです。
b0132444_17575388.jpg
b0132444_17575831.jpg

右 粉引飯碗 丸、口径12.5センチ×高さ6.5センチ、
左 粉引飯碗 反、口径12.5センチ×高さ6センチ、各2730円。
粉引の同じお仕事ですが、形でまったくイメージが違います。
お好みは、どちら?
b0132444_17593774.jpg
b0132444_17594230.jpg

今日は、丸!
b0132444_183711.jpg

緑釉飯碗、口径13センチ×高さ7センチ、2730円。

増田さんのイメージは、生姜の混ぜご飯や雑穀ごはん、色のはいった
ごはんを盛る感じだそうです。

つやのある緑釉、艶やかな白米の艶同志も引き立てあってきれいだと
思いますよ、増田さん。
b0132444_182626.jpg

b0132444_1823719.jpg

五寸も三寸も大好きだけれど、六から七寸も素晴らしい働き者。
取り皿に、大きすぎず小さすぎず。

粉引皿は、深さがあるので汁気のあるおかずにも。
見込みがたっぷり、おでんの具もたっぷり取り分けられそうです。

右 刷毛目皿 六寸、直径19センチ×高さ3.5センチ、3150円。
左 粉引皿 六寸深、直径18.5センチ×高さ4センチ、3360円。
b0132444_1832594.jpg

b0132444_185743.jpg

粉引五.五寸皿、直径17センチ×高さ3.5センチ、2520円。
b0132444_1872089.jpg
b0132444_187308.jpg

緑釉鉢 深 八寸、直径23センチ×高さ7.5センチ、7980円。

茹で玉子入り豚の角煮。春になったら、蕗と厚揚げ煮。
炒り鶏に、高野豆腐の肉詰め煮。
大根の煮たのに、柚子をぱらりもきれいだろうな。
冬瓜煮たのも!
あれ、煮物づくし。

では、大根とうどとセリのサラダ、それから、それから。。。
色の入った大きな鉢、いつものお料理が違った表情に。
b0132444_1891586.jpg
b0132444_189237.jpg

刷毛目ドラ鉢 八寸、直径24.5センチ×高さ7センチ、8400円。

ぽつぽつと浮かんだ土の鉄分の黒がよい風情。
b0132444_18102422.jpg
b0132444_18103371.jpg

裏を返すと、双魚が泳いでいます。
b0132444_18104054.jpg

フツウのごはん、いつもの。
そんなごはんが作りたくなる、増田さんの器です。

(T)
by shizen-gallery | 2011-02-12 13:48 | 新入荷のお知らせ


<< 西伊豆 かいとく丸さんへ 小谷田潤さんの器 >>