人気ブログランキング |

久保裕子さんの石文鎮

冷たい雨の一日となった東京。
まだ紅葉した葉も残っているけれど、季節がすすんでいるのを感じます。

富山の久保裕子さんから、秋と冬の石文鎮が届きました。
季節を感じながら、作品を作られる久保さん。
基本的には、その季節にしか見られない石文鎮です。

石文鎮 秋、たて9センチ×横10センチ×高さ3センチ、12600円。
文鎮の裏と表面から落葉を描いているので、水に沈んだ葉と水面に浮かぶ
葉両方が見られます。
b0132444_18125519.jpg

繊細な紅葉した葉のグラデーション、どうしてこんなふうに
描けるのでしょう。落葉を見たときのように、心が潤みます。
b0132444_1813663.jpg

石文鎮 秋、たて8センチ×横9センチ×高さ3センチ、12600円。
b0132444_18141368.jpg
b0132444_18142191.jpg

石文鎮 秋、たて8センチ×横8、5センチ×高さ3センチ、8400円。
b0132444_18151139.jpg

石文鎮 冬、たて8、5センチ×横10センチ×高さ3センチ、10500円。
冬の石文鎮は、窓が小さくなっています。
雪のつもった池のように。

冷たい冷たい水の中、魚たちはひっそり春を待っています。
b0132444_18184385.jpg

春待ちミーティング中?
b0132444_1829884.jpg

石文鎮 冬、たて8センチ×横8、5センチ×高さ2、5センチ、6300円。
b0132444_18171924.jpg

来るクリスマスの贈り物に。落ち葉や木の実の赤がさえざえと。
一年頑張ったご自分へのご褒美にも。

(T)
by shizen-gallery | 2010-12-13 18:11 | 新入荷のお知らせ


<< お取り分け係 いろいろ 清水なお子さんの器 >>