人気ブログランキング |

津坂さんと久保さんの花器

展覧会中のおふたりの花器に夏の花を生けました。
「水も楽しむ花器」と名づけられた、久保裕子さんの花器。
水が入ることで、ガラスの曲面がキラキラ際立ちます。
水も楽しむ花器(小)、口径3.5~8×高さ8センチ、4200円
b0132444_14264812.jpg

くぼみが作ってあるため、細い茎ものも生けやすいのです。
水も楽しむ花器(大)、口径5~11.5×高さ16.5センチ、8190円
b0132444_14273182.jpg

水柱(大)、上8×下10×高さ17.5センチ、10500円
b0132444_14275395.jpg

津坂陽介さんの花器は、何を生けようか、想像力ふくらむカタチ。
銀の花器(Y)、19×7×高さ21センチ、7350円
b0132444_14413655.jpg

銀箔をまいて吹くと、内側がガラスに溶けて、
金色の輝きが生まれるそうです。
ごらんください。外側は銀色ですが…
b0132444_14414876.jpg

内側は黄金色なのです。
いろんな角度から楽しみたい花器です。
b0132444_1442027.jpg

梅雨も明けて、太陽のまぶしい季節となりました。
今回の展覧会は22日(木)までです。
ガラスの涼を求めて、どうぞお出かけください。
最終日には、久保さんが在廊してくださいます。

(K)
by shizen-gallery | 2010-07-18 14:33 | 展覧会のお知らせ


<< 今日のごほうび 津坂陽介・久保裕子~ガラス二人展~ >>