人気ブログランキング |

五味謙二さんの器通信 3


今日は、お月見に日本酒で晩酌の器をご紹介いたします。

▽昨日展覧会のご紹介をした、五味謙二さんの片口。結構たっぷり入ります(400cc)。
彩土器片口鉢  大きさ 口径10cm×高さ9.5cm 6300円
b0132444_14521486.jpg

五味さんの片口のお供に、優しい雰囲気の長谷川奈津さんのぐいのみがぴったりです!
ぐいのみ 径8cm×3.5cm 3150円
そして、秋といえば栗。柏木江里子さんのクリのティーマットにのせました。
ティーマットの大きさは、横幅が約27cmくらい 2940円
▽表側の布が昭和初期の着物地(素材は麻)で、模様は茶屋辻文様です。近くから見ると・・。
b0132444_1515171.jpg

▽お酒を注いでみると・・。こんな感じになります。キレは抜群です。
b0132444_14575721.jpg

▽ぐるりと片口を見てみましょう。
b0132444_153344.jpg
b0132444_1531450.jpg
b0132444_1532386.jpg

伏せた所は、なんだか陸ガメが頭としっぽを隠したときのような丸味で、撫でたくなってしまいます。
そう、五味さんの器は、見た感じだと表面がごつごつ荒々しいのかしら、と思いきや滑らかで、持った時も指に触る感触が優しいです。

作家さんの人柄が出ているのでしょうか・・。
こちらの片口鉢は、お酒だけでなく、これからの季節、お鍋の時に足す出汁を入れたりと、活用できそう。

(A)
by shizen-gallery | 2009-09-11 14:49 | shizenのお知らせ


<< しろ くろ どっち? 増田勉陶展と五味謙二陶展のおしらせ >>