人気ブログランキング |

和田純子さんのガラス

石川県小松市で、パイレックスのガラスを使って作品を作られている和田純子さんが
作品を持って、SHIZENにいらしてくださいました。

色をたのしみたい温かい飲み物。ホットワイン、お花の開く中国茶、紹興酒。
それから、それから。
でも、それを入れる器。
なかなか耐熱の素敵なガラスの器にめぐり合えずにいました。

和田さんのガラスの器は、レンジにもかけられます。
夏だけでなく、冬も大活躍のガラスの器にめぐり合いました。

ちろり、口径 5センチ、持ち手までの高さ 19センチ、注ぎ口までの長さ 15センチ、
21000円。
b0132444_18522051.jpg

なかには、氷が入れられる落としがあります。
ずっと冷たいまま、お酒が美味しくいただけます。切れも、ばっちりです。
b0132444_18543664.jpg

おともの盃、口径 7センチ×高さ 5センチ、3150円。
b0132444_18563428.jpg

気泡のポイントが。
b0132444_185771.jpg

レースが施されたカップ&ソーサー、5250円。
b0132444_1858971.jpg
b0132444_18582389.jpg

カップは、口径 7、5センチ×高さ 7センチ。
b0132444_1859866.jpg
b0132444_18591915.jpg

ソーサーは、直径 12、5センチ×高さ 2センチ。
b0132444_18595958.jpg

和田さんには、12月12日(土)からの「冬のおくりもの」展にご参加いただきます。
使いやすいお醤油さしもお作りの和田さん。12月がたのしみです。

(T)
by shizen-gallery | 2009-07-30 18:17 | 新入荷のお知らせ


<< 小澤基晴さんの器 森田千晶さんの和紙のワークショ... >>