人気ブログランキング | 話題のタグを見る

増田勉さんの工房へ

竹本ゆき子さんの工房を後に、増田勉さんの工房へ向かいます。
東京からそんなに離れていませんが、緑濃い山の道です。
増田勉さんの工房へ_b0132444_1546081.jpg

増田さんの工房は、昔工場だったそう。広ーい、広ーい工房です。
棚にずらりと作品が並びます。年代順になっているのだそう。
図書館みたいで、見やすいです。
増田勉さんの工房へ_b0132444_1547551.jpg

梱包スペースもすっきりと。
増田勉さんの工房へ_b0132444_15473532.jpg

作業スペースは、またしきりがあって独立しています。
増田勉さんの工房へ_b0132444_1557294.jpg

9月のSHIZENの個展用の作品もちらり。
増田勉さんの工房へ_b0132444_15571666.jpg
増田勉さんの工房へ_b0132444_15573419.jpg
増田勉さんの工房へ_b0132444_15574931.jpg

大好きな釣りの道具も、ご自分で作られます。
増田勉さんの工房へ_b0132444_1623120.jpg
増田勉さんの工房へ_b0132444_1624795.jpg

こちらも作られた棚。他の作家さんの作品が並びます。
SHIZENでお求め頂いたものも。。。
増田勉さんの工房へ_b0132444_1633918.jpg
増田勉さんの工房へ_b0132444_1635783.jpg

田谷さんのお母様直伝の山椒じゃこ炒りを増田さんの器で頂きました。
山椒の葉と実、じゃこと胡桃を炒ったもの。免許皆伝?増田さん製です。
増田勉さんの工房へ_b0132444_1674590.jpg
増田勉さんの工房へ_b0132444_1675925.jpg

図書館のような棚の中から選ばせて頂いた増田さんの器です。

粉引片口深皿、口径29センチ×高さ6、5センチ、12600円。
人参のナムルにもやしのナムル、キャベツのナムル、ナムルを何種類ものせてみたいです。
ごはんを盛って、ナムルをのせてコチュジャンを足して、混ぜ混ぜ。
大人数の集まりにビビンパを作っても愉しそう。
増田勉さんの工房へ_b0132444_17122844.jpg

籾灰釉皿、口径28センチ×高さ7センチ、12600円。
翡翠を思わせるようなきれいな色です。茄子をきれいに煮揚げて、生姜の千切りを
たっぷりと盛り付けたらきれいかな。
増田勉さんの工房へ_b0132444_17382034.jpg

貝のめあとが。
増田勉さんの工房へ_b0132444_17395050.jpg

裏を返しても、釉の変化がうつくしいです。
増田勉さんの工房へ_b0132444_1740834.jpg

飯碗いろいろ。
増田勉さんの工房へ_b0132444_17455959.jpg

右から、最近始められた樫灰釉の飯碗。
樫の木の灰の釉薬です。釉が濃くかかったところは、ほんのり琵琶色。
薄くかかったところのグレーと、琵琶色が交じり合って曇りの日の夕焼けみたいな色。
白いごはん、きれいだと思います。

口径12センチ×高さ6センチ、2730円。
増田勉さんの工房へ_b0132444_1747853.jpg
増田勉さんの工房へ_b0132444_17472016.jpg

定番でお願いしている黒釉飯碗、口径13センチ×高さ6センチ、2730円。
増田勉さんの工房へ_b0132444_1822090.jpg
増田勉さんの工房へ_b0132444_1823317.jpg

林檎灰釉飯碗、口径13センチ×高さ6センチ、2730円。
増田勉さんの工房へ_b0132444_1845878.jpg
増田勉さんの工房へ_b0132444_1851282.jpg

9月26日(土)から10月1日(木)まで、増田勉さんに個展をお願いしています。
秋の夜長に、増田さんの器。
秋のごはんが美味しそうな器もお願いしています。

(T)
by shizen-gallery | 2009-07-21 15:55 | つれづれ


<< はしごを持って・・。 田谷直子さんの工房へ >>