人気ブログランキング |

正島克哉さんの耐熱の器

久留米市で作陶されている正島克哉さんから、耐熱の器が届きました。
いつもお願いしている片手土鍋中、直径15、5センチ×高さ8、5センチ、
持ち手までの長さ14、5センチ、各3780円。
一家に一台、片手土鍋。一人分のラーメン、雑炊、鍋焼きうどん。
二人分くらいのお味噌汁をテーブルで取り分けて。あつあつのままいただけます。

ごま油をしいて、ごはんを入れて火をつけて、ばちばちいってきたらナムルをのせて、
テーブルへ。コチュジャンを入れて、まぜまぜ。石焼ビビンバも。
b0132444_1932574.jpg
b0132444_19322017.jpg

粉引刷毛目ごはん土鍋、直径18センチ×高さ15センチ、蓋までの高さ22、5センチ、
15750円。5合弱炊けます。
正島さんの研究の結果、この筒型が水の対流がよく美味しくご飯が炊きあがるそうで
この形でごはん土鍋を作られているのだそうです。
ふきこぼれしないのと、熱がこもるように二重蓋になっています。
b0132444_19323595.jpg
b0132444_193377.jpg

b0132444_19344728.jpg

黒釉ごはん土鍋、直径15、5センチ×高さ12センチ、蓋までの高さ18、5センチ、
12600円。2合炊きです。
b0132444_19332018.jpg
b0132444_19333498.jpg

b0132444_1935715.jpg

粉引刷毛目土鍋、直径29センチ×高さ8センチ、蓋までの高さ17センチ、
24150円。
b0132444_19352365.jpg
b0132444_19354197.jpg
b0132444_19355320.jpg

昨年、大阪の堺市の器屋さんoogiさんでの正島の個展のDMです。
赤っぽく写ってしまいました。。。粉引刷毛目の耐熱の器です。
衝撃の美味しそうさにも戦慄でしたが、器のこげや貫入にもしびれました。
この器は、正島さんのお宅で使われている器なのだそうです。
こんなふうに、美味しい勲章を刻み続けられたらいいなぁと思いました。
b0132444_1936515.jpg

今回、正島さんから届いた中に一緒に入っていたリーフレット。
「工房正島」に寄せられた耐熱の器への質問事項をまとめたQ&Aです。
中華鍋以外の調理器具は全て自作の土鍋をお使いの正島家。
なるほど、なるほどです。
b0132444_19361964.jpg
b0132444_19362938.jpg

(T)
by shizen-gallery | 2009-01-29 19:33 | 新入荷のお知らせ


<< 春の心地よい風を感じる器 1月のかえる食堂 >>