人気ブログランキング |

若林幸恵さんのお椀いろいろ

川越市で漆の器を作られている若林幸恵さんが、器を持っていらしてくださいました。
木地からご自分で作られています。

手のひらにのせても余るくらい、小さな小さな豆椀。思わず声をあげてしまう可愛さです。
口径7、5センチ×高さ7センチ、21000円。
b0132444_20255562.jpg

雛あられを入れて、お雛様にお供えしたいです。
b0132444_20264926.jpg

b0132444_2027534.jpg

お雛祭りのちらし寿司のお取り皿に。
皿 口径11センチ×高さ3、5センチ、7350円。縁に金を塗って、また上から
漆を塗っています。透けて見える金色が上品な華やかさ。
b0132444_20293954.jpg

裏もきれい。
b0132444_2030874.jpg

大椀 口径14センチ×高さ9、5センチ、15750円。
あたたかいおつゆをはって、そばがきの揚げだし。大根おろしを添えて。
細かく根菜を刻んだけんちん汁もいいな。
b0132444_2030378.jpg

白い絵のうつわ、口径15、5センチ×高さ9センチ、21000円。
鳥がおしゃべりしています。
b0132444_20364636.jpg

くるりとまわすと蝶もとんでいます。
b0132444_2037292.jpg

縁には、点々と金が。
b0132444_2039257.jpg

鳥と実の椀、口径13センチ×高さ8センチ、15750円。
b0132444_20395249.jpg

写真が悪くて見づらいですが、左下のほうに山帰来のような実が。
b0132444_204017.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2009-01-10 20:29 | 新入荷のお知らせ


<< 小池久代さんのおひなさま 今年もよろしくお願いします。 >>