人気ブログランキング |

宴に・・。


まだまだ、年末という実感の湧かない私ですが、世の中では忘年会で盛り上がっているようですね・・。

でも「年迎えの支度展」が始まってから、そうだ、こういうのが家の食器棚になかったな・・・。と新年の食卓にも日常でも活躍する片口鉢シリーズをご紹介いたします。

なにかと人が集まる時に大きめの鉢があると便利。
▽山岸厚夫さんの刷毛根来片口 大きさ 口を含めると19cm×10.5cm ¥31500
b0132444_1738760.jpg

日本酒をたっぷり注いで、みんなで宴会!私の実家では、お正月用のなますやお煮しめは京にんじんを使い、赤みがより色濃くなるので、漆の片口になますを入れると綺麗だろうな・・。花器としてもいいですね。

b0132444_17491455.jpg

b0132444_17492631.jpg

△左 伊藤環さん 片口鉢径26.5cm×6.5cm ¥12600
  右 今泉 毅さん 鉄黒 二色丸片口 大 径22.5cm×9cm ¥9450
伊藤さんは浅鉢なので、宴のお刺身や数の子、黒豆、田作りを盛り付けて。
今泉さんは、少し深めなので、お肉の時雨煮や、焼き豆腐の出汁煮など汁気のあるものにも。

b0132444_19424682.jpg

b0132444_19463249.jpg

△こちらは、今泉さんのまた違う表情の白貫入片口。大きさ径21cm×8cm ¥8400

b0132444_19482175.jpg
b0132444_19483272.jpg

△伊藤さんの大きめのイス灰片口大鉢 径28.5cm×10cm ¥24150
ちらし寿司をどーんと盛り付けたり、八つ頭の煮物をごろごろと。


家族が帰ってくる大家族の方や、二人でゆっくりとお正月を迎える方、それぞれに大きさがそろっています。
私は、いつも実家へ帰るとハレの器、お正月の時に揃うお重や折敷、漆のお椀や大きな器が並んだ食卓を囲むと、新年だ。と心がウキウキします。
もうすぐお正月。

(A)
by shizen-gallery | 2008-12-08 17:51 | 展覧会のお知らせ


<< 山岸厚夫さんのお椀 年迎えのうつわたち >>