初冬の向付 展 ~うつわ勉強会基(もとい) 2

初冬の向付 展~うつわ勉強会基(もとい)、3日目です。

向付、どんなものを盛り付けたらよいのか。。
どうぞ難しくお考えなく。

いつものお惣菜を盛り付けるだけで、凛とお料理屋さん風になるのです(当社比)。
向付の魔法です。

片瀬和宏さんの銀塗丸向に、
えのきのアボカド和え。

名古路英介さんの端ばめ折敷に。
b0132444_17595261.jpg
橋村大作さんの硝子白紋四方向付に。

b0132444_18000914.jpg
安達健さんの八寸舟形鉢に、
大根と昆布とベーコンの塊煮を。

名古路英介さんの挽目端反盆 9.6寸 チェリーに。

b0132444_18001850.jpg
b0132444_18002872.jpg
松永真哉さんの黄瀬戸蓋付向付に。

名古路英介さんの端ばめ折敷にのせました。

b0132444_18003937.jpg
買ってきたキンパを
片瀬和宏さんの台向に。

b0132444_18005080.jpg
竹下努さんの青白磁八角台皿に。

b0132444_18010369.jpg
明日は、竹下努さん、中西申幸さんが在廊してくださいます。

(T)





# by shizen-gallery | 2018-11-16 18:01 | 展覧会のお知らせ

初冬の向付 展 ~うつわ勉強会基(もとい)

明日からは、初冬の向付 展~うつわ勉強会基(もとい)が始まります。
案内状の写真です。
b0132444_21285254.jpg
写真 栗原かほり

初冬の向付 展~うつわ勉強会基(もとい)

2018年11月14日(水)-19日(月)会期中無休

12時~19時(最終日17時まで)

参加作家

安達健(陶)
片瀬和宏(陶)
新道工房(磁)
竹下努(磁)
中西申幸(陶)
橋村大作(ガラス)
松永真哉(陶)
賛助出品:名古路英介(木・漆)

うつわ勉強会 基(もとい)の活動内容のご説明です。

motoi

私たちの暮らす世の中では今、社会の在り方の変容が随所で見受けられ、

先行きの不透明さが増しているように感じられます。

そして私共が生業とする“器”はいつの時代にも生活や文化に深く関わるがゆえに、

その影響を受けやすく、今もその変化のさなかにあるように思います。

 そこで、その先行きの不透明感が増す今だからこそ、ここであえて

自分達が生業とする“器”について、普段ついつい無意識で済ませてきた事が

どうしてこのような状態になっているのか、もともとは、どうであったかを

一から見つめ直すことの必要性を強く感じました。

同時に、まず世の中の喧騒から一歩身を引き、可視化を得意とするはずの作り手が

自ら活動し始めなくてはとおもいました。

ただ、一人の作り手だけでは偏った視点に陥りがちです。

そこで、年齢・立場の違う作り手たちが集まり、テーマを決め一から調べ

感じ、考え、物を作る。

 このように、一から調べ、感じ、思い、考える活動を“基(もとい)する”とし

私たちの集まりを「基(もとい)」と名付けました。

いつの日か、うつわを使う方々と一緒に、“基(もとい)する”機会がもてれば嬉しく思います。



うつわ勉強会 基(もとい)の目下のテーマは、向付です。

向付についてのご説明です。


向付

「向付」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「向付」と聞いたことのない方、聞いたことはあってもわからないとおっしゃる方は
たくさんいらっしゃいます。
茶懐石・会席料理など専門の方が使われるイメージ」の強いうつわで、
とても使いこなせないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ところが「一品付ける」という言葉は、よく聞いたりされたりしたことがあるかと思います。
それこそが「向付」の「付」。
「向」は家庭でもよくあるシチュエーションですが、飯と汁の
向こう側に置くということなのです。

それを合わせて「向付」といいます。

和食を食べ作られている方にとっては、無意識のうちに向付的な料理や
うつわには、誰もが触れていらっしゃるかと思います。

つまり「向付」とは、和食の奥底に流れるうつわの使い方の基本が詰まった
「うつわ」ということが言えるかと思います。

ここで「向付」の主な特徴をあげたいと思います。

①一品一人前の うつわ

②空間・時・人で選ぶ うつわ

③メッセージや話題を込めた思いやりの うつわ

冷蔵庫のなかった時代から、その日に手に入る食材を盛り付け、
茶懐石の一汁一菜における唯一の菜で、たった一人一品一皿でおもてなしをしてきた
うつわ「向付」。

お客様、親しい友人・家族と思いを巡らし一緒に「向付」を使ってみませんか?

作品のご紹介です。

安達健

3.が案内状の作品です。
1.葉形向付 緑灰釉 ¥3780 16×11×H3
2.三葉形向付 ¥3780 16×11×H3
3.四葉形深向付 ¥3780 14×12×H5
b0132444_18232801.jpg
b0132444_18233800.jpg
b0132444_18234952.jpg
4.菱形深向付 茶灰釉 ¥3780 14×13×H5
5.向付 長石釉 ¥3780 15×14.5×H6
b0132444_18240032.jpg
b0132444_18243539.jpg
b0132444_18244621.jpg
6.五葉形浅鉢 緑灰釉 ¥5184 20.5×15.5×H3.5
b0132444_18245602.jpg
b0132444_18250728.jpg
7.八寸舟形鉢 茶灰釉 ¥5184 13.5×9.5×H4
8.碗 長石釉 ¥3024 13×12×H6
b0132444_18251887.jpg
b0132444_18274023.jpg
b0132444_18274813.jpg
9.瓶子 淡緑灰釉 ¥27000 口径Φ4 ボディΦ23×H24
b0132444_18280540.jpg
b0132444_18281454.jpg
片瀬和宏

1.SLL片口 ¥7020 Φ9(注ぎ口まで10.5)×H7.8
2.SLL片口 ¥7020 Φ9(注ぎ口まで10.5)×H7.5
b0132444_19063143.jpg
b0132444_19064449.jpg
3.手付酒器 ¥16200 ボディΦ8.5(注ぎ口まで10.5)×H6(持ち手まで12)
4.酒器 ¥8640 ボディΦ6.5(注ぎ口まで12.5)×H7
5.脚付盃 ¥6480 7×7.5×H2
6.脚付盃 ¥6480 6.5×6.3×H2.5
b0132444_19065908.jpg
b0132444_19071054.jpg
7.星小皿 ¥2916 Φ6.5×H0.7
b0132444_19072258.jpg
b0132444_19073552.jpg
8.掛花 ¥10800 長さ 20 厚み 2
9.掛花 ¥7560 長さ 37 厚み 2
b0132444_19085714.jpg
b0132444_19090463.jpg
10.覗向 ¥5400 Φ8×H8.5
11.台向 ¥9720 Φ16×H4
b0132444_19091518.jpg
b0132444_19092467.jpg
12.SLL升向  ¥7560 8.5×8.5×H6.5
13.SLL升先付向 ¥4860 7×7×H6.5
b0132444_19093757.jpg
b0132444_19094804.jpg
14.SLL金塗丸向 ¥9720 Φ15.5×H4.5
15.SLL銀塗丸向 ¥7560 Φ15.5×H4.5
16.SLL金塗丸皿向 ¥15200 Φ20.5×H2.3
b0132444_19095712.jpg
b0132444_19100955.jpg
17.SLL細向 ¥8640 28.5×6×H3.5
b0132444_19105116.jpg
b0132444_19110504.jpg

新道工房

1.が案内状の作品です。
1.線文角鉢 ¥5400 11×11×H5
2.虎文雲華形向付 ¥6480 15.5×11×H2.5
3.兎と亀 向付 ¥4860 16×15.5×H2.5
b0132444_18354287.jpg
b0132444_18355032.jpg
4.走馬図雲華形向付 ¥7560 16×11.5×H3
5.餅食い唐子 向付 ¥5940 14.5×15×H5
b0132444_18355768.jpg
b0132444_18360536.jpg
b0132444_18361224.jpg
b0132444_18361979.jpg
6.栗鼠文隅入菱皿 ¥6480 18×13.5×H3
7.唐子網のぞき酒呑 ¥6480 Φ6.5×H6
8.唐子玉入れ高足酒呑 ¥8640 Φ7.5×H7
9.酒呑 ¥10800 Φ6.5×H5.5
b0132444_18362638.jpg
b0132444_18363546.jpg
b0132444_18364405.jpg
b0132444_18365396.jpg
b0132444_18380802.jpg
b0132444_18382091.jpg
b0132444_18382814.jpg
b0132444_18383617.jpg
10.梅と鶯図八角鉢 ¥17280 18×18.5×H4
11.唐獅子図八角鉢 ¥21600 18×18.5×H4
b0132444_18392150.jpg
b0132444_18393126.jpg
b0132444_18394106.jpg
12.花鳥図六角盤 ¥75600 27.5×27.5×H3.5
b0132444_18395022.jpg
b0132444_18400360.jpg
竹下努

2.が案内状の作品です。
1.青白磁四方台皿 ¥5940 13×12.5×H9.5
2.青白磁八角台皿 ¥5940 Φ14×H7.5
b0132444_18411280.jpg
b0132444_18412185.jpg
3.青白磁八角取り皿(福字) ¥3024 Φ14×H2.5
4.青白磁三ッ稜花平鉢 ¥3024 Φ15×H5.5
5.青白磁稜花鉢 ¥3672 Φ13.5×H5.5
b0132444_18413169.jpg
b0132444_18413941.jpg
b0132444_18441684.jpg
6.青白磁稜花平向 ¥3024 17.5×10.5×H2.8
7.青白磁木瓜鉢 ¥3024 16×12.5×H5
8.青白磁蓮華向 ¥3024 15.5×9.5×H5.5
b0132444_18442660.jpg
b0132444_18443517.jpg
9.青白磁片口 ¥3996 Φ9(注ぎ口まで10.5)×H9.5
10.青白磁酒盃 ¥2160 Φ7.5×H5
b0132444_18444537.jpg
b0132444_18445500.jpg


中西申幸

1.が案内状の作品です。
1.象嵌掛分結目向付 ¥7560 16.5×10×H4.5
2.象嵌蓮文三足向付 ¥5400 16×11.5×H3.5
3.掻き落とし鳳凰四足向付 ¥5400 16×10.5×H3
b0132444_18320434.jpg
b0132444_18321505.jpg
b0132444_18322398.jpg
b0132444_18323145.jpg
4.染付ロケット文四足向付 ¥5400 16×9×H3
b0132444_18323838.jpg
b0132444_18324550.jpg
5.刷毛目五寸半向付 ¥3780 Φ16×H4
6.桃形向付 ¥3240 15.5×14.5×H4.5
b0132444_18325370.jpg
b0132444_18330731.jpg
7.鳥遊戯画片口 ¥5400 8×8(注ぎ口まで10.5)×H8
8.鳥遊戯画猪口 ¥3780 Φ7.5×H5
b0132444_18332262.jpg
b0132444_18342064.jpg

橋村大作

2.が案内状の作品です。
1.硝子白紋向付 ¥4860 Φ13×H4.5
2.硝子白紋四方向付 ¥5400 12×12×H4.5
3.硝子白紋平向付 ¥6480 Φ15×H3
b0132444_18451007.jpg
b0132444_18590404.jpg
4.硝子枯草色向付 ¥7020 Φ14.5×H3.5
5.硝子クラック高台向付 ¥6480 Φ14×H4.5
6.硝子クラック輪花筒向 ¥5400 Φ9×H7.5
b0132444_18593792.jpg
b0132444_18595320.jpg
7.硝子箔黒筒向 ¥5400 Φ6.5(飾り含む8)×H7.5
8.硝子箔黒輪花筒向 ¥5400 Φ7×H6
b0132444_19000722.jpg
b0132444_19001814.jpg
9.CRACK 片口 クリア ¥5940 Φ10×11(注ぎ口まで12)×H6.5
10.CRACK 片口 グレー ¥7020 Φ10×11(注ぎ口まで12.5)×H7
11.CRACK ぐいのみ クリア ¥3780 Φ5.5×H5.7、(右側のもの)Φ7×4.3
12.CRACK ぐいのみ グレー ¥4320 Φ5.8×H4.8、(手前から2つめのもの)Φ6.8×4.5
13.CRACK ぐいのみ 白 ¥4320 Φ6.5×H5.3

b0132444_19011677.jpg
b0132444_19012958.jpg
b0132444_19014031.jpg
14.CRACK ロックグラス 白 ¥5940 Φ7×H9
15.CRACK 丸底グラス グレー ¥4320 Φ7.7×H8.7
16.CRACK ステムグラス ¥5940 Φ6×H9.5
b0132444_19015316.jpg
b0132444_19021353.jpg
b0132444_19022811.jpg
松永真哉

1.が案内状の作品です。
1.志野草花文筒向付 ¥4320 Φ7×H8.5
2.志野入隅角向付 ¥4860 9.5×9.5×H6.5
b0132444_19135471.jpg
b0132444_19140315.jpg
3.鼠志野芦文向付 ¥7560 15×15×H3.5
4.黄瀬戸蓋付向付 ¥8640 Φ14.5×H5(蓋含む高さ7.5)
b0132444_19141421.jpg
b0132444_19143010.jpg
5.御深井葉形向付 ¥5400 16×13.5×H3.5
b0132444_19144035.jpg
b0132444_19144951.jpg
6.志野猿文鉢 ¥24840 Φ24.5×H5.5
7.鼠志野鷺文鉢 ¥19440 Φ21.5×H5
b0132444_19145918.jpg
b0132444_19151354.jpg
b0132444_19152545.jpg
b0132444_19161756.jpg
b0132444_19181403.jpg
8.志野草花文輪花皿 ¥7020 Φ20×H3.5
b0132444_19173196.jpg
b0132444_19174043.jpg



9.緑釉段付皿 ¥4860 Φ17.5×H3
10.志野輪花皿(無地) ¥5508 Φ16.5×H3
b0132444_19183140.jpg
b0132444_19203173.jpg
b0132444_19204142.jpg
11.志野草文四方酒盃 ¥5940 5.5×5.5×H4
12.志野酒杯(皮鯨) ¥5940 Φ6×H5
13.鼠志野オモダカ文酒盃 ¥4536 Φ5.5×H4.5
14.御深井酒盃 ¥3456 Φ5.7×H5
15.唐津酒杯 ¥4860 Φ6×H4.5
16.美濃唐津酒杯 ¥3780 Φ6×H4
17.黄瀬戸六角盃 ¥4536 6×6×H4.8
b0132444_19205278.jpg
b0132444_19221528.jpg
18.灰釉小皿 ¥1512 Φ11.7×H2.7
b0132444_19222650.jpg
b0132444_19223768.jpg

名古路英介

1. 端ばめ折敷 OAK ¥9720 40×28.5×H1
b0132444_18290871.jpg
b0132444_18291471.jpg
2. 水面鉄鉢盆 9.6寸 WAL ¥17280 Φ30×H2
b0132444_18292082.jpg
b0132444_18292779.jpg
案内状の作品です。
3.二段縁丸盆 尺二 CHE ¥26460 Φ36×H3.5
b0132444_18293483.jpg
b0132444_18294246.jpg
b0132444_18294979.jpg
4. 挽目端反盆 9.6寸 CHE ¥16200 Φ29×H2.5
b0132444_18295620.jpg
b0132444_18302893.jpg
銘々に盛り付けることを考えてつくられる向付。

盛り付けてみると、食材の映え方にわくわくします。

お料理屋さんのお料理のような素晴らしい一品でなくてもよいのです。
買ってきたお惣菜やスィーツ。
旬のお野菜をそのまま。

盛り付けられた凛とうつくしい様にこころがはっとしたら、
それは向付のしあわせです。

明日は安達さん、橋村さんが在廊してくださいます。
どうぞお出かけくださいませ。

(T)


# by shizen-gallery | 2018-11-13 17:56 | 展覧会のお知らせ

工房くさなぎ(木)・花岡央(ガラス)~向寒の候 展 5

工房くさなぎ(木)・花岡央(ガラス)~向寒の候 展、
5日目です。

買ってきたスーパーの白菜のバラン酢サラダ、
まい泉のミニメンチカツバーガーと
ミニ海老カツバーガー、
野菜ジュースのおひるごはんです。

工房くさなぎさんの角トレイ 隅丸型 350×150 タモ 拭漆に。

花岡央さんの Plus グラス クリアグレーに白菜のバラン酢サラダを。
ホワイトに野菜ジュースを。

角トレイは今回の新作、Plusシリーズは関東で初お目見えです。

添えたフォークは、平岡正弘さん作です。
b0132444_14113129.jpg
b0132444_14114317.jpg
b0132444_14115341.jpg
b0132444_14120038.jpg
b0132444_14120738.jpg
b0132444_14121495.jpg
細長いトレイは、
晩秋の鮮やかな落ち葉をあしらってぐいのみいろいろに
いくらおろしをのせてお出ししたり、
秋の食材のブルスケッタをずらり盛り付けたり、
おせち料理を絵を描く様に盛り付けたり。

Plus グラスは、直径8.5㎝、高さ7.5㎝。
おおぶりな蕎麦猪口のイメージでお使いいただけます。

透けて見える愉しさを生かして、
パフェやジャーサラダのグラス版なぞ
いかがでしょうか。
薬味や具材を工夫した締めの一口蕎麦なぞも素敵です。

b0132444_14123192.jpg
(T)


# by shizen-gallery | 2018-11-11 14:12 | 展覧会のお知らせ

工房くさなぎ(木)・花岡央(ガラス)~向寒の候 展 4

工房くさなぎ(木)・花岡央(ガラス)~向寒の候 展、
4日目です。

工房くさなぎさん、花岡央さんのうつわで
おひるごはんとお茶です。

角小皿に鯖の押し寿司、巻き寿司を。

上から
角小皿 165×100 ベンガラ イチョウ 蒔地
角小皿 165×100 ブラックチェリー 拭き漆
角小皿 165×100 白 イチョウ 蒔地。

お醤油を花岡さんの ren ミルクピッチャー ブラックに。
b0132444_17090270.jpg
b0132444_17091089.jpg
b0132444_17091858.jpg
花岡さんの ren 小鉢にお抹茶を。
別なうつわでお茶を点ててから、小鉢へ注ぎました。

備前名物 大手まんじゅうを
工房くさなぎさんの丸皿 白漆 径120 イチョウ 蒔地に。

工房くさなぎさんの
丸盆 浅銅鑼型 径255 彫目付き
ブラックチェリー 拭き漆に。

b0132444_17092618.jpg
b0132444_17093440.jpg
b0132444_17094341.jpg
b0132444_17095105.jpg
工房くさなぎ(木)・花岡央(ガラス)~向寒の候 展は
12日(月)17時までです。

(T)


# by shizen-gallery | 2018-11-10 17:10 | 展覧会のお知らせ

工房くさなぎ(木)・花岡央(ガラス)~向寒の候 展 3

工房くさなぎ(木)・花岡央(ガラス)~向寒の候 展、
2日目です。

工房くさなぎさんのオーバルプレート ナロー ブラックチェリーに
花岡央さんのPlus ぐい吞みを。

ワイングラスも花岡さんの作品です。
b0132444_21114231.jpg
b0132444_21115708.jpg
(T)




# by shizen-gallery | 2018-11-08 21:12 | 展覧会のお知らせ