タグ:若林幸恵 ( 32 ) タグの人気記事

若林幸恵さんの大椀

川越で製作されている若林幸恵さんの大椀のご紹介です。

桃の花大椀、直径15.5㎝×高さ11㎝、8分目までの容量500cc強、各24,840円。
2方向から異なる桃の絵付けが施されてあります。
b0132444_20143740.jpg
内側は、朱と黒の2種類です。
b0132444_20150071.jpg
重さを測ってみると。
240g、陶器の軽めの丼よりも100gくらい軽いのです。
ふわっとした持ち心地、漆の椀ならではです。

熱いものの伝導率が陶器に比べてぐっと低い漆のうつわ。
軽やかなおかつ、熱っとならないうつわなのです。

桃の絵は、油絵の技法を漆に取り入れられないかと出来上がった絵付けです。
花弁を感じる質感とボディの塗りのコントラストが際立ちます。
b0132444_20152411.jpg
朱塗椀、直径13.5 ㎝×高さ9.5㎝、21,600円。

古い漆のお椀の朱色を思って作られた色。
ぱっと食卓が華やかになる色。
そして、食材も力をもらう色です。
b0132444_20154408.jpg
b0132444_20155616.jpg
b0132444_20161043.jpg
冷たい麺はもちろん、煮物の盛鉢としても。
冷汁。
揚げ出し豆腐の茸あんかけ。

秋の実りを豊かに入れたお汁や、お蕎麦にうどん。
丼ごはん。

いつかは手に入れたいうつわなのです。

(T)


by shizen-gallery | 2016-08-18 20:45

オンラインショップのご案内~杉本太郎さんの湯呑


オンラインショップに杉本太郎さんの湯呑を掲載しました。

工房くさなぎさんの角皿と若林幸恵さんのお重と。
b0132444_19493456.jpg
b0132444_19495036.jpg
こちらは、同じかたちで市松の絵付けがされています。
にじんだ呉須がやさしくて、お茶の時間がますます穏やかになります。
b0132444_19501847.jpg
b0132444_19503703.jpg
明日16日(火)は、うつわ楓、shizenとも定休日です。

オンラインショップのご発送は、8月17日(水)からになります。

(T)

by shizen-gallery | 2016-08-15 19:55 | 新入荷のお知らせ

若林幸恵さんのお椀

厳しい寒さが続きますが、少しずつ陽が長くなり近づく春を想います。

春がそこにあるうつわのご紹介です。

大椀 桃の花、直径15.5㎝×高さ11.5㎝、24840円。
b0132444_2032493.jpg

油絵のマチエールから構想を得て、描かれています。
香り立つ梅の気配を感じます。
b0132444_2033393.jpg

反対側の絵付けです。
b0132444_2034113.jpg
b0132444_203481.jpg
b0132444_2035733.jpg

漆の大椀は、その軽やかさと口当たりが魅力です。

熱々も漆ならではの熱伝導の低さで臆することなく手に取って
お召し上がりいただけます。

椀 たんぽぽ、直径10㎝×高さ6.5㎝、17280円。

金色のたんぽぽ、春のあたたかな日差しを浴びて黄金色に輝くたんぽぽそのものです。
b0132444_20468.jpg

反対側には、ぽっかり浮かぶ金色の雲が。
春のうららかな日、さながらです。
b0132444_2041255.jpg

白漆と内側の朱のコントラストも華やかです。
b0132444_2041838.jpg
b0132444_2042944.jpg

一足お先に、てのひらの春です。

(T)
by shizen-gallery | 2016-01-16 20:04 | 新入荷のお知らせ

若林幸恵展 6

若林幸恵展5日目です。

今日は、茶托のご紹介です。

今まであまり拝見したことのなかった若林さんの茶托。
今回は何種類かご覧いただけます。

それぞれが個性豊かな茶托。
茶托でぐっとおゆのみの輪郭が強まるように思います。
お皿としてもお使いいただけます。

茶托 朱、直径13㎝×高さ3.5㎝、8640円。
b0132444_21592750.jpg
b0132444_21593897.jpg

竹本ゆき子さんのくみだしをのせて。
b0132444_21594790.jpg

茶托 挽目 ケヤキ、直径13㎝×高さ2.5㎝、5400円。
b0132444_21595627.jpg
b0132444_220557.jpg

増田勉さんのゆのみをのせて。
b0132444_2201660.jpg

茶托 手ぐり 桂、直径13.5㎝×高さ3㎝、7560円。
b0132444_2204050.jpg
b0132444_2204931.jpg

シモヤユミコさんのボウルをのせて。
b0132444_2213100.jpg

お茶の時間がより一層うれし、たのし季節。
新しい茶托との出逢い、いかがでしょうか。
b0132444_2211422.jpg

若林幸恵展は、明日17時までです。

(T)
by shizen-gallery | 2015-11-01 22:04 | 展覧会のお知らせ

若林幸恵展 5

若林幸恵展4日目です。

今日は、おおぶりなお椀のご紹介です。

漆のうつわの良さはいろいろなのですが、大きくても軽くて
熱さが伝わりにくいというのは漆のうつわならではと思います。

若林さんにうつわを持っていただいて撮影しました。

大椀 桃、直径16㎝×高さ11㎝、24840円。
重さは、260gです。
b0132444_18352029.jpg

二方向から、写真を撮りました。
b0132444_18352912.jpg

内側ははなやかな朱色です。
b0132444_18353743.jpg

大椀 パンジー、直径14.5㎝×高さ10㎝、23760円。
重さは、220gです。
大ぶりな雑煮椀のイメージで作られたそうです。
b0132444_18354891.jpg

二方向から、写真を撮りました。
b0132444_18355639.jpg

若林さんの花の絵柄、花の特徴がぐっと表されていてそれぞれ
見入ってしまいます。

お蕎麦やうどん、親子丼に天丼。
はたまた煮物やサラダにもどうぞ。

手に取って、口をつけていただくお椀。
軽やかさや口当たり、手触りの心地よさ、実感していただけたら。。

若林幸恵展は、11月2日(月)17時までです。

(T)
by shizen-gallery | 2015-10-31 18:36 | 展覧会のお知らせ

若林幸恵展 3

若林幸恵展2日目です。

ご自宅でお使いの手ぐりの皿に、柿と野菜サラダの胡麻ドレッシングと
明太子バターのフランスパン。
b0132444_1611974.jpg

お茶の時間ですよ。

西讃岐の祝い菓子「おいり」をどうぞ。
b0132444_1613324.jpg

大橋屋さんの虹のビスコッティを。
どの色も、選び難く美味しいのです。。。
b0132444_1614647.jpg

若林さんは、平日は15時ころから、土日は全日在廊してくださいます。

(T)
by shizen-gallery | 2015-10-29 16:01 | 展覧会のお知らせ

若林幸恵展 2

若林幸恵展、はじまりました。
b0132444_20393237.jpg
b0132444_20394429.jpg

心霊写真さながら、手が写りこんでごめんなさい。。
b0132444_20395444.jpg
b0132444_2040494.jpg

差し入れにいただいた香川のお菓子、「おいり」を若林さんがご自宅で
お使いの手ぐりの皿に。
b0132444_20401484.jpg

若林さんは、平日は15時ころから、土日は前日在廊されています。

(T)
by shizen-gallery | 2015-10-28 20:40 | 展覧会のお知らせ

若林幸恵 展

「ひやおろし展」は26日に終了いたしました。
ひやおろしと酒器の組み合わせをおたのしみいただけましたら
なによりです。

明日28日(水)からは、「若林幸恵展」が始まります。
案内状の写真です。
2015 10/28wed - 11/2mon
12:00~19:00(最終日17:00まで)

b0132444_15552892.jpg

写真:栗原かほり

若林さんのコメントです。

漆を始めた頃、漆器を何も知らず、お椀といえば朱と黒の
イメージしかありませんでした。
そんな時、ある作家さんの絵付けの入ったお椀を見て「わあ、
こんな漆のお椀もあるんだ!」と驚き、とてもワクワクしました。
そして、私もそんな普段使いの漆器を作りたい、と夢中で
轆轤を挽き始めました。
絵付けの入った大小の椀から手刳りの器まで。
どうぞ、ご高覧ください。

今回は絵付けのお仕事に力を入れられたそうです。

案内状のお椀です。絵柄にふさわしい可憐なおおきさです。
たんぽぽのふわっとしたかわいらしさがそのままに描かれています。
1.小椀「たんぽぽ」 17,280円 φ10.5×H7cm
b0132444_1557239.jpg

b0132444_15573257.jpg


2.彩色椀 16,200円 φ10.5×H7cm
b0132444_1558328.jpg

b0132444_15584384.jpg


3.彩色ぐいのみ 12,960円 φ8×H6m
b0132444_15592694.jpg


4.木地呂椀「たんぽぽ」「とり」「ちょうと花」 各14,040円 φ12×H7.5cm
b0132444_1625782.jpg


5.大椀「パンジー」 23,760円 φ14.5×H9cm
b0132444_1643170.jpg


6.大椀「桃の花」 24,840円 φ15.5cm×H11cm
b0132444_1664113.jpg


7.大椀「秋草」 21,600円 φ15.5cm×H11cm
b0132444_1675818.jpg


現代版唐子!ポーズを真似したくなってしまいます。
8.ふたつき小椀 23,760円 φ8.5×H8cm(蓋まで)
b0132444_1691050.jpg


9.椀(朱) 15,000 φ13×H6cm
b0132444_1695544.jpg


10.蓋物(拭き漆・朱)38,880円 (朱)43,200円  各φ16.5×H14cm
b0132444_16114389.jpg


11.片口 23,760円 φ11(口:4)×H7cm
b0132444_16124283.jpg


お皿としてもお使いいただける茶托と盆です。
12.
茶托(挽き目・ケヤキ)5,400円 φ13×H2.5cm 
盆(ケヤキ)12,960円 φ22×H2.5cm
b0132444_16142591.jpg


13.白い絵の二段弁当箱 32,400円 φ16×H13cm
b0132444_1615783.jpg

b0132444_16151794.jpg


14.白い絵の小箱 各32,400円
b0132444_1616055.jpg

b0132444_16161796.jpg


15.拭き漆大椀(黒)(朱)各12,960円 φ12.5×H8.5cm
b0132444_1618569.jpg


木の塊から削り出しているてぐりのうつわのご紹介です。
案内状では、たんぽぽの小椀の脇をかためています。

ざくざくと削り取られた表情は、野趣にあふれてのせたものの素材の
うつくしさが際立ちます。

16.舟形器 23,760円 30×12×H7cm
b0132444_161923.jpg


17.盛器(大・栗)64,800円 27×26×H6cm/(小・栗)43,200円 17.5×15.5×H6.5cm
b0132444_16205883.jpg


18.手ぐりの皿(桂)11,880円 φ約24cm
b0132444_16221895.jpg


19.
手ぐりの皿(桂)19,440円 約34×24×H2.5cm
茶托(手ぐり・桂)7,560円 φ14×H2cm
手ぐりのカップ 10,800円 φ8×H6.5cm
b0132444_16255571.jpg


20.ぶどうの弁当箱(トチ) 30,240円 φ14×H7cm
b0132444_16264193.jpg

若林さんは明日から毎日在廊してくださる予定です。

うるしのこと、絵付けのこと、たくさんお聞きになってくださいね。

(T)
by shizen-gallery | 2015-10-27 15:52 | 展覧会のお知らせ

若林幸恵さんの木地呂椀

川越市で制作されている若林幸恵さんから、木地呂椀が届いています。

若林さんはご自身で木地をろくろで挽き、塗りをされています。

透漆で仕上げた木地を見せる塗りのお椀です。
絵を描いた後、透漆を塗られています。

お使いいただくにつれ、上塗りの漆が透け絵が今よりも浮き立って見えるように
なります。

木地呂小椀、口径11㎝×高さ6.3㎝、11880円。

二方向から写真を撮りました。どちらを向いても、心愉しいのです。
b0132444_16115425.jpg
b0132444_16115997.jpg
b0132444_1612379.jpg
b0132444_16121113.jpg

木地呂椀、口径12㎝×高さ7.6㎝、14040円。
b0132444_1612443.jpg
b0132444_16125584.jpg
b0132444_161327.jpg

木地呂椀、口径12㎝×高さ7.6㎝、14040円。
b0132444_16131764.jpg
b0132444_16132436.jpg

b0132444_16141457.jpg

何かありましたら、修理もしていただけます。

明日28日(火)は、店休日です。


(T)
by shizen-gallery | 2015-04-27 16:14 | 新入荷のお知らせ

若林幸恵さんの白い絵のボウル

新芽が今か今かと待ち構える季節、枝に止まる鳥ウォッチングには絶好です。

この間見かけたあのこが描いてあるような、白い絵のボウルのご紹介です。

川越市に工房を構え、制作されている若林幸恵さん。
東京芸術大学漆芸科で学ばれました。
木地を挽くことから、ご自身でなさっています。

白い絵のボウル、口径11㎝×高さ7.5㎝、16200円。

朱の漆を塗り重ねた上から、スポンジのようなもので白い漆をぽんぽんと塗り
とがったもので線を描いているので、朱の線が出ています。

細い枝に止まりながら、ぬんと首を伸ばす感じ、いとおしく眺めます。
b0132444_1628488.jpg

180度回転すると、おしゃべりしているような二羽。
ぎゃあ、ぎゃあと声が聴こえそう。
b0132444_16281061.jpg

b0132444_16281583.jpg

底は碁笥底になっています。

ボウル状のかたち、汁物、ごはんの他、カフェオレや抹茶、スープに。
多様にお使いいただけます。
b0132444_1746408.jpg

b0132444_16561498.jpg

(T)
by shizen-gallery | 2015-02-19 16:28 | 新入荷のお知らせ