タグ:正島克哉 ( 60 ) タグの人気記事

正島克哉展 3

正島克哉展5日目です。

耐熱のうつわのサンプルを追加のうつわとあわせて
正島さんがお送りくださいました。

片手土鍋大中小です。
b0132444_13474425.jpg
正島さんのご自宅でお使いの耐熱のうつわ。

正島家で一番出番が多いのは、大サイズだそうです。
ご家族分のお味噌汁を作るため、毎日登場するそうです。

家族の人数、構成や、作る食事によってよく使う
定番の耐熱のうつわは変わってくるのだと
思います。
b0132444_13480168.jpg
黒の耐熱のうつわは、変化が少ない印象でしたが
ばっちり貫入も入ります。
b0132444_13481182.jpg
平パン特大、大、中です。

片手土鍋とは、使われ方が違うので
年季の入り方も違います。

b0132444_13484423.jpg
b0132444_13485211.jpg
片手土鍋大 白、黒
片手土鍋中 白、
片手土鍋小 白(あと1点)、
平パン大 白、黒

は追加で届いていますので、お求めいただけます。

(T)




by shizen-gallery | 2017-09-17 13:49 | 展覧会のお知らせ

正島克哉展 2

正島克哉展初日には、沢山のお客様にお越しいただきありがとうございました。
残暑の中お待たせしてしまったこと、お詫び申し上げます。
b0132444_21283674.jpg
耐熱のうつわは、ほとんど完売していますが土曜日の克哉さんの在廊日に
あわせて少し入荷があります。

明日サンプルが届きますので、そちらをご覧いただき
ご注文いただくこともできます。

ご注文分は、8カ月ほどお時間をいただきます。
来年5月頃のできあがりになります。

(T)


by shizen-gallery | 2017-09-14 21:32 | 展覧会のお知らせ

正島克哉展のご案内

明日13日(水)からは、正島克哉展が始まります。
案内状です。
b0132444_20572447.jpg
b0132444_20580986.jpg
案内状は、克哉さんと奥様の智恵さんが作られたものです。
レシピは、今回出品されるうつわを使ったお料理です。
レシピ帖もご用意くださいました。

作品のご紹介です。サイズの単位は全て㎝です。

A-1.片手土鍋 大 黒 ¥4860 Φ20(持ち手まで26.5)×H9
A-2.片手土鍋 大 白 ¥4860 Φ20(持ち手まで26.5)×H9
A-3.片手土鍋 中 黒 ¥3888 Φ16(持ち手まで22.5)×H9
A-4.片手土鍋 中 白 ¥3888 Φ16(持ち手まで22.5)×H9
A-5.片手土鍋 小 黒 ¥3240 Φ14.5(持ち手まで20.5)×H8
A-6.片手土鍋 小 白 ¥3240 Φ14.5(持ち手まで20.5)×H8
b0132444_19452574.jpg
b0132444_19451445.jpg
A-7.平パン 特大 黒 ¥5400 Φ23.5(持ち手まで30)×H5
A-8.平パン 特大 白 ¥5400 Φ23.5(持ち手まで30)×H5
A-9.平パン 大 黒 ¥3456 Φ19(持ち手まで25)×H3.5
A-10.平パン 大 白 ¥3456 Φ19(持ち手まで25)×H3.5
A-11.平パン 中 黒  ¥2700 Φ15(持ち手まで20.5)×H4
A-12.平パン 中 白 ¥2700 Φ15(持ち手まで20.5)×H4
b0132444_19440826.jpg


A-13.手付平鉢土鍋 黒 \8640 Φ25.5(持ち手まで34)×H9 
A-14.手付平鉢土鍋 白 ¥8640 Φ25.5(持ち手まで34)×H9

b0132444_19475328.jpg
b0132444_19480920.jpg
A-15.平鉢土鍋 刷毛目×黒 ¥14040 Φ30×H11.5
A-16.平鉢土鍋 白 ¥10800 Φ27.5×H9

平鉢土鍋は、蓋がない分お値段も比例しています。
収納もしやすく、うつわとしてもお使いいただけます。

レシピ帖には、耐熱平鉢土鍋は保温効果があるのでワインクーラー等にお使い使っても!
とありました。
b0132444_19482039.jpg
b0132444_19482903.jpg
A-17.平鉢土鍋 黒 ¥10800 Φ26.5×H10
A-18.平鉢土鍋 刷毛目×黒 ¥9720 Φ25.5×H9.5
b0132444_19484668.jpg
b0132444_19490695.jpg
A-19.平鉢土鍋 刷毛目×黒 ¥8640 Φ23×H9.5
A-20.平鉢土鍋 黒 ¥7560 Φ23×H9.5
b0132444_20034844.jpg
羽釜のかたちの土鍋です。
羽は、吹きこぼれのストッパーになります。
新米に、いかがでしょうか。

A-21.木蓋ごはん土鍋 刷毛目×黒 ¥17280 Φ17(持ち手まで20)×H15(蓋まで23.5)
A-22.木蓋ごはん土鍋 白 ¥16200 Φ18(持ち手まで21)×H12(蓋まで20.5)

どちらも3~4合炊けます。
b0132444_20040903.jpg
b0132444_20042316.jpg
b0132444_20043465.jpg
A-23.木蓋ごはん土鍋 刷毛目×黒 ¥15120 Φ17(持ち手まで21)×H12.5(蓋まで21)
A-24.木蓋ごはん土鍋 黒 ¥14040 Φ16.5(持ち手まで19)×H12(蓋まで21)

どちらも3合炊けます。
b0132444_20044696.jpg
b0132444_20050176.jpg
直火にかけられます。

A-25.陶やかん 黒 ¥16200 Φ11×H15.5(持ち手まで25)
A-26.陶やかん 白 ¥16200 Φ11×H15.5(持ち手まで25)
A-27.陶やかん 黒 ¥12960 Φ10.5×H14.5(持ち手まで23)
A-28.陶やかん 黒 ¥10800 Φ10.5×H13.5(持ち手まで22)
A-29.陶やかん 白 ¥8640 Φ10.5×H13.5(持ち手まで22)
b0132444_20070121.jpg
b0132444_20071133.jpg
茶漉しがあるので、お茶が煮だせます。

b0132444_20072145.jpg
A-30.耐熱注器 黒 ¥3240 Φ7(注ぎ口まで12.5)×H8.5
A-31.耐熱注器 白 ¥3240 Φ7(注ぎ口まで12.5)×H8.5

直火にかけられる注器。お酒もよいですが、お出汁を温めて出したりも。
b0132444_20073074.jpg
b0132444_20074238.jpg
A-32.粉引土鍋 ¥21600 Φ30(持ち手まで36.5)×H9(蓋まで16.5)

かわいいパンダを思い出しました。
b0132444_20075080.jpg
b0132444_20075912.jpg
b0132444_20081083.jpg
A-33.黒釉土鍋 ¥19440 Φ28(持ち手まで34.5)×H9(蓋まで17)

黒釉は、直火にかけても表情は全くといっていいほど変わりません。

b0132444_20082403.jpg
b0132444_20101480.jpg
b0132444_20102329.jpg


B-1.蓋物 特大 粉引 ¥7020 Φ11.5×H14.5
B-2.蓋物 大 粉引 ¥5400 Φ11×H12
B-3.蓋物 中 粉引 ¥4320 Φ9.5×H11
B-4.蓋物 小 黒釉 ¥3780 Φ8×H8
B-5.蓋物 小 黒釉 ¥3240 Φ7.5×H6.5
B-6.蓋物 小 粉引 ¥3240 Φ6.5×H8

マトリョーシカのような。
ずらりとお台所に並んでいたら、しあわせです。
蓋物は、今回のレシピ帖の表紙にもなっています。
b0132444_20103390.jpg
b0132444_20104264.jpg
B-7.粉引 中鉢 ¥2808 Φ16×H7

出会ったとたん、シチューが思い浮かびました。
副菜の鉢としても。
b0132444_20122497.jpg
b0132444_20123374.jpg
B-8.唐柿釉 飯茶碗 ¥2160 Φ11.5×H6.5

とうがきゆうと読みます。
唐柿は、中国で無花果のことだそうでそんなイメージの釉薬です。
渋い表情で、これからの季節にぴたりと寄り添ってくれそうです。
b0132444_20124361.jpg
b0132444_20125336.jpg
b0132444_20130432.jpg
B-9.粉引 丸碗 ¥2808 Φ12.5×H7.5
B-10.唐柿釉 丸碗 ¥3240 Φ12.5×H7.5

このお碗も日々大活躍しそうなかたちと大きさです。
レシピ帖では、瀬戸内すいとーんの取鉢として登場しています。
氷をうかべて、冷茶やカフェオレボールに使ってもとあります。
b0132444_20131446.jpg
b0132444_20132640.jpg
B-11.粉引耳付小鉢 ¥1836 Φ11.5×H6

定番の耳付小鉢です。お鍋の取鉢に、スープにシリアル、フルーツヨーグルトにも。
お買い足しいただくことも多いうつわです。

b0132444_20134990.jpg
b0132444_20140569.jpg
b0132444_20152958.jpg
B-12.刷毛目プラス皿 ¥1620 12×12.5×H2.5
B-13.刷毛目長々皿 ¥3456 11.5×32.5×H2
b0132444_20153961.jpg
b0132444_20154873.jpg
B-14.青白磁 鉢 ¥7560 Φ24.5×H8
B-15.唐柿釉 リム鉢 ¥7560 Φ24×H9
B-16.唐柿釉 リム鉢 ¥5940 Φ21.5×H
b0132444_20155955.jpg
b0132444_20161415.jpg
b0132444_20162742.jpg
B-17.唐柿釉 リム鉢(内茶) ¥5400 Φ19×H6
B-18.鉢 ¥5940 Φ22×H5.5
B-19.鉢 ¥6480 Φ21.5×H7.5
b0132444_20164264.jpg
b0132444_20185137.jpg
b0132444_20190390.jpg
b0132444_20191648.jpg
B-20.粉引 鉢 ¥5400 Φ20.5×H9
B-21.粉引 鉢 ¥5400 Φ19×H9
B-22.粉引 鉢 ¥5400 Φ20×H8.5
b0132444_20192971.jpg
b0132444_20194582.jpg
C-1.すり鉢 粉引 特大 ¥10800 Φ25×H13
C-2.すり鉢 粉引 大 ¥9180 Φ23×H12
C-3.すり鉢 粉引 中 ¥6480 Φ20×H10
C-4.すり鉢 粉引 ¥4968 Φ16.5×H9.5
C-5.すり鉢 粉引 小 ¥3240 Φ12×H5
b0132444_20200259.jpg
b0132444_20214407.jpg
b0132444_20215989.jpg
C-6.粉引ポット ¥7020 Φ8.5(持ち手まで19)×H11.5(蓋まで12)
C-8.唐柿釉 急須 ¥7560 Φ9(持ち手まで14.5)×H11(蓋まで11.5)
C-9.白磁 ポット ¥7020 Φ8(持ち手まで16.5)×H10.5(蓋まで11.5)

b0132444_20221070.jpg
b0132444_20222373.jpg
b0132444_20223857.jpg
b0132444_20225858.jpg
C-10.白磁 マグカップ ¥2160 Φ7.5(持ち手まで11.5)×H7.5
b0132444_20231793.jpg
b0132444_20232927.jpg
b0132444_20234470.jpg
C-11-1.青白磁しのぎフリーカップ ¥2700 Φ8.5×H6.5
C-11-2.青白磁しのぎフリーカップ ¥2700 Φ8.5×H6.5
C-12-1.青白磁しのぎフリーカップ ¥2700 Φ8.5×H6.5
C-12-2.青白磁しのぎフリーカップ ¥2700 Φ8.5×H6.5
b0132444_20245846.jpg
b0132444_20251173.jpg
C-14-1.唐柿釉 丸 フリーカップ ¥2700 Φ9×H6
C-14-2.唐柿釉 丸 フリーカップ ¥2700 Φ9×H6
C-15-1.唐柿釉 丸 (内茶) ¥2700 Φ9×H6
C-15-2.唐柿釉 丸 (内茶) ¥2700 Φ9×H6
C-16-1.唐柿釉 筒 ¥2700 Φ8.5×H7
C-16-2.唐柿釉 筒 ¥2700 Φ8.5×H7
C-17-1.唐柿釉 筒 (内茶) ¥2700 Φ8.5×H7
C-17-2.唐柿釉 筒 (内茶) ¥2700 Φ8.5×H7
C-18-1.粉引しのぎ 丸 ¥2700 Φ9×H6
C-18-2.粉引しのぎ 丸 ¥2700 Φ9×H6
C-19-1.筒 ¥2700 Φ8.5×H7
C-19-2.筒 ¥2700 Φ8.5×H7
C-20-1.筒 ¥2700 Φ8.5×H7
C-20-2.筒 ¥2700 Φ8.5×H7
b0132444_20252835.jpg
b0132444_20254501.jpg
b0132444_20260690.jpg
b0132444_20262849.jpg
C-21.片口 しのぎ ¥3024 Φ8×H8.5
C-22.片口 縦しのぎ ¥3024 Φ8×H8.5
C-23-1.片口 丸 唐柿釉 ¥3024 Φ9.5×H8
C-23-2片口 丸 青白磁 ¥3024 Φ9.5×H8
C-24.片口 筒 唐柿釉 ¥3024 Φ8×H8.5
C-25.片口 丸  ¥3024 Φ9.5×H8
b0132444_20265379.jpg
b0132444_20270828.jpg
b0132444_20273071.jpg
b0132444_20275317.jpg
C-26.ぐいのみ各種 ¥2160 Φ6.5×H4~
C-27.徳利各種 ¥3240 Φ3.5×H11.5~
b0132444_20294621.jpg
D-1.花器 ¥12960 Φ17×H18.5
D-2.花入れ ¥3780 Φ8×H10
D-3.花入れ 唐柿釉 ¥3780 Φ8.5×H10
b0132444_20300419.jpg
b0132444_20305245.jpg
D-4.花入れ 粉引 ¥3780 Φ4.5×H10~
D-5.花入れ 粉引 ¥3240 Φ4.5×H10~
D-6.花入れ 白磁 ¥3240 Φ4.5×H10~
D-7.花入れ筒 青白磁 ¥3240 Φ4.5×H10~
D-8.一輪挿し ¥3240 Φ4.5×H10~
D-9.一輪挿し ¥3240 Φ4.5×H10~
b0132444_20310368.jpg
b0132444_20311533.jpg
b0132444_20313308.jpg
D-10.鍋つかみ ひょうたん ¥1944 Φ13×H20
D-11小鍋つかみ ¥1836 Φ7×H17

智恵さん作の鍋つかみです。
b0132444_20314865.jpg
それぞれの鍋つかみの反対側です。

b0132444_20322385.jpg
こんなふうに使います。

b0132444_20323410.jpg
b0132444_20324444.jpg
両ポケットに親指と人差し指を入れてこんなふうに使います。

b0132444_20325574.jpg
b0132444_20330496.jpg
b0132444_20331394.jpg
明日は智恵さんが、16日(土)、17日(日)は克哉さんが在廊してくださいます。

うつわを前に、わくわく美味しいおはなしいたしましょう。

皆様のお越しをお待ちしております。

(T)


by shizen-gallery | 2017-09-12 19:46 | 展覧会のお知らせ

正島克哉さんの刷毛目長々皿

岡山県で作陶されている正島克哉さんからうつわが届いています。

刷毛目長々皿、12㎝×33.5㎝×2㎝、3,456円。
b0132444_18045426.jpg
b0132444_18050164.jpg
さんまはもちろん、焼きたて餃子を並べてたれの豆皿を端に。

焼き鳥ずらり。

色とりどりの野菜を並べてぐいのみに入れたソースを添えたり。

焼さば寿司をずらりと並べたのも長々皿のこげ茶の表情と
相まってきれいでした。
助六寿司も、程よく収まります。

本日のおひる。

献立

●ゴーヤとひつじとトマトのチャンプルー~平野日奈子さんの豆鉢

●水茄子ときゅうりの昆布漬け

●黒蜜がけ葛プリン~古川桜さんの角豆鉢

●玄米ごはんのおむすび
b0132444_18040121.jpg
お箸は藤野雅也さん、箸置は佐川岳彦さん作です。

(T)


by shizen-gallery | 2017-06-11 18:05 | 新入荷のお知らせ

正島克哉さんの片手土鍋

岡山県で作陶されている正島克哉さんから、片手土鍋が届いています。

直径16㎝、高さ9㎝、持ち手までの長さ23㎝、各3,888円。
b0132444_18131851.jpg
b0132444_18132656.jpg
b0132444_18133391.jpg
b0132444_18133988.jpg
黒はほとんど変わりませんが、白は使い込むとグレーっぽい色味になります。

b0132444_18134603.jpg
片手土鍋でタイ風石焼ビビンパ。

①油を敷いた土鍋にごはんを盛る。

②ごはんにパクチーをのせる。

③スライサーでおろした人参を
レモン汁、ナンプラー、輪切り唐辛子、砂糖、にんにくを
あわせたたれにしばらく漬けたものをパクチーの上にのせる。

輪切り唐辛子、青ネギ、鶏ひき肉を炒め、砂糖、ナンプラーを加え
そぼろを作り、人参の上にのせる。

④土鍋を火にかけて、お米がぱちぱちいったら出来上がり。

レモンを絞ってよく混ぜて、いただきます。

半熟目玉焼きものせたいところです。
b0132444_18135893.jpg
ゴールデンウィークも休まず営業しています。

(T)


by shizen-gallery | 2017-05-03 18:14 | 新入荷のお知らせ

正島克哉さんの刷毛目片口小鉢

岡山県で作陶されている正島克哉さんの刷毛目片口小鉢のご紹介です。

刷毛目片口小鉢、直径13㎝(口部分までの長さ13.5㎝)、高さ5.5㎝、2,160円。
重ねてみました。

めっきり寒くなり、温まって栄養がたっぷりとれるお鍋の日が続きます。
お鍋の取鉢にもおすすめです。
山かけごはんや、揚げ出し豆腐、水餃子の取鉢にも。
天茶も美味しそう。。
b0132444_16572364.jpg
柔らかな優しい刷毛目です。
b0132444_16565246.jpg
縁は土が見えて、きりりと締まった印象です。
b0132444_16570276.jpg
b0132444_16571183.jpg
中華粥をよそってみました。

田中俊介さんのレンゲスプーン中を添えて。
いろいろあるとお粥が美味しい薬味は、白石陽一さんの長皿に。
b0132444_17001123.jpg
オンラインショップに薬味をのせている白石陽一さんの長皿を掲載しています。

(T)


by shizen-gallery | 2016-12-15 17:00 | 新入荷のお知らせ

豆皿中華定食

豆皿中華定食のおひる。

須田二郎さんデザインの折敷に。
b0132444_15575833.jpg

そら豆のザーサイ和え。
b0132444_1558681.jpg

黒酢油淋鶏。
b0132444_15581624.jpg

中華風たたきごぼう。
b0132444_15582359.jpg

上から

小口綾 ケイ小鉢 白、直径9.5㎝、高さ3.5㎝、3024円
松浦コータロー 赤絵染付よろけ波文輪花豆皿、直径9㎝、高さ2㎝、1944円
正島克哉 プラス皿 小、9㎝×9.5㎝×2㎝、864円
b0132444_16014.jpg

右 渡邉由紀 飯碗、直径11.5㎝、高さ6㎝、2484円
左 松浦コータロー 色絵松竹梅文飯碗、直径11.5㎝、高さ6㎝、3456円 
b0132444_1604199.jpg
b0132444_1605735.jpg

(T)
by shizen-gallery | 2016-05-29 16:12 | 新入荷のお知らせ

正島克哉さんの片手土鍋

久留米の正島克哉から片手土鍋が届いています。

各直径16㎝×高さ9㎝、持ち手までの長さ22.5㎝、3888円。
b0132444_21182656.jpg
b0132444_21183584.jpg

12月に岡山へお引っ越しを控えていらっしゃるため、次回ご納品いただくのは
来年春頃になります。
しばらくお休みされるのはさびしいですが、新天地でのこれからに
わくわくします。

一人分のうどん、インスタントラーメンに、石焼ビビンパ。
ぱっと作る2,3人分のお味噌汁、副菜の湯豆腐。
テーブルでぐつぐつ、熱々のままにいただけるうれしさを
教えてくれた片手土鍋です。
b0132444_21184321.jpg
b0132444_2118525.jpg

明日からは、北千住の萬器さんで正島さんの個展が始まります。
久留米での最後のお仕事、ぜひぜひお運びください。
b0132444_2119279.jpg

もしやの時には、片手土鍋すこーしshizenにございます。

(T)
by shizen-gallery | 2015-11-06 21:26 | 新入荷のお知らせ

正島克哉さんのマット粉引取鉢

久留米の正島克哉さんのマット粉引取鉢のご紹介です。

かさっとしたマットな表情とかたちとサイズがこころの永久定番。
開店以来、もう幾度となくお願いしています。

口径11.5㎝(耳を含む長さ12.5㎝)×高さ6㎝(耳を含む高さ7㎝)、1836円。
b0132444_16233166.jpg
b0132444_16233750.jpg
b0132444_16234324.jpg

丸い耳は、こんなふうに熱々を取り分けてももちやすいように
ついています。
b0132444_16234969.jpg

お鍋の取鉢が思い浮かびますが、ごはんにスープ、小鉢としても
お使いいただけます。

朝のヨーグルトにも。
すだちの絞り汁とはちみつでマリネした梨をのせました。

工房くさなぎの8寸盆皿にのせて。
田中俊介さんのれんげスプーンと。
b0132444_16235931.jpg

先日ご紹介した長々皿にタイ風お好み焼きを。
マット粉引取鉢にガパオを。
b0132444_16283273.jpg

9月23日(水)から始まる長峰菜穂子展ですが、初日は11時より整理券をお配りします。
住宅地につき、お並びになられませんようお願い申し上げます。


(T)
by shizen-gallery | 2015-09-18 16:28 | 新入荷のお知らせ

正島克哉さんの刷毛目長々皿

福岡県久留米市で作陶されている正島克哉さんの刷毛目長々皿のご紹介です。

刷毛目長々皿、12㎝×33㎝×1.5㎝、3456円。
b0132444_16122194.jpg

b0132444_1613550.jpg
b0132444_16131670.jpg
b0132444_16132480.jpg
b0132444_16133819.jpg

フラットな長皿、さんま一尾のります。
さんまの季節のみならず、長い皿は通年大活躍です。

ずらり、お寿司を並べてみたり。
おにぎり??(←こんな絵文字があるんですね!)や、おいなりさんずらりも
いいですね。
b0132444_16313996.jpg

破れかぶれなサンドイッチで恐縮ですが、プレートとしても。
いただいたオーガニックコーラと。
瓶も素敵なのですが、あまり写らず残念。

甘辛お菓子を組み合わせて、おやつの時間に。
チーズとドライフルーツを盛り合わせて、大人の時間に。

これからのお鍋の季節、いくつかの小鉢やぐいのみに薬味を入れて出すのも
よいのです。愉しみ方は、とめどなく。。。
b0132444_16352451.jpg

9月23日(水)から始まる長峰菜穂子展ですが、初日は11時より整理券をお配りします。
住宅地につき、お並びになられませんようお願い申し上げます。

(T)
by shizen-gallery | 2015-09-13 16:13 | 新入荷のお知らせ