タグ:松浦コータロー ( 33 ) タグの人気記事

秋のお茶

日中は暑くても、朝夕は肌寒い日も増え秋の深まりを感じます。

ゆっくり過ごす秋のお茶の時間におすすめな器のご紹介です。

福田敏雄さんの十二角皿に、郡司庸久さんの白磁ポット、
松浦コータローさんの染付牡丹唐草文酒杯、藤野雅也さんの豆皿。
石畑哲雄さんの台付小皿にお茶菓子を。
b0132444_13584746.jpg

松浦コータローさんの染付牡丹唐草文酒杯と藤野雅也さんの豆皿。

金木犀の香りの桂花茶などいかがでしょうか。

ちいさな酒杯がぴったり収まる豆皿、しあわせ。

松浦コータロー 染付牡丹唐草文酒杯、直径6.5㎝×高さ4㎝、3456円。
藤野雅也 豆皿、6㎝×6㎝×0.5㎝、1620円。
福田敏雄 十二角皿、直径27.5㎝×高さ3㎝、32400円。
b0132444_13585910.jpg

縁にまいた鉄の線がきりりと全体の印象を引き締めます。
b0132444_1359430.jpg

石畑哲雄さんの台付小皿に、みすず飴。
こっくりとした朱色に、落葉をちりばめたようでこころはなやぎます。

石畑哲雄 台付小皿、直径11㎝×高さ5.5㎝、9720円。
b0132444_1359990.jpg
b0132444_13591525.jpg

酒杯の茶器にぴったりな郡司庸久さんの白磁ポット。

郡司庸久 白磁ポット、口径4㎝×つまみまでの高さ9.5㎝、
持ち手から注ぎ口までの長さ13.5㎝、12960円。
250㏄入ります。
b0132444_13592196.jpg

陽刻の部分は、奥様の慶子さんのお仕事です。
b0132444_13592763.jpg

つまみの意匠も細やかなのです。
b0132444_13593151.jpg

松浦コータローさんの酒杯、色絵竹虎文もあります。
藤野雅也さんの豆皿、茶色と合わせました。

松浦コータロー 色絵竹虎文酒杯、直径6.5㎝×高さ4㎝、3456円。
b0132444_13593855.jpg
b0132444_13594490.jpg
b0132444_13595049.jpg

(T)
by shizen-gallery | 2014-10-04 14:00 | つれづれ

小川佳子さんと松浦コータローさんの器

今日のおひるは、点心盛り合わせ。
小川佳子さんのお皿に。
お醤油は、松浦コータローさんの小皿に。
b0132444_18353129.jpg

b0132444_18354246.jpg

b0132444_18362178.jpg

小川佳子さんの皿リム8寸瑠璃
つややかな瑠璃色は、食材がぱっと際立ちます。
b0132444_1827432.jpg

b0132444_18271028.jpg

松浦コータローさんのイロエコウモリ文小皿。
蝙蝠(コウモリ)の蝠の字が福と同音ということから、縁起がよい文様です。
蝙蝠の紅色は、紅が洪と通じ「洪福至天」(幸福が天にあふれる)の意味を持ちます。

こめられた意味は知らずとも、福福があふれた小皿です。
b0132444_18271724.jpg
b0132444_18272441.jpg
b0132444_182732100.jpg

小川佳子さんの三円皿と合わせても♪
b0132444_18512945.jpg

ホームページ制作中につき、おさんぽマップをブログに掲載します。
b0132442_14550268.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2014-09-15 18:28 | 新入荷のお知らせ

今日のおひる

引っ越しで外食を謳歌した日々も終わり、今日は手弁当。
少しずつ日常に。

一柳京子さんの砂色長角皿に、左から

●あさり釜飯+実山椒
●ひじきの梅煮入り玉子焼き←小川佳子さんの耐熱オーブンパンで焼いたので丸型です。
●松浦コータローさんの珍味入れに富山のモロヘイヤと大葉のおひたし

お箸は、平岡正弘さん作です。
b0132444_16153164.jpg
b0132444_16153541.jpg

写真を撮る場所も、あちらこちら手さぐり。

新Shizenから、お付き合いの始まった京都の松浦コータローさん。
紅安南菊唐草文花形珍味入れの横顔です。
滲んだ呉須が、心にじんわり響きます。
b0132444_1615406.jpg

一柳京子さんの砂色長角皿。
いろいろにお使いいただける長角皿です。和にも、洋にも。
b0132444_16154759.jpg
b0132444_1615531.jpg

9月12日(金)は、店休日です。

(T)
by shizen-gallery | 2014-09-09 16:17 | つれづれ