タグ:及川静香 ( 27 ) タグの人気記事

オンラインショップのご案内~及川静香さんと木曽志真雄さんのうつわ

オンラインショップに及川静香さんと木曽志真雄さんのうつわを
掲載しました。

木曽志真雄さんのレンゲ オリベ。

母が煮た花豆をレンゲに。
木曽さんのちょこに茶えのきのお味噌汁。
鮭の味噌漬けの混ぜご飯のおむすび。

KINTAさんのクルミ皿にのせました。
添えたお箸は、佐川岳彦さん作です。
b0132444_18280544.jpg
b0132444_18281595.jpg
b0132444_18282248.jpg
及川静香さんの削りカップ。

ざっくりとした鎬を見ているとほっとします。
b0132444_18283211.jpg
温かなミルクティーや、カフェオレが美味しい季節の
気配を感じるこの頃です。
b0132444_18284566.jpg
内側の色は白っぽいので飲み物の色が
綺麗に映ります。
b0132444_18285377.jpg
8月22日(火)はツギノ市、
23日(水)、24日(木)は夏期休業です。

(T)


by shizen-gallery | 2017-08-17 18:29 | 新入荷のお知らせ

オンラインショップのご案内~及川静香さんと松村英治さんのうつわ

オンラインショップに及川静香さんと松村英治さんの
うつわを掲載しました。

日本民藝館に色絵の器を見に行った帰り道、
ル・ルソール さんでパンを。

無花果のかたちのパンには、ドライの無花果がたくさん
入っていました。
チャパタには、パルミジャーノレジャーノと
生ハムをはさんで。

大井寛史さんのスープカップにオニオンスープを。
b0132444_18494043.jpg
黒く出た鉄粉の表情にあたたみを感じます。
b0132444_18495247.jpg
b0132444_18500506.jpg
松村英治さんのめん鉢外緑内灰。

冷たいカレー蕎麦を。

茄子におくら、ゴーヤーなど夏野菜のカレー。
おそばを鉢に入れ、冷たいおつゆを注いで
冷たいカレーを。
白髪ねぎを添えました。

お箸は佐川岳彦さん、箸置は小川佳子さん作です。
b0132444_18501700.jpg
(T)


by shizen-gallery | 2017-08-16 18:50 | 新入荷のお知らせ

オンラインショップのご案内~大井寛史さん、杉本太郎さん、及川静香さんのうつわ

オンラインショップに大井寛史さん、杉本太郎さん、及川静香さんの
うつわを掲載しました。

大井寛史さんの黄釉楕円皿 大に、
ぱりぱりそばと野菜のサラダ。

夏休みのおひるごはん、
焼きそばに、炒飯、オムライスにサンドイッチ、
アメリカンドッグも美味しそうです。

お箸は平岡正弘さん、箸置きは島るり子さん作です。
b0132444_20043724.jpg
b0132444_20324604.jpg
b0132444_20331522.jpg
杉本太郎さんの白磁五六八碗。

貝割れ大根を熱湯にくぐらせ、よく水分を
絞ったら出汁醤油にひたします。
碗におそばを入れて、鶏天とちくわの磯部揚げと
貝割れ大根のお浸しをのせておつゆを注ぎます。

お箸と箸置きは、佐川岳彦さん作です。
b0132444_20340976.jpg
b0132444_20343902.jpg
b0132444_20350855.jpg
及川静香さんの楕円皿 大。

鶏ひき肉と甘長唐辛子炒め、ジャガイモと玉子のクミン炒めと
香味野菜のプレート。

添えたスプーンは、田中俊介さん作です。
b0132444_20374173.jpg
b0132444_20354788.jpg

b0132444_20361711.jpg
(T)


by shizen-gallery | 2017-08-03 20:38 | 新入荷のお知らせ

オンラインショップのご案内~及川静香さんと中西申幸さんのうつわ

オンラインショップに及川静香さんと中西申幸さんのうつわを掲載しました。

及川静香さんの呉須灰釉八寸鉢に野菜の煮物を。
取皿に竹本ゆき子さんの粉引灰釉五寸皿、
お箸は平岡正弘さん作です。
b0132444_18461357.jpg
b0132444_18463315.jpg
b0132444_18464701.jpg
中西申幸さんの菊形皿に、山口の吉田松陰串団子と宮崎のうすでこ。

お湯呑は高木剛さん、茶托は石畑哲雄さん作です。
b0132444_18470238.jpg
b0132444_18471396.jpg
b0132444_18473698.jpg
明日は、明後日のたなかふみえ展搬入のため夕方くらいから
片付けを始めます。
b0132444_18542863.jpg
(T)



by shizen-gallery | 2016-11-27 18:47 | 新入荷のお知らせ

オンラインショップのご案内~及川静香さんと中西申幸さんのうつわ

オンラインショップに及川静香さんと中西申幸さんのうつわを掲載しました。

及川静香さんの削り丼鉢です。
b0132444_15024381.jpg
ざっくりとした表情のうつわは、和でも洋でもエスニックでも。

今日のおひるは、ビーフンと煮卵とブロッコリーの茎のザーサイ風味。
高木剛さんの箸置きと平岡正弘さんのお箸と。
b0132444_15025409.jpg
b0132444_15030316.jpg
中西申幸さんの象嵌菊形皿。
b0132444_15032803.jpg
ブロッコリーのとろろ煮、炒り卵入り。
本日の一献。

津坂陽介さんのダイヤのコップと平岡正弘さんのお箸と。
b0132444_15044721.jpg
盛り付けると可憐な柄は隠れますが、縁に入れられた象嵌の
白いラインが食材をぱっと引き立ててくれます。

b0132444_15050081.jpg
(T)


by shizen-gallery | 2016-11-20 15:05 | 新入荷のお知らせ

オンラインショップのご案内~荒賀文成さんと及川静香さんのうつわ


オンラインショップに荒賀文成さんの黒釉五寸つば皿と及川静香さんの削りカップを
掲載しました。
b0132444_18034322.jpg
つば皿に肉じゃが、古川桜さんの流し石小皿に塩むすび。
箸置きは高木剛さん、お箸は平岡正弘さん作です。
b0132444_18035482.jpg
b0132444_18115138.jpg

b0132444_18043010.jpg
削りカップに珈琲。
b0132444_18044271.jpg
ごりごりと削られたカップ。
手触りがなんとも心地よいのです。

(T)
オンラインショップ

by shizen-gallery | 2016-11-17 18:10 | 新入荷のお知らせ

及川静香展 5

及川静香展5日目です。

及川さんのうつわで、秋御膳。

上右 茜釉注器(小)3,456円
上左 豆鉢 1,080円
下右 削りボウル(小) 2,160円
下左 刷毛目豆皿 864円
b0132444_20385741.jpg
b0132444_20391128.jpg
茜釉注器(小)に、月見とろろ。
豆鉢に菊の花のおひたし。
削りボウル(小)に、鰻の炊き込みごはん。
刷毛目豆皿に茄子と茗荷のお漬物。

欅山家具工房さんの折敷にのせました。

及川静香展は、17日(月)17時までです。

(T)


by shizen-gallery | 2016-10-16 10:55 | 展覧会のお知らせ

及川静香展 3

及川静香展4日目です。
お料理がお好きとおっしゃる及川さん。
やっぱり。うつわも美味しそうなのです。

鉄9寸皿に、柿とベビーリーフのサラダを。
b0132444_20312191.jpg
b0132444_20312938.jpg
焼いたお肉の色もぐっと美味しそうに映ることと思います。

ベビーリーフ2袋と柿1つ分のサラダ。
がっしり受け止めてくれました。

オリーブオイルで和えて、塩を混ぜただけのサラダです。
すりごまやクミンをかけても美味しいことと思います。

及川静香展は、17日(月)17時までです。

(T)


by shizen-gallery | 2016-10-15 20:31 | 展覧会のお知らせ

及川静香展 2

及川静香展が始まりました。
店内の様子です。
b0132444_12043330.jpg
b0132444_12044456.jpg
b0132444_12045205.jpg
b0132444_12050104.jpg
b0132444_12051170.jpg
b0132444_12051846.jpg
b0132444_12052566.jpg
b0132444_12053231.jpg
b0132444_12053882.jpg
b0132444_12054570.jpg
b0132444_12055606.jpg
今日、明日は及川さんが在廊してくださいます。

どうぞお出かけくださいませ。

(T)


by shizen-gallery | 2016-10-12 12:14 | 展覧会のお知らせ

及川静香展

明日12日(水)からは、及川静香展が始まります。

2016 10/12 wed- 17 mon
12:00~19:00(最終日17:00まで)

及川さん在廊日:12日(水)、13日(木)
b0132444_11353387.jpg
写真:栗原かほり

及川さんのプロフィールです。

1982年 岩手県生まれ

2001年 益子陶芸倶楽部に勤務
     古木良一氏に師事

2006年 益子町にて独立

2008年 新たに築窯

以後各地にて展示会に参加

釉薬をテストされるのがお好きという及川さん。
新しい釉薬のお仕事も少しずつ増えています。

サイズは全てcm
1.粉引き 楕円皿(大) ¥3888 / 18×21×H3.5

b0132444_15452070.jpg
b0132444_15452799.jpg
2.5寸皿        ¥1944 / Φ15×H3
b0132444_15454884.jpg
b0132444_15455353.jpg
3.削り8寸鉢 ¥7560 / Φ25×H8
b0132444_15461057.jpg
b0132444_15461639.jpg
4.削りボウル(大) ¥2376 / Φ14×H6
5.削りボウル(小) ¥2160 / Φ13×H6
b0132444_15463450.jpg
b0132444_15463904.jpg
6.削りカップ ¥2160 / Φ9.5×H8
b0132444_15465615.jpg
7.削り丼鉢 ¥4104 / Φ20×H9
b0132444_15471311.jpg
b0132444_15472116.jpg
8.イラボ4寸鉢 ¥1944 / Φ12.5×H6
b0132444_15475421.jpg
b0132444_15480234.jpg
9.楕円鉢 ¥3888 / 23×18×H5.5
b0132444_15481920.jpg
b0132444_15482686.jpg
10.7寸皿 ¥3672 / Φ21×H3
b0132444_15484463.jpg
b0132444_15485092.jpg
11.鉄イラボ5寸鉢 ¥2592 / Φ15×H5
b0132444_15492805.jpg
12.鉄9寸皿 ¥7020 / Φ27×H5
b0132444_15494096.jpg
13.長皿 ¥3024 / 28.5×12×H1
b0132444_15495540.jpg
b0132444_15500092.jpg
14.面取りカップ(大) ¥2376 / Φ8×H9.5
b0132444_15502968.jpg
15.面取りカップ(小) ¥1944 / Φ6.5×H8
b0132444_15504600.jpg
16.楢灰7寸鉢 ¥5184 / Φ21×H8

ドラマチックな表情の鉢。
楢の灰の特質で、このような変化が生まれるのだそうです。
b0132444_15510198.jpg
b0132444_15511412.jpg
17.6寸皿 ¥2808 / Φ19×H3.5
b0132444_15513163.jpg
18.削り大皿 ¥8640 / Φ28×H5

案内状の大皿です。
b0132444_15522064.jpg
b0132444_15522963.jpg
19.飯碗 ¥2160 / Φ12~13×H6
b0132444_15524676.jpg
b0132444_15525400.jpg
20.削り注器 ¥3240 / Φ9.5(口まで10.5)×H9
b0132444_15531217.jpg
b0132444_15532766.jpg
21.注器(大) ¥3888 / Φ14.5(口まで16.5)×H8
22.注器(小) ¥3456 / Φ9.5(口まで12)×H8
b0132444_15535009.jpg
b0132444_15535875.jpg
23.ぐい呑み ¥2160 / Φ7×H5
b0132444_15541465.jpg
b0132444_15542229.jpg
24.壺 ¥21600 / Φ14×H22
b0132444_15543826.jpg
25.呉須  灰釉8寸鉢 ¥6480 / Φ24×H7
b0132444_15545821.jpg
b0132444_15545142.jpg
26.6寸皿 ¥2808 / Φ18×H4
b0132444_15552565.jpg
b0132444_15553264.jpg
27.呉須 線文6寸鉢 ¥3672 / Φ18.5×H7
b0132444_15560395.jpg
b0132444_15555572.jpg
28.そば猪口 ¥1944 / Φ9×H7
b0132444_15562220.jpg
29.呉須  灰釉花器 ¥12960 / Φ11.5×H21
b0132444_15563622.jpg
30.呉須  線文花器 ¥10800 / Φ11×H18
b0132444_15565015.jpg
31.8寸鉢 ¥6480 / Φ24.5×H5
b0132444_15573250.jpg
32.青釉楕円皿 ¥4320 / 29×23×H3
b0132444_15575303.jpg
b0132444_15574627.jpg
33.丸皿(大) ¥3672 / Φ21.5×H2
34.丸皿(小) ¥1944 / Φ15×H1
b0132444_15581717.jpg
b0132444_15581098.jpg
35.刷毛目豆皿 ¥864 / Φ9.5×H2.5
b0132444_15583485.jpg
36.辰砂湯のみ ¥1728 / Φ9.5×H6

辰砂(しんしゃ)は、紅色に発色する釉薬です。
及川さんの辰砂は、鈍い紫を感じる紅色です。ところどころに浮かぶ金属の変化も見どころ。
秋の食材との色合わせが愉しい色です。
b0132444_15591006.jpg
37.4寸皿 ¥1296 / Φ12×H3
b0132444_16000007.jpg
38.辰砂角皿(大) ¥2592 / 17.5×17.5×H2
b0132444_16003623.jpg
b0132444_16004982.jpg
39.辰砂角皿(小) ¥1944 / 14.5×14.5×H2.5
b0132444_16010346.jpg
40.一輪挿 ¥4104 / Φ5×H11.5(手前右)
b0132444_16011840.jpg
41.花器 ¥16200 / Φ8.5×H22
b0132444_16020881.jpg
42.注器 ¥4104 / 10.5(口まで13)×H8
b0132444_16022191.jpg
43.ぐい呑み ¥2160 / Φ8×H4.5
b0132444_16024293.jpg
44.呉須  灰釉ぐい呑み ¥2592 / Φ8×H4
b0132444_16030158.jpg
b0132444_16031444.jpg
45.茜釉大皿 ¥8640 / Φ28×H4
b0132444_16034126.jpg
b0132444_16033097.jpg
46.注器(大) ¥3888 / 11×12×H8
47.注器(小) ¥3456 / 10×10.5×H6.5
b0132444_16040831.jpg
48.ぐい呑み ¥2808 / Φ7×H5
b0132444_16042653.jpg
49.蓋物(大) ¥3240 / Φ13.5×H6
50.蓋物(小) ¥2808 / Φ11.5×H4.5
b0132444_16044318.jpg
b0132444_16045275.jpg
51.灰釉一輪挿 ¥3240 / Φ2.5×H10.5
b0132444_16050954.jpg
52.白釉豆皿 ¥864 / Φ9×H2
b0132444_16055942.jpg
53.粉引き注器(大) ¥3780 / Φ13(口まで15)×H7
54.粉引き注器(小) ¥3240 / 12(口まで13.5)×H6.5
b0132444_16062779.jpg
b0132444_16063463.jpg
55.ぐい呑み ¥2808 / Φ6.5×H5.5
b0132444_16065137.jpg
56.削り壺 ¥21600 / Φ13×H24
b0132444_16070445.jpg
57.豆鉢 ¥1080 / Φ9.5×H3
b0132444_16071616.jpg
58.粉引き長皿 ¥3024 / 32.5×8.5×H1
b0132444_16072922.jpg
b0132444_16073723.jpg
59.スープボウル ¥2808 / Φ13.5×H7
b0132444_16075564.jpg
b0132444_16080363.jpg
60.削りスープマグ ¥2592 / Φ13(持ち手まで14.5)×H5
b0132444_16082200.jpg
61.辰砂7寸鉢 ¥4968 / Φ21.5×H6
b0132444_16084378.jpg
b0132444_16085008.jpg
62.面取りカップ ¥2160 / Φ9×H7.5
b0132444_16090426.jpg
並べながら、なんど美味しそうとつぶやいたことか。
美味しそうな予感がたくさん詰まった及川さんのうつわです。

日々色を変えていくようなこれからの深まる秋の色も詰まっています。

秋のお供に、どうぞ出会いにいらしてください。

明日、明後日は、及川さんとお待ちしています。

(T)


by shizen-gallery | 2016-10-11 11:36 | 展覧会のお知らせ