久保裕子 ガラス展


今日は、本当に蒸しますね。夏本番な感じの日差し・・。

明日から、涼しげな久保裕子さんのガラス展が始まります。
四季折々、植物や魚達の様子を眺めるのが楽しい石文鎮が集まりました!
新作もあり、常に表現の幅をひろくそして深く進む久保さん。

今回のDMにもなっている蓋物。
b0132444_19385498.jpg

蓋の部分に亀さんが泳いでいます。そして蓋を開けると・・・。
b0132444_19391325.jpg

大きさは、直径8cm、全体の高さ5cm。¥31500
こちらは、メダカさんです。
b0132444_19422626.jpg

蓋を開けるワクワク感。開けると・・。
b0132444_1942406.jpg

金魚とメダカがゆったりと泳いでいます。私は、岩のリアルな雰囲気が素晴らしく感動しました。
触ると、ごつごつしていそう・・。
b0132444_19425781.jpg

大きさ直径7cm、全体の高さ4cm。¥29400

そして、今度は空を飛んでしまいました。
b0132444_1946121.jpg
b0132444_19462424.jpg

「はるか」、ツバメです。ツバメを描いているとき、本当に空中飛行している感覚なんだそうです。
のびのびと空を羽ばたく鳥になって・・・。
大きさ、約9cm厚みは3cm。¥12600

水皿。水面に思わず指を入れて遊んでみたくなります。
b0132444_19513751.jpg

水皿に光が当たり、影になった部分がきれいです。
b0132444_19515267.jpg

b0132444_19521369.jpg

石のグラデーションになっている色の感じが美しい。
大きさは、直径22cm。¥28300 上の写真は、一番大きいサイズです。

石文鎮夏。青ザリガニがお目見え。
b0132444_1957966.jpg

赤ザリガニと青ザリガニ。色の組み合わせがなんともいいですね。
小さいときに、川で泳いだり、ザリガニ取りを楽しんだ記憶がふと思い出されます。
b0132444_19572176.jpg

大きさは、9cm。ふたつとも大体同じです。¥7350

次は、アユ。群れをなして、ゆーらりゆーらりと川の流れにのっている感じ。
気持ちよさそうですね・・。決して、美味しそう・・。と思わないでください。
b0132444_2033493.jpg
b0132444_2034666.jpg

大きさ約10cm。¥10500

昨年の個展の際にも金魚鉢の中にベタちゃんを入れてきてくださいましたが、今回もやってきましたよ!
「眺めのある金魚鉢」
b0132444_2095252.jpg

久しぶりに見るベタちゃん。優雅です。その一言。
上から見ると・・。
b0132444_2010239.jpg

なんとなんと、三角になっているのです。3面、それぞれ違う大きさの窓があります。
b0132444_20101229.jpg

窓からこちらを覗くベタちゃん。
植物を入れてみました・・。
b0132444_20102593.jpg
b0132444_20103744.jpg

大きさは、幅16cm高さ23cm。¥28350
他にも形の違う金魚鉢。
b0132444_20182217.jpg
b0132444_20183659.jpg


ハスの葉シリーズ。
b0132444_20194879.jpg

大皿、冷製のパスタやそうめん、サラダ色々とのせたくなります。
大きさ、直径27cm深さ7cm。¥8925
取り鉢や取り皿用にも出番の多そうな器。
中鉢、大きさは直径14cm深さ6cm。¥4200
小皿、大きさは直径13cm深さ4.5cm。¥3360

次も、揃えて使いたくなる、なないろの線のボールと小鉢。
b0132444_20253715.jpg

縁の色が微妙に一つ一つ色が違い、素敵です。
ボールは、直径21cm深さ9.5cm。¥8925
小鉢、直径13.5cm深さ7cm。¥4830

新作のリキッドという花器。
涙のような雫がついている、心躍るようです。
b0132444_20293372.jpg
b0132444_20294391.jpg

微妙に雫のところが屈折して、表情が違うのが面白いです。
大きさ、約15cm幅11cm。¥12600

花どめになる「水も楽しむ花器」も小さいものから大きなものまでそろっています。
b0132444_20341319.jpg

上の写真は、横幅のあるタイプ。高さ15cm、幅15cm。¥8190
b0132444_20363678.jpg

そしてそして、水も楽しむシリーズの花掛けも登場!

今回ではご紹介しきれない文鎮や器達が沢山・・・。

素敵な水の中を覗きにいらしてください!

久保裕子さんは5(土)6(日)、9(水)10(木)と在廊されます。

(A)
# by shizen-gallery | 2008-07-04 14:46 | 展覧会のお知らせ

生春巻大会

たっぷりの香菜が冷蔵庫に。苦手な方も多い野菜ですが、鼻に抜ける香りがはまると病み付きになります。
どうやって食べようか?生春巻にすることに決定。

しかし、巻いている時間はない…。よし、手巻き寿司ならぬ、手巻き生春巻だ!

湯通しした豚肉や千切りしたきゅうり、茗荷、そして主役の香菜をたっぷり須田さんの桜のボウルに盛りつけます。
浅鉢に水を張って、生春巻の皮をしゃぶしゃぶ。
好みの具をすきなだけ入れてくるくる。
ちょっと破けても、ご愛嬌。タノシイデス。

赤味噌ベースで作ったタレをつけて頂きます。

取り皿は、京都の村田森さんのものです。
エスニック料理、韓国料理に染付や焼き締めのうつわをよく合わせます。
デルフトのタイル柄の写しなので、洋食もよい感じです。

楓に村田さんのうつわが入荷した様子。小皿やゆのみ、どんぶりなど。
見に行きたいなぁ。

(T)
# by shizen-gallery | 2008-07-04 10:10

柳琴姫さんのガラス

横浜のスタジオでガラスの作品を制作されている柳さんの作品が届きました。

風鈴いろいろ、各3675円。たくさん入り口にぶら下げました。
風が吹くといっせいに音を奏でます。それぞれ音色が違うのを聞き分けるのも
また愉しいです。合奏のように聴こえるときもあります。
b0132444_1538021.jpg

b0132444_15381818.jpg

b0132444_1538328.jpg

富山県のサブロウさんの長皿にのせると、なんだか水饅頭のようです。
箸置 各714円。裏は擂りガラスになっているので、上から見ると表情があって
きれいです。
b0132444_15404696.jpg

お箸を置くとこんなかんじです。三つ足ディッシュ 3570円と。
b0132444_15414121.jpg

三つ足ディッシュの足には気泡が入っています。
b0132444_15421922.jpg

スープボウル 3360円。田中俊介さんの「一期一葉~はっぱのおさら」10500円
の上にのせました。
ヴィシソワーズはもちろん、コンソメスープのクラッシュゼリーも美味しそう。
色とりどりに野菜をしのばせて。
夏の小鉢にも大活躍してくれそうです。
b0132444_15433351.jpg

こんなかわいらしい耳?がついています。
b0132444_15481674.jpg

銀箔水泡グラス 3150円。すずやかです。
b0132444_15492549.jpg

梅雨の中休みの昼下がりは、強い日差し。
柳さんの作品の写真を撮っているだけで、なんだか涼しい気持ちになりました。

(T)
# by shizen-gallery | 2008-07-03 15:52 | 新入荷のお知らせ

福田敏雄さんのお椀

昨年秋にお願いしていたお椀がようやくSHIZENに届きました。
輪島の福田敏雄さんのお椀です。
福田さんは、塗りあげてから半年は漆を枯らせてから出荷されるので、気持ちを
ながーく出来上がりをお待ちしていました。

出来上がってきたのは、石目椀右から4、1寸 12600円、3、8寸 10500円、
3、5寸 9450円です。黒と朱です。
b0132444_1817829.jpg

b0132444_18172775.jpg

自宅では、石目椀の4、1寸を飯椀として使っています。左側のお椀が自宅から
もってきたもの、右側が新しいお椀です。
具沢山のお汁の時には、汁椀としても登場。使い始めて、はや9年目。
漆のお椀は、使うとどんどん艶がでます。「使い艶」というのだそうです。
b0132444_18261139.jpg

こちらは、汁椀4寸黒内朱 10500円です。こちらを自宅では、汁椀に使っています。
形も、色使いも大好きなお椀です。品があるのだけれど、色気もある。
よそうたびにうっとりしています。
b0132444_1831548.jpg

b0132444_18311673.jpg

日曜日の朝ごはん。大根のお味噌汁をお椀によそいました。須田二郎さんの桜の木の
ボウルで混ぜたひじきご飯と。
b0132444_18335315.jpg


(T)
# by shizen-gallery | 2008-06-30 18:44 | 新入荷のお知らせ

木村きっこさんの器

7月3日まで個展をしている木村きっこさん。
器もオブジェのようですが、もちろん食べ物を盛り付けてもよい感じです。
きれいな色づかいに、食べ物がよく映えます。

こちらは、高台鉢8400円に枝豆とピータンをそれぞれ盛り付けました。
石川漆宝堂の折敷12600円の上に。ガラスのカトラリーレストは、柳琴姫さんの
もので945円です。
b0132444_16103482.jpg

b0132444_1610533.jpg

b0132444_16111030.jpg

台皿(四角)19950円に、生ハムとチーズを。小さな島のようなでっぱった部分が
あるので、ここに山葵をのせてお刺身と。辛子と小さな春巻き。というふうに
使っても愉しそうです。
グリッシーニを入れたのは、DMの作品のお仲間のカップ13650円。
b0132444_1619977.jpg

b0132444_16192110.jpg

動物四足鉢16800円にプチトマトを入れました。愉しいなぁ。
b0132444_1633590.jpg

小さなお子さんもよろこんで、ぱくぱく食べてくれそうです。
耳付き皿4200円には、レモン。豆皿2625円にお塩を。
b0132444_16333562.jpg

b0132444_1626429.jpg

夏のさんさんと輝く太陽にも負けない木村さんの器。盛り付けるだけで、心が
弾んできました。夏のお集まりで使ったら、話題になりそうです。

(T)
# by shizen-gallery | 2008-06-30 16:41 | 展覧会のお知らせ