角掛政志さんの器


常滑で作陶されている角掛政志さんの器が届きました。
角掛さんの器は、ぬくもりがありかっこよくもあり、でもかっこ良すぎない適度な手の温度を感じます。

今日届いた器は、8寸皿、碗、長皿です。
まずは、8寸皿から。
b0132444_18332213.jpg
b0132444_18333180.jpg

梱包から出てきたお皿を見て、カレー!ととっさに思ってしまい、原口潔さんのカレースプーンを添えてみました。
私の目にはチキンカレーの湯気が見えます・・・。美味しそう。
大きさ、24cm高さ4.5cm ¥5775 ずっしりとしているので安定感があります。

▽次は碗。
b0132444_18374282.jpg

▽裏を返して高台は・・。
b0132444_18375460.jpg

潔く美しい高台。とても持ち易いです。
こちらは、小丼として。また、沢山ご飯を食べる男性にぴったりです。深めなので、ちょこっときつねうどん等にも活躍しそう・・。
大きさ 径14.5cm高さ8cm ¥3150


▽最後に長皿。
b0132444_1846361.jpg

▽少し立ち上がっているので、同じ目線から見ると・・。
b0132444_18464855.jpg

大きさ 34.5cm幅12cm高さ4cm ¥5250
こちらの長皿は、家でも重宝しています。これからの季節の秋刀魚は十分、しっぽまできちんと納まります。パンとペーストとチーズの盛り合わせに、お素麺の薬味、茗荷、紫蘇、椎茸の甘辛煮を
どっさりと3種盛に、お酒のおつまみにきんぴらと長ネギのソテーと板わさをのせて。ナドナド。

今回届いた器達は、光の加減で、鉄の釉薬の表情が分かりづらくなっていますが、3つのアイテムとも黒いです。
角掛さんの器は、色々に活用でき、シンプルなので和洋問わず使いやすく、なんだか艶っぽい色気を感じます。それは、釉薬の色のせいかしら・・。分からないですが。

(A)
# by shizen-gallery | 2008-08-09 17:37 | 新入荷のお知らせ

LOVE BEER!


立秋も過ぎ、暦の上では秋。
しかし、今日の東京は今年一番の暑さでした・・・。

こうも暑いと、家に帰って今日一日かいた汗を流してからのプシュッ、(今うちでは、YEBISUビールのシールで極上のお宿を当てようと集めているので缶ビールです)ゴクゴクゴク。が、さぞかし美味しいだろうな・・。
想像するだけで、シュワシュワしたものが飲みたくなってきます。

▽そこで、かなり独断ですが、お店にあるビアマグ達を集めて、撮影です。
b0132444_193741.jpg

左手前から、ガラス井上美樹 口径7cm高さ11cm¥3150一口ビアという感じです。
左奥 ガラス松岡洋二 口径7cm高さ15cm¥3675十分にビールを味わえる大きさ。
真ん中手前 錫 ひとくちビアグラス~りん~ 田中俊介 口径5.5cm高さ10cm¥6300 こちらも井上さんと同じく、一口ビアを楽しむタイプ。
真ん中奥 手前と同じく錫。ビアグラス~りん~ 口径7.5cm高さ14cm¥8400 錫なので、冷たくキンキンに冷蔵庫で冷やしてからビールを入れて飲むと、唇までひやっと冷たくなります。
右奥 真ん中と同じく錫。口径6.5cm高さ14cm¥8400 こちらは~りん~とまた表情が違い、水・波・湧き上がるイメージで作られ、~湧~シリーズです。
右手前 緋だすきの焼き締め 田宮亜紀 口径8cm高さ10cm¥4200

それぞれに表情が違うので、迷ってしまいますね・・・。

マイビアマグを持って、ビアガーデンへ行くというのも、いいかも。。

なんて考えていたらのどが渇いてきたので、ここら辺でおしまいにして、夜ごはん、何を作ろうか考えます。
みなさんも、金曜日の夜をお楽しみ下さい!

(A)
# by shizen-gallery | 2008-08-08 19:58 | つれづれ

松岡装子さんの器

神奈川県でガラスの作品を作られている松岡装子さんから、作品が届きました。
ガラスにエナメルで絵付けをし、何度も焼き付けて作品を完成されます。
目にしたことのないような、質感と色合い。浅い夢で見たような色だなぁと思います。

「グラス 夜」 口径 7、5センチ×高さ 10、5センチ、11550円。
b0132444_1916190.jpg
b0132444_19161187.jpg

巻きつけた熱いガラスに白いガラスの粒をつけて吹くと、こんなふうになります。
白い模様に赤い魚が鮮やかです。
「高台付小鉢(白)」 口径 11センチ×高さ 8センチ、8400円。
b0132444_19244337.jpg

b0132444_19272524.jpg

「ネコグラス」 口径 8、5センチ×高さ 10、5センチ、7350円。
ふんばりネコの鼻に、心うたれます。
b0132444_19262861.jpg

b0132444_19263892.jpg

口径 7、5センチ×高さ 9センチ、7350円。
月の夜に船出です。
b0132444_19311679.jpg

口径 5センチ×高さ 7センチ、9975円。
ブルーグリーンの色にはっとします。
b0132444_1931579.jpg

「てんとうむし小鉢」 口径 8、5センチ×高さ 8センチ、10500円。
てんとうむしは、立体です!!!
b0132444_19322897.jpg

小さなぐいのみ 口径 4、5センチ×5、5センチ、10500円。
b0132444_1935211.jpg

b0132444_19353610.jpg

「たわみ小鉢」 13、5センチ×15センチ×6センチ、9450円。
b0132444_19363938.jpg

b0132444_19365581.jpg

装子さんには、ご主人の洋二さんと9月27日(土)から10月2日(木)まで
二人展をお願いしています。

(T)
# by shizen-gallery | 2008-08-07 19:39 | 新入荷のお知らせ

田宮亜紀さんの器 実践編

田宮亜紀さんの板皿を購入、持ち帰り早速巻き寿司(出来合い)を盛り付けました。
右から2番目のお寿司が乱れています。。。
b0132444_1651971.jpg

洋食のときにチーズを盛り付けたいなと思ったり。

早速使いたかったので、お米のとぎ汁に一晩浸すことなく、水を通してから盛り付けました。
あらら。お寿司の跡が「うっかり日焼け」のように。
なんだかほほえましくて、洗い籠にてついぱちり。
でも、使い続けるとこの跡もなじんでわからなくなります。
おおらかな気持ちで、焼締の器とお付き合いしていただけるとうれしいです。
b0132444_172955.jpg


(T)
# by shizen-gallery | 2008-08-05 17:12 | つれづれ

田宮亜紀さんの壺と器

工房で選ばせていただいた田宮亜紀さんの作品が届きました。

磁器土で作られた鉢。焼くときに藁をはさんだところが、緋色の模様になっています。
緋だすきが、ぼんやりやわらかくやさしい表情です。
素麺を盛り、夏野菜の素揚げをのせておつゆをはって、取り分けていただきたいです。
直径 25、5センチ×高さ  6センチ、12600円。
b0132444_15382718.jpg

b0132444_15315030.jpg

楓に届いた壺よりひとまわり小さい壺です。こちらは、白い刷毛目でまた違った魅力です。
刷毛目の部分は、ミルクココアのような甘い色味のベージュです。
b0132444_154321100.jpg

b0132444_1542483.jpg

b0132444_1544235.jpg

口内径 6センチ、口外径 7、5センチ×高さ 13、5センチ、36750円。
黒いダリアを口元に一輪、すこし長めに一輪なんてどうでしょうか。

横顔のうつくしい鉢。見込みが少なく縁に広がりがある鉢。盛り付けたお料理を
きれいに見せてくれそうです。
直径 20センチ×高さ 8センチ、5250円。
b0132444_15525913.jpg

b0132444_15531670.jpg

持ち手のついたピッチャー 小 口径6、5センチ×高さ 9センチ、4200円。
中 口径 6、5センチ×高さ 10センチ、5250円。
小は180cc、中は200ccはいります。ミルクの白がなんともはえそうです。
水切れもばっちりです。
b0132444_15575324.jpg

b0132444_15581379.jpg

b0132444_15593127.jpg

カップ 右 口径 8センチ×高さ 9、5センチ、4200円。
左 口径 9センチ×高さ 9、5センチ、3150円。
b0132444_1633556.jpg

右側のカップは、内側に灰が降っています。
b0132444_1644025.jpg

左側のカップは、内側にも刷毛目が。
b0132444_1652067.jpg

田宮さんのお家では、にんにく入れとして使われているふたもの。
皮がついたままのにんにくを入れておくと、半年くらいは元気でいてくれるそうです。
釉のかかっていない焼締ならではです。
こんな感じにお使いでした。
b0132444_16844.jpg

b0132444_1682496.jpg

ふたもの色々も送っていただきました。
b0132444_1692127.jpg

一番大きなものが、口径 7、5センチ×高さ 10センチ、12600円です。
一番小さなものは、朝の小梅入れによさそう。口径 7センチ×高さ 8センチ、
8400円。 

炭化板皿 縦 15センチ× 横 26、5センチ、6300円。
ざらざらした紙に白いクレヨンで描いたような色が出ています。
思うに任せない火の仕事です。
表も裏もどちらの色も捨てがたく、どちら側を表に置くか迷います。
b0132444_16262075.jpg

b0132444_16263479.jpg


(T)
# by shizen-gallery | 2008-08-05 16:14 | 新入荷のお知らせ