<   2014年 10月 ( 51 )   > この月の画像一覧

日々の耐熱~ひる 9

買ってきたおでんも、器でしあわせ。

小川佳子さんの耐熱パン中+二円大小皿。
辛子と柚子胡椒は、遠藤翔さんの薬味小鉢に。←匙としてもお使いいただけます。
b0132444_13254978.jpg

湯気が撮れていなくてザンネン。
初、出汁巻玉子おでん。
b0132444_13255439.jpg
b0132444_13255940.jpg

明日31日(金)はおやすみです。

日々の耐熱展は、11月3日(月)17時までです。

(T)
by shizen-gallery | 2014-10-30 13:27 | 展覧会のお知らせ

日々の耐熱〜ひる 8

b0132444_14452548.jpg

清岡幸道さんの耐熱ボウルでグリーンカレーのあたためなおし。

厚揚げともやしのピーナッツソースのサラダ、ディスプレーがんばってくれた東久留米のハヤトウリのナンプラー炒め。

明日は14時半頃から、小川佳子さんが在廊してくださいます。

明後日31日(金)は、おやすみです。

(T)
by shizen-gallery | 2014-10-29 14:45

日々の耐熱展 5~田中俊介さん、八木橋昇さん

埼玉県で制作されている田中俊介さんの器です。
平らな真鍮の板に力を加えて形作り、自然にできたドレープが器の
縁をやわらかに見せています。

なみなみわん 大大、直径28.5㎝×高さ6.5㎝、10800円。
b0132444_17342813.jpg

直火にかけて、お鍋としてお使いいただくこともできます。
火にかけてもそんなに表情は変わりません。
真鍮の金色に黄金色の出汁。ありがたや。
ぶりしゃぶなど、いかがでしょう。

これからの季節、お鍋の具材を盛り合わせたり。
氷水を入れて冷たく冷やしてサラダや果物を盛り付けたり。
b0132444_17343436.jpg

信楽で作陶されている八木橋昇さんの器です。

白楕円グラタン鉢、20.5㎝×28.5㎝×6㎝、8100円。

ご家族分のグラタン、たんと。
楕円型、鰯のパン粉焼きなどにも。。

どうぞ直火にかけて、お鍋にもお使いください。
b0132444_17344168.jpg
b0132444_17344736.jpg

10月31日(金)は、お休みです。

(T)
by shizen-gallery | 2014-10-29 10:35 | 展覧会のお知らせ

日々の耐熱展 4~深田容子さん

茨城県竜ケ崎市で作陶されている深田容子さんの耐熱の器です。

黄粉引手付耐熱パン 小、
直径23㎝(両耳を含む長さ26.5㎝)×高さ5㎝(耳を含む高さ7㎝)、10800円。

黄粉引手付耐熱パン 中、
直径26.5㎝(両耳を含む長さ30.5㎝)×高さ6㎝(耳を含む高さ8㎝)、14040円。
b0132444_173748.jpg

かりりと美味しそうな黄粉引の色。
柳川はもちろん、アルミホイルを蓋にして、パエリアなどいかがでしょうか。
浅い耐熱の器も、火の回りが早く使い勝手がよいものです。
陶板のようにもお使いいただけます。

かりかり、ふっくら、美味しく焼けます。

中サイズを上から撮影しました。
b0132444_1731563.jpg

黒鍋(深型)、直径24㎝×ボディの高さ10.5㎝、蓋つまみまでの高さ17㎝、19440円。
b0132444_1732389.jpg

マットな黒。

深さのある土鍋は、炊飯やことこと煮込みにもおすすめです。
b0132444_1732988.jpg

10月31日(金)はお休みです。

(T)
by shizen-gallery | 2014-10-28 17:03 | 展覧会のお知らせ

日々の耐熱展 3~正島智恵さんの鍋つかみ

今日は、久留米から正島智恵さんがいらしてくださいました。
作られた小鍋つかみと。
b0132444_17524384.jpg

古い布と麻を組み合わせて、鍋つかみやコースター、ランチョンマットを今回はお作り
くださいました。

小鍋つかみは、今回の新作です。
b0132444_17542239.jpg

手のかたちのタグは、使い方も教えてくれていました。
親指と小指以外を片方のポケットに入れて、親指で上から押さえて使います。
b0132444_18261599.jpg

清岡幸道さんのグラタン鉢と。
b0132444_1757243.jpg

こちらは、包み込む使い方。

小川佳子さんのタジン鍋と。
b0132444_17573287.jpg

日々の耐熱展は、11月3日(月)までです。


(T)
by shizen-gallery | 2014-10-27 17:54 | 展覧会のお知らせ

日々の耐熱展 2~タジンデモンストレーション

閉店後のshizenで、いつぞやのタジン料理をデモンストレーション。

下味をつけた骨付き鶏を鍋に敷き、乱切りさつまいもをのせ
日本酒に合わせたかったので出汁+酒+薄口しょうゆを鶏がひたるくらいかけて
実山椒をぱらりして、加熱しました。
b0132444_12245668.jpg

タジン料理のポイントは、終始弱火です。
b0132444_1225156.jpg

しばらくすると食材の水分が蓋とボディの間に沸いてきます。
そのうち一部分がぷっぷっと勢いよく吹き上げてきます。
はねが気になるようでしたら、蓋をあけると圧力を調整できます。
b0132444_1225767.jpg

おつまみは、茹で落花生、柿とトマトのサラダ、蕪のパセリドレッシングかけ。
b0132444_12251156.jpg

ぷっぷっといって、15分ほどで出来上がり。
ほくほく、ふっくら。
b0132444_12251653.jpg

小川さんから、画像拝借シリーズです。

葉ものを敷いて、焼売のあたためなおし。
ぷっぷっといってから、3分くらいで出来上がり。
しっとり、むっちり仕上がります。
b0132444_14553567.jpg

茶碗蒸しも、お得意です。
調味した卵液を入れた器のまわりに水をはり、加熱して
ぷっぷっといったら5~10分ほどで出来上がり。
竹串でさして、透明になるのが出来上がりの目安です。

ふたから水が垂れないのが、美味しさの秘密?
b0132444_14554829.jpg

南瓜もおすすめです。
大きさにもよりますが、一口大でぷっぷっといってから10分ほどで出来上がり。
丸ごと南瓜を半分に切って、ひき肉餡を詰めて加熱する場合は15分くらいでしょうか。
b0132444_1754798.jpg

牡蠣の季節に、おすすめメニュー。
昆布を敷いて、牡蠣をのせお酒を大匙2くらいふりかけ加熱し
ぷっぷっといったら1分ほどで出来上がり。
最後の1分の前にバターを入れるのもおすすめです。
b0132444_14555782.jpg

「日々の耐熱展」は、11月3日(月)17時までです。

(T)
by shizen-gallery | 2014-10-26 12:26 | 展覧会のお知らせ

日々の耐熱展のお知らせ

明日、10月25日(土)からは「日々の耐熱展」が始まります。
b0132444_22202388.jpg

写真 池田裕一

2014 10/25sat – 11/3mon 12:00〜19:00(最終日17:00まで)
※会期中10月31日(金)はお休みです。



いつもと違う美味しさに出会ったり
朝ごはんの支度が気軽にできたり
日々のくらしに+耐熱のうつわのたのしみを

参加作家
小川佳子(陶)、清岡幸道(陶)、小谷田潤(陶)
深田容子(陶)、八木橋昇(陶)、遠藤翔(木工)
正島智恵(布)、田中俊介(金属)



在廊日
25日(土)清岡、田中
26日(日)小川
27日(月)正島
2日 (日)八木橋

価格はすべて税抜きとなっております。
表示の価格に消費税を課税させて頂きます。

小川佳子さん

左:オーブンパン 角大 黄 ¥4500   21×15×高さ5.5cm
右:オーブンパン 角小 茶 ¥3500   18.5×10.5×高さ5.5cm
b0132444_20222670.jpg
b0132444_2022409.jpg



左:オーブンパン 丸中 黄 ¥3200 直径15×高さ5cm
下:二円大小皿 瑠璃 ¥3200  横幅25.5cm 大きい丸の直径 16.5cm 小さい丸の直径 12cm

とっても便利なだるま型の新作皿。小川さんのサイズ違いの土鍋に合うよう作られていて、大きい方には中サイズのオーブンパンがすっぽり。
れんげは遠藤翔さん。 レンゲ(サクラ) ¥2000 15.5cm
b0132444_20225077.jpg



小さい方には小サイズがぴったりです。
右:オーブンパン 丸小 黄 ¥2500
レンゲSサイズ(サクラ) ¥1800
b0132444_20225877.jpg


小川さんが作ってくださったオーブンパンの使用例。
中サイズは一人すき焼きにも。
b0132444_20251882.jpg



右:キャセロール大 茶 ¥14000 直径24×高さ11cm
左:キャセロール小 黒 ¥7000 直径17×高さ9cm
b0132444_20231666.jpg
b0132444_20232574.jpg
b0132444_20233426.jpg



タジン 大 黒抜 ¥18000 直径26×高さ22cm 
タジン 小 青 ¥13000  直径21×高さ19cm
b0132444_2024216.jpg
b0132444_202498.jpg
b0132444_20241585.jpg



薬味箱 小 ¥2300 染付¥2500(奥中央)  ※小さじは別売りとなります。 小さじ ¥600
b0132444_20242192.jpg




八木橋昇さん

上:青白 ミルクパン ¥5500 直径12×高さ9cm 取っ手9cm
下:遠藤翔さん 鍋敷き(ラワン) ¥3000 直径16×高さ3cm
b0132444_2026277.jpg


黒 白 青  お色違いもございます。
b0132444_2026486.jpg



左:白 楕円グラタン皿 ¥3200 14.5×13.5×高さ5cm
右:黒 楕円グラタン皿 ¥3200 14.5×13.5×高さ5cm
遠藤翔さん かゆ匙 ¥1800
b0132444_20265374.jpg
b0132444_2027169.jpg


黒呉須化粧 スープ平マグ ¥3200 直径13×高さ5cm
b0132444_2027935.jpg


右:黒茶 オーブン鉢 ¥8000 直径22.5×高さ5cm
すき焼き鍋にも使える鉢と合わせて、溶き卵入れにもぴったりです。
b0132444_20271630.jpg



左:白グラタン鉢 ¥7500 22×19×高さ6cm
右:白グラタンマグ ¥3200 直径14×高さ5cm
b0132444_20273077.jpg

b0132444_20272495.jpg


白 シチュー鍋 小 ¥15000 直径21×高さ15cm
b0132444_20273556.jpg

b0132444_20274426.jpg
b0132444_20274911.jpg



深田容子さん

黄粉引 深鍋 ¥15000 直径20cm×高さ13cm
b0132444_20275593.jpg

b0132444_20281336.jpg


左:黄粉引 手付耐熱ぱん(中) ¥13000 直径26.5×高さ5.5cm
右上:黄粉引 楕円鉢 ¥2300 13×12×高さ5cm
左下:黒鉄釉 片口鉢 ¥3000 直径13×高さ5cm
b0132444_20281985.jpg



左:黒鉄釉マグカップ ¥2700 直径9×高さ8.5cm
右:黄粉引マグカップ ¥2700 直径10×高さ7cm
b0132444_20282636.jpg


左:刷毛目鍋 ¥17000 直径28×高さ13cm
右:黒鉄釉ボウル ¥2000
b0132444_20283342.jpg



小谷田潤さん

左:グラタン皿 黒 ¥5500 直径24×高さ5cm
右:取り鉢 黄 ¥2000 直径12×5cm
b0132444_20283964.jpg
b0132444_20284447.jpg



右:丸鍋 黒 ¥11000 直径13×高さ16cm 
左:丸取り鉢 緑 ¥2100 直径11×高さ7.5cm 
トムヤムクンやマッコリが飲みたくなる組み合わせですが、丸鍋はご飯も美味しく3合炊けるすぐれものです。
b0132444_20285126.jpg
b0132444_2029113.jpg


左:リムスープボウル 黄 ¥3000 直径19×高さ5cm
右:リムスープボウル 水色 ¥3000 直径19×高さ5cm
b0132444_2029741.jpg
b0132444_20291318.jpg


角鍋 大 白 ¥20000 直径26×高さ13.5cm 
b0132444_20345956.jpg



清岡幸道さん

左:耐熱フライパン大 ¥6000 直径20.5×3.5cm 取っ手9cm
右:耐熱フライパン中 ¥4200 直径16×3.5cm 取っ手9.5cm
b0132444_20292099.jpg


キャセロール 茶 ¥13000 直径19.5×高さ13cm
b0132444_20292611.jpg

b0132444_20293174.jpg


耐熱ポット ¥15000 直径12×高さ18cm
b0132444_20293838.jpg
b0132444_20294339.jpg


左:土鍋 小 茶 ¥9000 直径18.5×高さ24cm
右:青灰釉 取り鉢 ¥2600 直径13×高さ4.5cm
b0132444_2029589.jpg



右:グラタンボウル 大 茶 ¥7000 直径22×高さ6cm
左:錆釉取り鉢 ¥2600 直径13×高さ4.5cm
b0132444_20295070.jpg
b0132444_2030668.jpg


耐熱グラタンボウル 茶 ¥3000 直径14.5×高さ5cm
b0132444_20322683.jpg




正島智恵さん

古布 小鍋つかみ ¥1700 
b0132444_2031291.jpg



鍋つかみ ひょうたん ¥1800
b0132444_20314327.jpg

b0132444_20314969.jpg


田中俊介さん

フライパン ¥35000 直径20×高さ6cm 取っ手7cm
レードル大 ¥4800 23cm
b0132444_203241100.jpg


左から
お玉 大大 ¥18000 お玉 大 ¥16000 お玉 小 ¥14000  レードル大 ¥4800
b0132444_20325337.jpg


なみなみわん 大大 ¥10000 直径28.5×高さ7cm
b0132444_203258100.jpg


おわん大大 ¥12000 29×26.5×高さ7cm
b0132444_203349.jpg


おわん大 ¥7000 21×18.5×高さ18cm
スプーン大 ¥2600 18cm
b0132444_20331011.jpg




遠藤翔さん


左から
杓子S 拭漆(クリ) ¥2800  杓子S(サクラ) ¥2600 
浅サーバー(ウォルナット) ¥2600 レンゲLL ¥4600
b0132444_2035836.jpg


左から
薬味小匙(サクラ) ¥2000  薬味小匙 拭漆(ケヤキ) ¥2400
レンゲS(サクラ) ¥1800  レンゲS(ウォルナット) ¥1800
レンゲ(サクラ) ¥2000  かゆ匙 ¥2200
b0132444_20351530.jpg


鍋敷き(接ぎあわせ) ¥4000
b0132444_20363546.jpg

ずらり並んだ店内、見応えたっぷりです。
b0132444_223829.jpg
b0132444_22382594.jpg
b0132444_2238377.jpg

明日は、清岡幸道さん、田中俊介さんが在廊してくださいます。

どうぞお出かけくださいませ。

(T)
by shizen-gallery | 2014-10-24 22:12 | 展覧会のお知らせ

日々の耐熱 カウントダウン0.5~田中俊介さん

25日(土)からの「日々の耐熱展」にご参加いただく作家さんのご紹介です。

埼玉県で金属の作品を作られている田中俊介さんのミルクパンです。

案内状では、中央左の蓋付鍋が登場しています。
b0132444_1625042.jpg
b0132444_1625732.jpg

銅をたたいて形作られています。内側は、錫を引いています。

熱伝導に優れた銅。すぐに温まります。

こちらは、鉄を使った鍋敷です。
お皿にのせたキャンドルを下に入れて、耐熱器を温めながらお使いいただく
こともできます。
b0132444_16251442.jpg
b0132444_16252177.jpg

日々の耐熱展は、10月25日(土)からです。
b0132444_173222.jpg

写真 池田裕一

田中さんは、初日25日(土)に在廊してくださいます。


(T)
by shizen-gallery | 2014-10-23 14:14 | 展覧会のお知らせ

日々の耐熱 カウントダウン1~清岡幸道さん

25日(土)からの「日々の耐熱展」にご参加いただく作家さんのご紹介です。

信楽町で作陶されている清岡幸道さんの器です。

案内状では、一人前のグラタンボウルが登場していましたが
こんなお鍋もできそうな大きさのものもあります。
b0132444_1559486.jpg
b0132444_15595572.jpg

案内状は茶釉のグラタンボウルでしたが、こちらは黒釉のグラタンボウル 中です。
b0132444_160166.jpg
b0132444_160855.jpg

お使いいただくにつれ、しっとりつややかに表情を変えていきます。

日々の耐熱展は、10月25日(土)からです。
b0132444_173222.jpg

写真 池田裕一

清岡さんは、初日25日(土)に在廊してくださいます。


(T)
by shizen-gallery | 2014-10-23 13:55 | 展覧会のお知らせ

東慶寺「二人の花」展へ

北鎌倉は東慶寺のギャラリーショップで21日(火)から開催されている 
雨宮ゆか 井上米輝子 東慶寺の秋をいける
「二人の花」展に行ってきました。

日々花を主催されている雨宮ゆかさんと東慶寺寺庭井上米輝子さんの生けられた花の展示です。

b0132444_13135571.jpg

生けられている花器も購入できます。
b0132444_1314696.jpg

b0132444_13151869.jpg
b0132444_13152516.jpg
b0132444_13153690.jpg
b0132444_13154979.jpg

野田敬子さんの花器に。
b0132444_1316166.jpg

須田二郎さんの器に。
b0132444_1316975.jpg

展示を見てから、寺内を散策。
b0132444_13173286.jpg
b0132444_13173932.jpg

生けられる前の姿が見られるのも、醍醐味です。
b0132444_13174970.jpg
b0132444_13175624.jpg

26日(日)まで開催されています。
10時~17時までです。

(T)
by shizen-gallery | 2014-10-23 12:52 | つれづれ