<   2010年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧

8月の営業のお知らせ

暑かった7月も今日で終わり、明日からは8月です。
夏休みのご予定は、お決まりですか。
8月19日(木)は、神宮花火大会です。
夏気分、味わいにどうぞお出かけください。

SHIZENの8月の営業のご案内です。

1階 イベント
    弐の市 8月21日(土)、22日(日)
    サンプル品のほか、窯の中でゆがんだり、釉がながれたりして
    作家さんの手元で眠っていた器を、「弐の市」だけの特別な価格で販売いたします。

    昨年、好評だった企画の第二弾です。

お休み
    8月19日(木)は、「弐の市」準備のため17時までの営業とさせていただきます。
    「弐の市」準備のため、8月20日(金)、23日(月)はお休みです。

2階 お休み

    ランチタイム   8月13日(金)~15日(日)
    バータイム    8月12日(木)~15日(日)

どうぞよろしくお願いいたします。

厳しい暑さが続きそうですが、ご来店お待ちしております。

(T)
by shizen-gallery | 2010-07-31 18:30 | shizenのお知らせ

夏の食卓

b0132444_12572919.jpg

立川のH.worksさんの「夏の食卓」展に行ってきました。

焼き物、ガラス、竹、金属の6人の作家の器の夏の食卓です。
4月にシゼンで個展をされた竹本ゆき子さん、同じ4月に楓で個展をされた山口利枝さんも参加されています。
会期は、今日までです。

折よく立川産のトマトが買えました。
帰宅し、我が家も夏の食卓。鉢に水を張り、氷を浮かべトマトを放ちます。
冷やしたおしぼりを、買ったばかりの坂野友紀さんのおしぼり皿に。
オットの実家新潟から送られて来たトウモロコシや枝豆も、グッドタイミング。
夏万歳な食卓になりました。

(T)
by shizen-gallery | 2010-07-31 12:57

誕生日のばんごはん

b0132444_1134884.jpg

b0132444_1134886.jpg

先日のオットの誕生日、シゼン帰りに伊勢丹でお買い物。
シゼンから、副都心線で一駅。便利ー。
しあわせを噛み締めます。

海鮮団子や、肉団子など鳥ガラスープでしゃぶしゃぶしてからーいタレで食すタイスキセットに決定。タイスキセット、すくうレンゲもセットされてました。

暑さのなか、からーいタレに汗。
辛い後には、甘いもの。
山本哲也さんの粉引オーバル皿に。ケーキもよいし、取り皿にもよいお皿です。
近日中、シゼンに納品予定のお皿です。

(T)
by shizen-gallery | 2010-07-30 11:34

ほしぞらサパトス★

b0132444_23394768.jpg


2010.07,18(日)
SHIZENの屋上では、「ほしぞらサパトス」というボサノヴァLIVEが行われました。

昼間はサンサンと輝く太陽の下、

b0132444_2338068.jpg



夜は光輝くお月様の下、爽やかな風と音楽に包まれて、

b0132444_23391423.jpg


最高の時間を過ごせました。


まずは”サパトス”のお二人をご紹介★

b0132444_23405284.jpg


木村純(右)と三四郎(左)のボサノヴァユニット。
Sapatosとは、ポルトガル語で靴の意。
靴というのは左右そろって初めての用を成す。
サパトスも、2人でひとつ。



当日、最高の天気の中、お客さんがぞくぞくとSHIZENにやってきてくれました。。。


b0132444_23461861.jpg


b0132444_23463266.jpg










b0132444_23465168.jpg




1ドリンクとこちらのお弁当がセットで出され、涼しい店内でサパトスの出番を待ちます。。。



b0132444_23485698.jpg




そして時間となり、サパトスのお2人が登場!!


b0132444_23495579.jpg



風も心地よく、音楽も心地よく、みなさんいい顔をしながら聴いていたのが印象的です。。。

途中、灯りを全て消して、暗闇の中での演奏も行ってくれたサパトスのお2人。。。


暗闇で音楽を聴き、みんなの息がひっそりして、全体がひとつになった気がしました。
音色は最高で、外で飲むお酒も最高で、、、、

本当に気持ちよかったです★★★


是非、次回はこれを読んでいる皆さんも参加してくださいね★


b0132444_23551980.jpg


今回のイベントを大成功させてくれたスタッフのお2人★★
ありがとうございました!
ナイス笑顔★★
by shizen-gallery | 2010-07-29 23:57

増田勉さんの器

神奈川県で作陶されている増田勉さんの器が届きました。

緑釉皿四寸、直径13、5センチ×高さ3センチ、各1680円。
b0132444_190329.jpg

なかなか納得のいく仕上がりにならず、ご苦労されている緑釉。
こだわりの緑釉、猫の瞳の色のような、湖の色のような、きれいなきれいな緑です。
b0132444_1923781.jpg

b0132444_1933130.jpg

今の季節、磁器の器とあわせると爽やかです。
阿南維也さんの白磁鎬リム皿六寸、七寸と。
b0132444_1915281.jpg

林檎灰飯碗、口径12、5センチ×高さ5、5センチ、2730円。
b0132444_1935840.jpg

b0132444_195237.jpg
b0132444_1951529.jpg

刷毛目飯碗、口径13、5センチ×高さ5、5センチ、2730円。
見込み部分が広いので、小鉢にもお使いいただけそうです。
b0132444_1962935.jpg
b0132444_1964057.jpg

刷毛目皿三寸、直径9センチ×高さ2、5センチ、各1050円。
小皿って、ずらりと並べるとときめきませんか?
b0132444_1972668.jpg

b0132444_1912599.jpg
b0132444_19131332.jpg

三島筒湯呑 小、口径7センチ×高さ7センチ、各2100円。
b0132444_191666.jpg

内側は白く仕上げてあるので、お茶の色もきれいに映ります。
b0132444_19165233.jpg

石川漆宝堂さんの時代根来鉋筋茶托と。

b0132444_19181010.jpg






黒柿合鉋筋茶托と。
b0132444_1918558.jpg













合わせる茶托でイメージがぐっと変わります。


(T)
by shizen-gallery | 2010-07-29 19:02 | 新入荷のお知らせ

堀内亜理子さんの辞書弁

北海道旭川市の堀内亜理子さんの辞書弁です。
辞書と同じ大きさのお弁当箱。
かばんの中でもスマートです。
こんなお弁当箱、探していました。

辞書弁2段、たて6センチ×横19センチ×高さ 1段4センチ、蓋までの高さ8、5センチ、
ナチュラル、12600円。
b0132444_1819726.jpg
b0132444_18213647.jpg
b0132444_18214571.jpg

ぴったり辞書弁におさまるお箸、長さ17、5センチ、2100円もあります。
b0132444_18231010.jpg
b0132444_18231978.jpg

辞書弁3段、たて6センチ×横19センチ×高さ 1段4センチ、蓋までの高さ12センチ、
黒、15750円。
b0132444_18253081.jpg
b0132444_18254119.jpg
b0132444_18255169.jpg

北海道の栓の木を使っています。
2段の辞書弁をかばんに入れると、こんな感じです。
b0132444_18363656.jpg

拭き漆の仕上げなので、真塗りのものに比べると木地が透けやすいのですが、
初回のメンテナンスは無料でしてくださいます。

こんなかわいらしい取説ついてます!
b0132444_18482287.jpg

b0132444_18483642.jpg


お茶の時間にも、辞書弁登場。
抹茶のマドレーヌと抹茶のメレンゲを。
抹茶のメレンゲは、雪渓という素敵な名前。富山のお菓子です。
こちらも津坂さんと久保さんのお土産。

田宮亜紀さんの緑釉カップにお茶を。
b0132444_1847890.jpg
b0132444_18472211.jpg

厳しい暑さの毎日。
お弁当気分ではないかもしれませんが、夏季は器に、
涼しくなったらお弁当はいかがでしょうか。

(T)
by shizen-gallery | 2010-07-28 18:23 | 新入荷のお知らせ

今日のおやつ

先日まで、二人展をしていただいていた津坂陽介さんと久保裕子さん。
お二人の工房がある富山県の美味しいものをいつもお土産にくださいます。

いつも、甘辛コンビのおやつをくださるのです(泣)。
今回頂いた甘おやつは、富山市の鈴木亭の杢目羊羹。
冷水で抹茶を点てて、おやつにいただきます。

田宮亜紀さんのたたき長方皿に。お抹茶は、阿南維也さんの飯碗に。
古橋治人さんの木へらを添えました。
b0132444_1783015.jpg

b0132444_1784487.jpg

どんなふうに作られているのでしょう、きれいなモアレ模様。
つるんとさっぱりいただける羊羹です。
b0132444_1792389.jpg

おまけの一皿。ある日のばんごはん。

田宮亜紀さんのたたき長方皿に、ステーキがのっていました。
添えてあるのは、ズッキーニのソテーと柚子胡椒です。

お刺身をよくのせるけれど、ステーキもなかなか野趣溢れよい感じ。
美味しそうだったので、ぱちり。
b0132444_16343580.jpg

(T)
by shizen-gallery | 2010-07-27 16:34 | つれづれ

夏はいかにも涼しきように

先週に引き続き、今週も厳しい暑さが続きそうです。
冷たいものを求めてしまいますが、身体の冷えも気になるところ。
眼から涼を、身体の汗をひかせられたら。

西川聡さんの銀彩どら鉢、直径29、5センチ×高さ4、5センチ、26250円に
モンステラの葉を浮かべて。
葉の立つ感じもほしいので、柳琴姫さんのhoule vaseに水をたっぷり
容れてモンステラを挿し、鉢にいれました。
b0132444_14505380.jpg

岡山県の松本優作さんの掛花に、てっせんを。
掛花、幅11、5センチ、長さ11センチ、暑さ3、5センチ、5775円。
b0132444_14533255.jpg

花をいれないと、こんな感じです。
b0132444_1454575.jpg

大分県の阿南維也さんの掛花に、紫陽花を。
たて2、5センチ×横5、5センチ×高さ10、5センチ、4725円。
b0132444_14575566.jpg

花が留まりやすいように、仕切りがあります。
b0132444_1458367.jpg

壁にかけると。
b0132444_145987.jpg

もう少し大きな、たて3センチ×横8センチ×高さ15センチ、6300円も
あります。
b0132444_1502270.jpg

(T)
by shizen-gallery | 2010-07-26 14:51 | つれづれ

矢島操さんの器

滋賀県で制作されている矢島操さんから、器が届きました。

モノクロ角皿、18、5センチ四方、高さ3センチ、各3150円。
b0132444_17384884.jpg

b0132444_1805715.jpg

十二角豆皿、直径10センチ×高さ2、5センチ、各1890円。
b0132444_1814488.jpg

夏バージョン、花火の絵柄も。
b0132444_1821860.jpg

波間を浮き輪に旗をはためかせ、どこまでも。
b0132444_1831666.jpg

楕円皿、たて15、5センチ×横19センチ×高さ3、5センチ、各2730円。
こちらは、なりものシリーズ。
右下は、街路樹によく植えられているプラタナスの葉と実です。
b0132444_184188.jpg

3月の個展で人気だった器柄も、楕円皿に。
b0132444_1855685.jpg

裏側は、渦柄。重ねて横から見てもたのしい。
b0132444_1863657.jpg

b0132444_1872931.jpg

楕円皿、点天のこぶりな餃子がのせたいな。
串揚げや焼き鳥の取り皿にも。串物って意外と取り皿を選ぶ気がします。
おちびさんに、小さなオムライス作ってあげたり。

元スタッフの荒木さんから、松本の開運堂の「白鳥の湖」というお菓子を
差し入れにいただきました。
こんな可愛い箱に入っているのです。
b0132444_18143112.jpg

ひとつひとつ袋に入った柔らかなクッキーです。
袋のシールもひとつ、ひとつ、愛らしく。ちょっと斜めなところも、すき。
b0132444_18151334.jpg

矢島さんの鳥と空の絵の楕円皿に。
おとものお茶は、モノクロ同志で増渕篤宥さんのトクサカップに。
b0132444_18174054.jpg

(T)
by shizen-gallery | 2010-07-24 17:38 | 新入荷のお知らせ

最近のお気に入り

b0132444_13362756.jpg

b0132444_13362721.jpg

楓で売っている、塚本カナエさんデザインのレンゲ。
ある日は、カジキマグロのカレーを。
ある朝は、残りものトマトソースのリゾットを。
するんとした口触りと、程よい長さが使いやすくて日々愛用しています。
器もそうですが、食べる道具も味のうち。

冷たいデザートにも、おすすめです。

(T)
by shizen-gallery | 2010-07-24 13:36