<   2009年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

とある日のお昼ご飯


もう、後十数時間で師走・・。12月もあっという間にすぎてしまいそうですね。

とある搬入の日のランチ。
ホッと体も温まり、しっかりとこれから始まる搬入に備えて2階のランチをいただきました。
b0132444_1434568.jpg

どどーんと。こちらは、二人分ですので・・。
メニューは、秋田名物きりたんぽと豚キムチ丼でした。その他にサラダ、小鉢、お味噌汁、フルーツが着いています。
▽きりたんぽの入ったお丼は、安斉直子さんの丼です。高台がきゅっとしまっていて、筋肉質?なシャープなライン。その中に、お料理が入ると、お互いが映えますね。
b0132444_14354412.jpg

b0132444_14372137.jpg

今、ギャラリーに在庫がないのですが来年の1月頃に入荷の予定です。

本当にお腹がポンポンになりました・・。
ごちそうさまです。

(A)
by shizen-gallery | 2009-11-30 14:10 | つれづれ

その後の折りたたみ棚

インドを始めいろいろな国で古いものを仕入れたり、ご自身のデザインをインドの
職人さんに形にしてもらっているfangleの藤島智宏さん。

SHIZENには、藤島さんのデザインされた折りたたみ棚があります。
この棚は、音楽のお好きな藤島さんが沢山お持ちのレコードを収納するために
作られたもの。
レコードがジャストサイズに入るよう、重さにも耐えられるように作られています。
たて 31センチ×横 84センチ×高さ 72センチ、37800円。
b0132444_20113187.jpg

上段をおりたたんでみます。
b0132444_2013515.jpg

全部を折りたたむとこんなふう。細い隙間にもしまえます。
b0132444_2015284.jpg

もう一段、プラスできる棚板があるといいのにという声に応えて作られた新作の棚板を藤島さんが
納品にいらしてくださいました。
追加の棚板は、棒状に出ている部分を差し込むように裏がこんなふうになっています。
b0132444_20163361.jpg

追加の棚板を取り付けてみます。
b0132444_20184790.jpg

下の2つの棚板をおりたたむこともできます。
須田さんと田中さんの合作、止まり木にもたれながら、スタンドバーごっこも
できるかなぁ。
b0132444_20205272.jpg

追加の棚板は、11550円です。

(T)
by shizen-gallery | 2009-11-28 20:12 | 新入荷のお知らせ

「まめ」のいちご大福

b0132444_1074746.jpg

楓で個展中の小林慎二さんの差し入れ、「まめ」さんのいちご大福。
うれしいな。
てっぺんがうっすら苺の紅がのぞいて愛らしい。
大事に持ち帰ったつもりでしたが、ちょっと傷ができてしまった。ごめんね。
一柳京子さんのピンクの小皿に。
お茶は野上薫さんのカップです。

小林さん、ごちそうさまでした。

(T)
by shizen-gallery | 2009-11-27 10:07

田中俊介さんの銅鍋で

b0132444_23463297.jpg

b0132444_23463293.jpg

今は作られていない形ですが、田中俊介さんの銅鍋でアシタバを茹でました。
銅のお鍋は、青菜の色を青々きれいに茹で上げてくれます。
美味しそうに茹で上がったアシタバ、さてさて何にしましょうか。

(T)
by shizen-gallery | 2009-11-25 23:46

今日のおやつ

今日のおやつは、いちじくのコンポートのサンドイッチ。
田中さんの奥様のお手製のサンドイッチのご相伴にあずかりました。

先日、はにわサブレをのせた田中さんの「しかくざら」に。
b0132444_20365626.jpg

コンポートは、もちろん田中さんの銅鍋で煮たものです。
シナモンが効いています。
コンポートの上にバナナの薄切りをのせ、サンドしています。
もうひとつは、はちみつとレモンをあわせたものかな?
コンポートのところと2層仕立てになっています。

ケーキみたいな、贅沢なサンドイッチ。まねしてみたくなりました。
田中さん、ごちそうさまです。

(T)
by shizen-gallery | 2009-11-25 20:39 | つれづれ

ことことジャムを煮る。


家の近くの銀杏並木も黄色く色づき、はらりはらりと散る様子に冬色を感じます。

今SHIZENで始まっている「木のしごと須田二郎さん、金属のしごと田中俊介さん」の田中俊介さんより、
台所の音が聞こえてきそうな写真が届きました。写真手前が田中さんの銅鍋
b0132444_124858100.jpg

田中さんが夏にブルーベリー摘みに行かれ、2キロ近く!のブルーベリーをジャムにされた時のお写真です。
特にかき混ぜず、弱火でことことと煮詰めていくと、おいしいジャムの完成!

▽手絞り片手鍋 口径16cm 44100円と左手用のレードル(小)4200円 
b0132444_12582361.jpg

こちらで、今の季節りんごジャムをことことと作ってみます。
▽そして、須田さんのお皿(材さくら 径23cm4620円)に焼きたての3色パン(一口ねずみがかじっていますが・・・。お向かいさんで買ってきました。)、焼きたてでも木が蒸気を吸ってくれるのでパンの裏に汗かきません。
と、田中さんの手絞りミルクパン(口径12.5cm×高さ7cm 24150円)でチャイを作りたいな・・。という願望からご紹介いたしました。
b0132444_1384030.jpg

須田さんのお皿、なんだか鬼のパンツのような虎柄みたいで、愛らしいです。来年の干支としても!

(A)
by shizen-gallery | 2009-11-24 12:50 | 展覧会のお知らせ

居酒屋ナイト

b0132444_2243287.jpg

先日のお休みに、増渕篤宥さんの千鳥さんでの個展に行ってきました。
今回初お目見えの耐熱のお皿を頂きました。

それから、駒場東大前の草堂さんのハラダマホさんの個展へ。
熊本で練り上げの作品を作られている作家さんです。万華鏡をのぞいているようなきれいな色づかいの器にときめきます。

連れ帰った器で、早速ごはん。増渕さんの耐熱の器の目どめをして。
まぐろのチアイを調味料に漬けてあったものをじゅうじゅう焼いてみます。刻んだレタスと葱に、マヨネーズをトッピング。

さてさて、ハラダさんの箸置をセッティング。
買ってきた焼鳥を並べた脇に、ハラダさんの豆皿に黒七味と芥子をのせて。

耐熱のお皿で焼いたまぐろ、ふっくらと美味しくいただけました。
シゼンにいらしてくださった増渕さんに早速その話をすると、安い鶏肉も陶板で焼くとふっくら美味しく頂けるという情報が。陶板マジック!
増渕家では、一人煮込みハンバーグにも使われているそう。それまた魅力的。

今度は何を作ろうか、お料理の幅が広がりそうです。

(T)
by shizen-gallery | 2009-11-23 22:43

増渕さん止まり木に止まる。

水道橋の器屋さん、「千鳥」さんで個展中の増渕篤宥さんがSHIZENにいらして
くださいました。
試作のときに一度止まり木をご覧になっていて、気になっていらしたそう。
止まり木に止まる増渕さんです。
男性の方でも、もちろん止まれます。
b0132444_20481547.jpg

b0132444_20482647.jpg

顔以外ならOKとのことなので、お身体モデルで。
男性の方が、もたれているのもまたかっこよくてよいです。

(T)
by shizen-gallery | 2009-11-23 20:49 | 展覧会のお知らせ

今日のおやつ

今日のおやつは、田中俊介さんのお土産の「はにわサブレ」。
田中さんのお住まいのある埼玉県行田市は、はにわが多く出土されているの
だそうです。
なんと、はにわがサブレに!!!ときめきます。

田中さんの作品、「しかくざら」にのせました。
b0132444_20421671.jpg

後光がさしているありがたいはにわ。ラブ。
b0132444_20423652.jpg

(T)
by shizen-gallery | 2009-11-23 20:42 | つれづれ

須田二郎さんのワークショップレポート

11月21日(土)、22日(日)は木工作家の須田二郎さんの「木のふたを作る」
ワークショップがありました。

搬入時に、旋盤を持ってきてくださった須田さん。
セッティング中です。
b0132444_20243870.jpg

新しい旋盤。今までのよりコンパクトになりました。
b0132444_20251743.jpg

今回のワークショップは、ふたが欲しい器をお持ちいただき木のふたを作りました。

ティーバックで紅茶を入れるときに蒸らすようにマグカップにふた。
ガラスの大きなジャグにたっぷりアイスティーを入れて冷蔵庫で冷やすときのふた。
なるほど、いろいろ必要なふたがあります。

ふたも、いろいろ。ベレー帽のようなふたがあったり。
作品を見せていただくのもとてもたのしかったです。

作品の写真を撮らせていただきました。全員の方の分、撮らせていただきたかったです。
カップにふた。
b0132444_203109.jpg
b0132444_20311486.jpg

アンティークのジャムの瓶にふた。
b0132444_20342624.jpg

b0132444_2034549.jpg

昨日は、厳しい寒さの中でワークショップでした。
参加されたお客さまも、須田さんもお疲れ様でした。

今日、須田さんとお電話でお話したら須田さんは鼻声でした。
どうぞお大事に。

(T)
by shizen-gallery | 2009-11-23 20:25 | 展覧会のお知らせ