<   2009年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

小澤基晴さんの器

岐阜県土岐市で作陶されている小澤基晴さんから、器が届きました。

鉄赤大鉢、口径 27、5センチ×高さ 7センチ、9450円。
b0132444_19283079.jpg
b0132444_19283746.jpg

ちょっぴっと口のついた、鉄赤片口鉢、口径 24センチ×高さ 6、5センチ、8190円。
b0132444_19293047.jpg

b0132444_19291312.jpg

口は、こんな感じです。
b0132444_19303785.jpg

今回、釉替りで4種類、丼をお願いしました。同じ形だと、それぞれの釉薬の違いがより
たのしめる気がします。
口径 18センチ×高さ 9センチ、3990円。
b0132444_19314287.jpg

鉄赤丼
b0132444_19333349.jpg
b0132444_19334399.jpg

粉引丼
縁はチップしづらいように、化粧をぬぐって土の部分をだしています。
胴のところの線は、櫛目です。
b0132444_194121.jpg
b0132444_1941149.jpg

内側にピンクの群雲を発見。
b0132444_1941304.jpg

黒マット丼
b0132444_19442892.jpg
b0132444_19444165.jpg

ブロンズ釉丼
b0132444_1948517.jpg
b0132444_19491342.jpg

黄釉スープボウル、口径 22センチ×高さ 6センチ、4725円。
b0132444_19524462.jpg
b0132444_1953019.jpg

黄釉ケーキ皿、直径 17、5センチ×高さ 2センチ、2940円。
b0132444_195423100.jpg
b0132444_19543614.jpg

和食、洋食、中華にエスニック。
盛り付けたいお料理がくるくる浮かぶ、小澤さんの器です。

小澤さんが最近はじめられたブログ。毎日のこと。
ふむふむ。よくのぞかせていただいてます。

小澤さんの器に盛り付けられた、美味しそうなごはんもたのしみなのです。
http://hal1121.blog45.fc2.com/

(T)
by shizen-gallery | 2009-07-30 19:32 | 新入荷のお知らせ

和田純子さんのガラス

石川県小松市で、パイレックスのガラスを使って作品を作られている和田純子さんが
作品を持って、SHIZENにいらしてくださいました。

色をたのしみたい温かい飲み物。ホットワイン、お花の開く中国茶、紹興酒。
それから、それから。
でも、それを入れる器。
なかなか耐熱の素敵なガラスの器にめぐり合えずにいました。

和田さんのガラスの器は、レンジにもかけられます。
夏だけでなく、冬も大活躍のガラスの器にめぐり合いました。

ちろり、口径 5センチ、持ち手までの高さ 19センチ、注ぎ口までの長さ 15センチ、
21000円。
b0132444_18522051.jpg

なかには、氷が入れられる落としがあります。
ずっと冷たいまま、お酒が美味しくいただけます。切れも、ばっちりです。
b0132444_18543664.jpg

おともの盃、口径 7センチ×高さ 5センチ、3150円。
b0132444_18563428.jpg

気泡のポイントが。
b0132444_185771.jpg

レースが施されたカップ&ソーサー、5250円。
b0132444_1858971.jpg
b0132444_18582389.jpg

カップは、口径 7、5センチ×高さ 7センチ。
b0132444_1859866.jpg
b0132444_18591915.jpg

ソーサーは、直径 12、5センチ×高さ 2センチ。
b0132444_18595958.jpg

和田さんには、12月12日(土)からの「冬のおくりもの」展にご参加いただきます。
使いやすいお醤油さしもお作りの和田さん。12月がたのしみです。

(T)
by shizen-gallery | 2009-07-30 18:17 | 新入荷のお知らせ

森田千晶さんの和紙のワークショップ 続報

先日お知らせしました、森田千晶さんの「紙漉きワークショップ」について、exhibisionの
ページに詳細を掲載いたしました。

先週行われた「アトリエ線路脇」での「こども紙漉きワークショップ」の様子もご覧いただけます。

森田さんから、ワークショップで作るサンプルとしてコースターが届きました。
丸コースターの他、角コースター、はがき、二つ折りカードもお作りいただけます。

お気に入りのパンフレットを穴あけパンチで、穴をあけて丸い小さな紙を沢山作って
漉き込んでいます。
うっすら和紙の繊維が上にかかってやわらかな色合いに。
b0132444_1874669.jpg

きれいな切手を漉き込んだり。
b0132444_188761.jpg

コースターをアクリルの額に入れてみました。
b0132444_188467.jpg

なにを漉き込もうかなぁ。わくわくがひろがります。

(T)
by shizen-gallery | 2009-07-30 18:08 | shizenのお知らせ

薬味さじと鳥の箸置

ちいさなもの 2つ 。

千葉県で漆のお仕事をされている藤野雅也さんが、新作の薬味さじを持っていらして
くださいました。
こよりをつなげた豆皿や箱物のシリーズの新作です。
長さ 9、5センチ、1575円。
ちいさな ちいさな お茶勺のような形です。
b0132444_19214759.jpg

木下宝さんのミルクピッチャー、口径 4センチ×高さ 5、5センチに入れてみました。
漆とガラスの組み合わせ、きれいです。
b0132444_19231675.jpg

鎌田克慈さんの盃、口径 9センチ×高さ 3センチに。
b0132444_19254592.jpg

黒七味に、山椒、抹茶塩に柚子胡椒。
さてさて、なにをすくいましょうか。

津久井町の田谷直子さんから、鳥の箸置が届きました。
6月にお伺いした工房で、お見かけした子たちです。
メイキング姿もどうぞご覧下さい。▽
http://shizenshop.exblog.jp/11556871/
なんとも心ゆるむ鳥たちです。各 525円。
心ゆるませるばかりでなく、お箸のすわりも安心なのです。
b0132444_19402468.jpg

背中に溜まった釉にも、でれっとしてしまう私です。
b0132444_19403357.jpg

灰釉の淡い緑に、藤野さんが薬味さじとあわせて納品してくださったお箸のやわらかな色が
よく映えます。
b0132444_19453057.jpg
b0132444_19453820.jpg
b0132444_19454717.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2009-07-29 19:24 | 新入荷のお知らせ

増渕篤宥さんの器

宮崎県都城市で作陶されている増渕篤宥さんから、お願いしていた器が届きました。

定番でお願いしているラーメン鉢とくさ、口径 20センチ×高さ 9センチ、4200円。
b0132444_18195780.jpg

b0132444_18202097.jpg

ラーメン鉢麦わら手、4200円。
b0132444_18205962.jpg
b0132444_18211162.jpg

東北旅行帰りの私は、食べ損ねた盛岡のじゃじゃ麺を盛り付けたいです。
白い麺と黒っぽい色味の肉味噌、上に緑の胡瓜の千切り。
黒と白の組み合わせの増渕さんの器に大人っぽくきりりと。
きっときれいです。

大きさが同じなので、柄違いでお料理で使い分けてもたのしそうです。

醤油さし、口径 2、5センチ×高さ 5、5センチ、3150円。
40cc入ります。
もちろん、もちろん切れもばっちりです。
b0132444_1844399.jpg

模様は2種類、こちらはとくさ。
b0132444_18443427.jpg

こちらは、少し太めのとくさ模様。西瓜の模様のような。
b0132444_18453032.jpg

このお口が、切れ味抜群なのです。
b0132444_18455424.jpg
b0132444_1846420.jpg

蓋をあけるとこんな感じ。蓋に刻みがあるので、蓋にあながありません。
b0132444_18525519.jpg

うまれたてのひよこみたい。手のひらにちょこんとおさまる大きさです。
b0132444_18561723.jpg

淡萌黄釉汲み出し、口径 8センチ×高さ 6センチ、1680円。
b0132444_18544810.jpg

b0132444_185523.jpg

裏を返すと、線刻が菊の花のようです。
b0132444_13184956.jpg

お向かいのアフタンーンティーで買ったグレープフルーツウーロンティーを。
烏龍茶にグレープフルーツの香りをつけたお茶です。
お茶の色が、きれいに映ります。石川漆宝堂さんの黒柿合鉋筋茶托に。
煎茶にミントをいれたお茶を冷やしたのもいいな。
夏のおもてなしに。
b0132444_13173575.jpg

b0132444_13163414.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2009-07-27 18:21 | 新入荷のお知らせ

森田千晶さんの和紙のワークショップ



夏、真っ盛りですね。
以前、お知らせした森田千晶さんの和紙のワークショップのチラシが出来ました!
b0132444_206956.jpg


この前、ブログにのせたような和紙が作れるおしゃれなワークショップ。
http://shizenshop.exblog.jp/11529508/

8月23日(日)と24日(月)の午後4時から7時まで(受付は6時まで)、外で紙漉き体験できます。
参加費用は、2100円(材料費込み)、小学生以上の方、集合!です。

上記ブログに掲載されいてる丸いコースターの大きさは、径10cmが12枚出来ます。
四角いコースターだと、10cm角が12枚、はがき(10cm×15cm)8枚、二つ折りカード(20cm×15cm)4枚。いずれかを選択していただきます。 

そして、夏の思い出を和紙に・・。ということなので、形のきれいな葉っぱや、花びら小さな小さな植物の種、旅先のキップなどなど、ご自分で閉じ込めたい思い出をお持ち下さい。
但し、薄く平たいものに限ります。また、植物や素材の種類によって色落ちする場合がございますので、ご了承下さい。
こちらでも、葉っぱや、糸などご用意いたします。

講師は、森田千晶さん。
以前、SHIZENで「アトリエ線路脇展」をお願いしたことがあり、素敵な和紙の数々、そして、和紙のランプや便箋など展示いたしましたが、今回も、展示販売いたします。
企画展を見逃した方、初めて和紙の体験をされる方、などなど、紙に触れられる機会を是非ご利用下さい!

アトリエ線路脇のHPでも、森田さんの作品がご覧いただけます。
http://senrowaki.com/chiaki.html
芸術的で、うっとりとしてしまいます。


(A)
by shizen-gallery | 2009-07-26 14:49 | shizenのお知らせ

一柳京子さんの器


最近続々と色々な作家さんから器が届き、ワクワクします。

今日は、東京で作陶されている一柳京子さんから器が届きました。
今回はカプチーノ、砂色、Graniteです。名前を聞いただけで素敵な響き・・。

▽カプチーノカップ 取っ手までの長さ13.5cm×高さ9cm 3990円
b0132444_1732577.jpg
b0132444_17321836.jpg

持つと・・。
b0132444_17324694.jpg

b0132444_1733383.jpg

取っ手の部分の乳濁が一つ一つ違って面白いです。
カプチーノカップで泡泡たっぷりのカプチーノに砂糖をたっぷりかけて飲みたいです。
▽カプチーノ鉢と砂色鉢 左下カプチーノ径22cm×5cm 6720円 
 右上砂色径21.5cm×5cm 6720円
b0132444_17415812.jpg

▽カプチーノの方は、少し丸味のあるタイプ。こちらは、パスタや夏野菜カレー、サラダやラザニアにも。
今は暑いのでカッペリーニやなすとオクラの梅肉和えのせ素麺をのせたいです。
b0132444_17432051.jpg

▽砂色は、すっとした感じです。
b0132444_17444268.jpg

砂色といっても、色々な粒子が混ざった深い色合いになっています。
▽上の鉢の取り皿にぴったりの5寸皿。 径15cm×3.5cm
左Granite3150円 右グリーングレー2940円 
b0132444_1758481.jpg
b0132444_17585869.jpg

▽Granite鉢 径14.5cm×7cm 4200円
b0132444_1824384.jpg
b0132444_1825389.jpg
b0132444_183477.jpg

なんだか、つるつるしたものが食べたいので、ところてんにバニラアイス、抹茶アイスをかけて・・。
私は関西系なので、ところてんはお酢ではなく黒蜜で食べるのです。
又は、カキ氷を中にあんみつを隠して、てんこ盛りにして頭がキーンと痛くならない程度にほおばりたいです。

(A)
by shizen-gallery | 2009-07-25 17:30 | 新入荷のお知らせ

光原社にて

b0132444_23335573.jpg

早めの夏休みをいただきました。
秋田の温泉、青森の酸ケ湯温泉、盛岡と東北をぐるり巡っています。

盛岡の光原社の可否館で珈琲をいただきました。
よいお湯に毎日つかり、うつくしいものをたくさん見て、佳い気分がたっぷり充満しました。

明日は、仙台を通ってゆるゆると東京へ帰ります。

(T)
by shizen-gallery | 2009-07-24 23:33

木曽志真雄さんの器達。


今日も、泣いたり笑ったりのお天気です。

瀬戸市で作陶されている木曽志真雄さんから器が届きました。
4月の「色いろイロ展」で緑部門で参加していただきました。

今回は、爽やかなお皿と酒器、盃です。

▽5.5寸皿 径16.5cm×高さ約3.5cm 4200円
b0132444_14362988.jpg
b0132444_14363766.jpg

織部の点てんテンがアクセントになって、アートしたお皿。なんだか、安心する雰囲気があります。
裏は、刷毛目の力強い感じ。
b0132444_14382625.jpg

▽酒器 径約11cm×7cm 5250円
b0132444_1583172.jpg
b0132444_158418.jpg

織部の緑がキリッとした辛口の冷酒を入れると、きらきらとしそう。
深い森、針葉樹に囲まれた感じで、森林浴をしているようです。
どちらも、くいくいっと冷酒が進んでしまいそうな、ちょうどよい大きさ。
▽その、酒器に合わせて盃も。 口径7cm×4cm 3150円
b0132444_15105928.jpg

盃も2種類。粉引に織部をちょんちょんと散らしたタイプの方が口径は同じですが、高さが低いです。
ひょっと持ち易い形。
▽織部の盃。ちらりと化粧土の白が。ここに惹かれました。
b0132444_1514031.jpg


木曽さんの器は、一つ一つ、表情があり、それを眺めながらお酒をいただいたり、お食事をいただいたりと、
食卓での楽しさが増えます。


(A) 
by shizen-gallery | 2009-07-24 14:36 | 新入荷のお知らせ

中野和馬さんの器達


今日も、雲がこんもりと空を覆っていますね。午前中、ちらりと顔を覗かせた太陽ももう、雲に隠れてしまいました・・。

なんだかどんよりとした中ですが、目が覚めるようなパキッとした、すっとした器が届きました。
静岡県で作陶されている中野和馬さんのワクワクするような器達をお楽しみ下さい!
▽花器 9cm×奥行き7cm 全体の高さ12cm  8400円
b0132444_17342490.jpg

b0132444_17344850.jpg

ワンワンと、吠え出しそう。どうしても犬にみえてしまいます・・。
こちらは、ガーベラなど、色鮮やかなお花を入れると可愛いですね。
▽カフェオレボウル 径12cm×高さ9cm 6300円
b0132444_14544261.jpg

ボウルの内側は、真っ白な雲のようです。一筋の青空が覗いているように見えます。
b0132444_14545159.jpg

じっくり見ていると、色々な色を発見できます。ビビッドなレモンイエローが効いています。
b0132444_1454596.jpg

カラフルなボウルにカキ氷をてんこもりにして、ブルーハワイをかけると、南国にいる気分。
▽マグカップ 径6.5cm×約12cm 5250円
b0132444_15134276.jpg

b0132444_15141914.jpg
b0132444_15142711.jpg
b0132444_15143494.jpg

細みなので、おしゃれさん。ビアマグとしてもお使いいただけます。
▽豆鉢 径11cm×4.5cm 2625円
b0132444_15164490.jpg

思わず、ワーッと声を上げてしまうほど、可愛いです。刷毛目や焼〆などの中にアクセントで
こんなポップな豆鉢があると、愉しいですね。
▽上の写真一番左下の水玉模様は、裏を返すと・・。
b0132444_1520146.jpg

水玉好きには、たまりません。
▽写真左上のお皿も、うらがかっこいいです。まずは表から。
b0132444_15234516.jpg

裏を返すと・・。
b0132444_152414100.jpg

潔さが感じられます。
▽絵画のようなお皿をお楽しみ下さい。
まずは、向付から。15cm角×5cm 4200円
b0132444_1527591.jpg

b0132444_15351338.jpg

横から見ても美しいです。
b0132444_15352337.jpg

▽角皿 20cm角×5cm 6300円
まずは、私の好きな水玉シリーズから。
b0132444_15363796.jpg

b0132444_15372750.jpg

▽写真左下の角皿の裏側は、乾いたアメリカ大陸の土とくっきりとした青空を思います。
b0132444_15373760.jpg

▽写真右上の角皿の裏側。こちらは、光沢のあるタイプです。
b0132444_15392021.jpg

▽よーくよく見ると、布目が模様となり、基地のような感じ。
b0132444_15404157.jpg
b0132444_15405465.jpg
b0132444_15411287.jpg

▽何気なくぎゅっとひねったような足。でも、山のようで絵的に素晴らしい。
b0132444_15432930.jpg
b0132444_15434468.jpg

▽草原をかけるような感じ。
b0132444_15443154.jpg

▽何気に5の数字が。
b0132444_15471710.jpg

▽裏は、表の雰囲気に通じる、スモーキーな優しい感じ。
b0132444_15472728.jpg



中野和馬さんの色使い、形、すべてにおいて、アートを感じます。
色鮮やかな器に何をのせようかしらと考える楽しさ、それが中野さんの器なのですね。
例えば、カラフルな豆鉢に冷奴というのも、また気分が変わります。実は豆腐に見えるけれど、レアチーズの塊だった。なんて遊び心が湧いてきます。

(A)
by shizen-gallery | 2009-07-23 14:09 | 新入荷のお知らせ