<   2009年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

安斉直子さんの灰釉の器

愛媛県で作陶されている安斉直子さんから器が届きました。
三重県で今まで作陶されていましたが、愛媛県にお引越しされてから初めて
届いた器です。

渋い色味ですが、使ってみると盛り付けたものが美味しそうに見える色です。
灰釉しのぎ丼、直径17、5センチ×高さ9センチ、3780円。
b0132444_1682850.jpg
b0132444_1683567.jpg

灰釉しのぎ飯碗、直径12センチ×高さ6、5センチ、2310円。
五穀米や玄米、雑穀の入ったご飯も美味しそうです。
b0132444_16104014.jpg
b0132444_16105043.jpg

灰釉しのぎ湯のみ、直径7、5センチ×高さ9センチ、2100円。
ほっと食後のお番茶をいただきたいです。
b0132444_16115518.jpg
b0132444_1612524.jpg

(T)
by shizen-gallery | 2009-06-29 16:12 | 新入荷のお知らせ

増渕篤宥さんのマグカップと汲み出し

宮崎県都城市で作陶されている増渕篤宥さんから、マグカップと汲み出しが届きました。
白い土のマグカップ。模様は3種類。
それぞれ口径8センチ×高さ8、5センチ、3150円。
b0132444_15324051.jpg
b0132444_15325157.jpg
b0132444_1533031.jpg
b0132444_153378.jpg

やわらかな色味。ミルクの入ったやさしい味の飲み物がいれたくなります。
須田二郎さんのさくらのプレート、直径26センチ×高さ2センチ、4515円と組み合わせて
朝のワンプレートに。
b0132444_15363878.jpg

淡萌黄釉汲み出し、直径8センチ×高さ6センチ、1680円。
なんとも新茶の色が映えそうな汲み出しです。大きさも上品。
100ccはいります。
口のところがちゅんとほのかに反っていて、こまやかな口当たりです。
b0132444_1540271.jpg
b0132444_15403598.jpg

鎌田克慈さんの布目胴張盆8寸 18900円に、大江憲一さんの急須 13650円と
合わせて。急須が200ccはいるので、だいたい2煎いれられます。
b0132444_15492843.jpg
b0132444_15493798.jpg

(T)
by shizen-gallery | 2009-06-29 15:40 | 新入荷のお知らせ

須田二郎さんと田中俊介さんの止まり木

11月21日(土)から26日(木)まで、須田二郎さん(木)と田中俊介さん(金属)の
二人展があります。
それぞれの作品に加え、お二人の合作も作ってくださいます。

その第一弾を須田さんが持ってきてくださいました。
他の器と一緒に、なんとお手持ちで!

台所で洗いものをするときに、ちょっとこしかけながら洗えるようにと作られた
「止まり木」です。

座面の径は、15、5センチで、背の高いほうは高さ75センチ、小さいほうは67センチです。
それぞれ10290円です。
b0132444_18491410.jpg
b0132444_18492636.jpg

こしかけると、こんな感じ。
ちょっとよりかかるような感じで、こしかけられます。まさに「止まり木」。
弐の市の搬出中で、近くのおそばやさん「ほそ島や」さんの冷やし中華を食べているところでした。
b0132444_18495175.jpg
b0132444_18495911.jpg

ぜひぜひ、お気軽にお試しにいらしてください。

(T)
by shizen-gallery | 2009-06-27 18:50 | 新入荷のお知らせ

休みの日のひるごはん

b0132444_17435546.jpg

b0132444_17435537.jpg

今日は、私はお休みでした。月2回通う雨宮ゆか先生のお花のレッスン、「日々花」にむかいます。
夏日の昼下がり、御嶽山駅前の韓国惣菜屋さんでカルビビビンバ弁当を購入。
ビールも飲んでしまおう!
公園の木陰で、いただきます。
トモダチは、足の悪い鳩1羽。
気持ちいい風が吹いて、こころがのーびのーびします。

(T)
by shizen-gallery | 2009-06-26 17:43

小谷田 潤さんの器


最近の湿度の高さに、段々と夏の暑さを思い出してきました・・。

八王子市で作陶されている小谷田 潤さんから器が届きました。
▽涼を感じる、さらりとした爽やかな夏の風が吹いてきそうな中鉢 青 大きさ径22cm×6.5cm 4200円
b0132444_163524100.jpg

b0132444_16362193.jpg

須藤拓也さんの染付色絵六角皿16.5cm¥4725 と雰囲気がぴったり。これに、春雨野菜サラダやポテトサラダをのせてもいいですね!そして、六角皿に取り分けて召し上がれ!
▽リム7寸皿 白と黒 径21cm×3cm  各3360円
b0132444_16421584.jpg

b0132444_1643473.jpg

シンプルな白と黒のお皿なので、輪切りにしたトマトに千切りのしそをたっぷりかけて中華風ドレッシングや
お酒のおつまみを3種盛りなどなど。何かと登場しそうなお皿。
▽お皿とお揃いの釉薬で飯碗もあります。 径12cm×6.5cm 2100円
b0132444_1647869.jpg
b0132444_16471747.jpg

飯碗だけでなく、小鉢としても使いたくなる大きさですね。

小谷田潤さんが参加される「ものづくり」市が、明日27日(土)28日(日)とあります。
なんとなんと、私も以前にお邪魔したことのあるもみじ市が、北海道へ・・。
その名も、「旅するもみじ市in北海道」です。
北海道組と東京組、本屋さんや靴、家具屋さん、色んな素材の作家さん達が大集合という感じです。
ライブありの映画あり。下記サイトのブログを読んでいると、このまま、飛行機に乗って飛んでいきたいくらい・・。
愉しそうです。

http://www.cholonweb.com/momiji/

(A)
by shizen-gallery | 2009-06-26 16:42 | 新入荷のお知らせ

津坂陽介・久保裕子ガラス二人展

ご夫妻で、ガラスを使ってそれぞれの世界を表現されている津坂陽介さんと久保裕子さん。
お二人の作品が、7月11日(土)から16日(木)までご覧いただけます。

案内状をexhibitionのページにアップしました。
ぜひご覧ください。

イタリアの技法を使ってこまやかなお仕事をされる津坂さん。
作品は、二人展のときのおたのしみです。

久保さんの作品です。
ガラスの塊の裏から生物や植物を彫り、彩色し焼き付けています。
上から見ると、水の中でうごめいているよう。
池文鎮 春、メダカ、水はこべ。直径12センチ×高さ4センチ、25200円。
b0132444_1648588.jpg

b0132444_173588.jpg

川文鎮 潜水 大。直径11、5センチ×高さ3、5センチ、24150円。
b0132444_177535.jpg
b0132444_1771724.jpg

今回は、案内状の写真のように水の中の生物だけでなく動物もお目見え。
案内状の文鎮は、裏側が平らでなくゆらゆらゆらめくのだそうです。
うさぎも揺れて、模様も揺れて。どんなふうに見えるのでしょう。
たのしみ。

文鎮の他、金魚鉢や器、花器もつくられます。

津坂さんの在廊日が7月11日(土)、12日(日)、久保さんの在廊日が7月11日(土)、12日(日)、
15日(水)、16日(木)です。

(T)
by shizen-gallery | 2009-06-25 17:13 | shizenのお知らせ

清水なお子・土井善男 展

7月4日(土)から9日(木)まで、清水なお子・土井善男 展です。
exhibitionのページに、案内状を掲載しました。

ご夫婦で、磁器の器をつくられている土井さん、清水さん。
土井さんは絵付けのない器、清水さんは絵付けの器をつくられています。

写真を撮っていただいたカメラマンの雨宮秀也さんが、「めおとっぽい写真でしょ。」と。
2枚のお皿が、そっと寄り添っている写真です。
どうぞご覧ください。

案内状のお皿です。こちらは、土井さんのマット釉リム皿。直径18、5センチ×高さ3センチ。
b0132444_1629083.jpg
b0132444_16291343.jpg

清水さんの松枝文皿。直径18、5センチ×2、5センチ。
b0132444_1630062.jpg
b0132444_16301124.jpg

土井さんは、磁器の白、釉薬を違えていろいろ作られています。質感や色味の違いをこの機会に
じっくり味わっていただけたらと思います。

こちらは青白磁反鉢、直径18センチ×高さ4、5センチ。
b0132444_16341867.jpg
b0132444_16343069.jpg

青白磁皿、直径21、5センチ×高さ4センチ。
b0132444_1635148.jpg
b0132444_16352622.jpg

清水さんの芭蕉文皿。直径14センチ×高さ4、5センチ。
b0132444_16364169.jpg
b0132444_16365187.jpg

7月4日は、土井さんと清水さんが在廊してくださいます。
(T)
by shizen-gallery | 2009-06-25 16:30 | shizenのお知らせ

蒸し暑い日のごはん

b0132444_10484299.jpg

b0132444_10484282.jpg

もうすぐ7月。蒸し暑い毎日が続きます。
いつも帰るより遅くなり、帰宅するとスペシャル冷し中華ができていました。
買い置きの牛肉に、オイスターソースなどで下味をつけ片栗粉をまぶして揚げ焼きしたものがのった冷し中華です。
では、といそいそとお酒の準備。
一柳京子さんのツヤ黒猪口に氷を入れて、芋焼酎。紺碧というのか、深い海の色。淡く出たところは、波の白い色のようで透明な飲み物をいれると見入ってしまいます。
そうそう、冷し中華の器も一柳さんでした。
縁銀彩の器です。
12月の個展では、銀彩の器も作られるそうで、たのしみです。

(T)
by shizen-gallery | 2009-06-25 10:48

ありがとうございました。

b0132444_10392445.jpg

b0132444_10392415.jpg

20、21日に開催した「弐の市」。たくさんのお客様にいらしていただきました。ありがとうございます。
初めての試みで、行き届かないことが多く反省です。

たくさん旅だった器たち。いろいろなところで、「おっ。いいじゃない。」の感動がまきおこっていたら、なによりです。

お客様からお土産を頂きました。父の日とバレンタインデーしか売られないチョコレートのロールケーキ。
朝のちょっぴり甘いものは、疲労回復によいそう。長峰菜穂子さんの角皿に。

小淵沢のお土産にカモミールティーも頂きました。お茶パックにぎっしりカモミールが詰まっています。伊藤環さんのマグカップで頂きます。
どんなに沢山咲いているんだろうと思いは遠くヘ。
おっと、今日はあんまりないけれど搬出、常設並び替えです。
朝から、癒されました。

いってきます。

(T)
by shizen-gallery | 2009-06-22 10:39

弐の市 開催!

明日20日(土)、21日(日)はSHIZENで「弐の市」を開催します。
作家さんのもとで、眠っていた訳ありの器たちがたくさんSHIZENにやってきてくれました。
21日(日)は、出品してくださった作家さんのひとり増渕篤宥さんがSHIZENに
いらしてくださる予定です。

今日は、、増渕さんがお手伝いにいらしてくださいました。
ちょっとひといき、ランチタイムです。外で2階の焼き魚3種盛りをみんなでいただきました。
明日は、こちらのテーブルが器をお包みいただくスペースになります。
じっとみつめる増渕さん。そんなところを撮ってごめんなさい。
b0132444_1919410.jpg
b0132444_19191312.jpg

並んだ、並んだ器たち。
b0132444_19243169.jpg
b0132444_19244040.jpg
b0132444_19245382.jpg
b0132444_1925639.jpg
b0132444_1925199.jpg
b0132444_19253220.jpg
b0132444_19255726.jpg
b0132444_19261822.jpg
b0132444_19263117.jpg
b0132444_19264528.jpg
b0132444_19265651.jpg
b0132444_19271122.jpg

b0132444_19291071.jpg
b0132444_19292893.jpg

田宮亜紀さんの鉢で、島田さんの差し入れ南青山の「まめ」さんの「わらびもち」でお茶に。
b0132444_19304030.jpg

梅雨も中休みの土日になりそうです。
マイバックご持参で、宝探しにおでかけください。
お支払は、現金のみとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

(T)
by shizen-gallery | 2009-06-19 19:27 | shizenのお知らせ