<   2008年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ランプシェード


今日も、空を見上げていると吸い込まれそうな位に澄んだ青空でしたね。

原口潔さんの新作ランプシェードが、段々と日が短く暗くなる夕方の4時半位から美しい光を放っていました。

b0132444_20233761.jpg

△こちらは花の蕾のような形。
▽上から見ると
b0132444_20253175.jpg

▽下から見ると
b0132444_20262427.jpg

緩やかな曲線が美しいです。
全体の大きさは、18cm胴の部分12cm ¥31500(コードは別売¥2625)

▽夏の風物詩、おわら風の盆を思い出します。
b0132444_20324423.jpg

横 39cm 縦19cm  ¥31500

▽シンプルで真っ白な空間にも古いお家にも似合うシェード
b0132444_20351150.jpg

径18cm 全体の大きさ 8.5cm ¥16800

冬になると照明のぬくもりのある色が恋しくなりますね・・・。

(A)
by shizen-gallery | 2008-11-30 20:38 | 展覧会のお知らせ

中西申幸さん原口潔さん二人展



明日から徳島県で作陶されている中西申幸さんと、愛知県で金属の作品を制作されている原口潔さんの二人展が始まります。

お二人の器、カトラリーは食卓で大活躍するようなアイテムがもりもり沢山です。


まずは、陶器の中西さんから。常設でもある飯碗やお皿などもありますが、サイズ違いの5寸4寸6寸7寸8寸のお皿がずらり。
b0132444_2137363.jpg


いつもは黒か白の器でしたが、初めて刷毛目の飯碗が登場。シンプルな形なのですが、ごつごつ感がいいですね。
炊きたてのご飯が白い湯気をたてている姿が想像できます・・。
b0132444_21391560.jpg

△大きさ径13.5cm×高さ6cm ¥2100 飯碗はこちらの他に白と内白外黒のタイプもあります。
b0132444_21413770.jpg

夫婦茶碗で合わせてもいいですね・・・。

▽寒さがじんわりとくる季節は、温かい紅茶やコーヒーでティータイムが欠かせなくなってきました。カップ&ソーサー
b0132444_21423523.jpg

カップ 径9.5cm×7cm ソーサー径15cm×2  セットで¥4725
▽カップの取っ手の部分が美しいです。
b0132444_2145562.jpg


▽温かいうどんやとろりとあんかけ中華丼にぴったりな丼。私は丼でパスタを盛りつけたりします。なので家の食卓では大活躍、丼は万能選手です。
b0132444_21462448.jpg

大きさ径18cm×8cm ¥4200 釉薬は白と黒2タイプ

▽擂り擂りシリーズ
b0132444_21503032.jpg

すり鉢で、つみれを作ってお鍋に入れたり、小さいタイプだと胡麻だれを作って豚シャブのたれにそのまま食卓へ持っていけます。
擂り鉢 大 径23cm×9cm ¥9450  小 径15.5cm×7cm ¥3150
写真手前はおろし皿。しょうがやちょこっと大根おろしなどに。 径13cm×3cm ¥2100

▽片口鉢
b0132444_21554036.jpg

手前が浅め、奥が深めのタイプになっています。
浅め 径23cm×7cm ¥8400 深め 径21cm×9cm ¥9450

▽蓋物
b0132444_21592322.jpg

可愛い蓋物。奥は薬味入れとして、お鍋の時の柚子胡椒入れや美味しい塩を食卓に置くときに。中に中西さん手作りの竹の小さなスプーンがついています。大きさ 径7cm×9cm ¥3150 手前の小物入れも同じ大きさで¥3675

▽最後に花器を。
一番大きな蓋付の花器。でもオブジェとして飾っていても面白い形です。
b0132444_224110.jpg

大きさ 径約14cm×25cm ¥15750

b0132444_2254378.jpg

△高さ28cm ¥15750
他にも形違いがあります。また、一輪挿しも・・。

原口潔さんの作品。
原口さんは真鍮を使って制作されています。
▽まずは注ぐものシリーズ
b0132444_2275992.jpg

取っ手の付いたピッチャータイプの花器は高さ21.5cm ¥18900
付いていない方は同じ高さで¥16800 なんといっても形が美しいです。凛とした佇まい。

b0132444_22102324.jpg

△手前のクリーマーは高さ7cm ¥6300 コルク栓の付いた高さの低いタイプは醤油ピッチャー本体の高さ7cm ¥6300 取っ手付き 本体の高さ11cm ¥9450→こちらは原口さんより、オリーブオイルやドレッシングを入れるのにいいのでは?とのことでした。
上の写真は内側に漆が焼き付けられ黒くなっいています。
その漆が焼きつけられた器達をご紹介いたします。普段使いの器に・・。
b0132444_2219534.jpg

△片口ボウル 径14.5cm×7cm ¥12600
b0132444_2220558.jpg

△スクエアボウル 15.5cm角×5.5cm ¥14700
b0132444_22211995.jpg

△丸皿 地模様があったり色々です。径17cm×3cm ¥8400

そして、可愛い模様入りのコースター。こちらは、お菓子などをのせるお皿としても・・・。
b0132444_22234815.jpg


▽箸置き
おもわず金塊?みたいなゴージャスな箸置き。でもチョコレートみたいで可愛いです。
b0132444_22254377.jpg

b0132444_22255832.jpg

大きさ 6cm角 ¥1050

そして、原口さんといえばとても使いやすいカトラリー
b0132444_2227455.jpg

△漆を焼き付けた長平板に手前からバターナイフ 長さ15cm¥2100 スプーン 13cm¥1680 フォーク 14cm¥2100

▽どんな季節でも食べたくなるカレーに・・。
カレースプーン
b0132444_2239251.jpg

b0132444_22391571.jpg

長さ 17cm ¥2310

▽これからの季節、お鍋に・・。そして毎日のお味噌汁を作るときにも。
レードル
b0132444_22323285.jpg

全体の長さ24cm ¥4200

▽蓋物
b0132444_22341153.jpg

開くと
b0132444_22342020.jpg

大きさ 約6cm角×6cm 各¥21000

ブログにご紹介しきれない器達が沢山・・。です。

金属と陶、異素材ではありますが雰囲気がぴったりなお二人。
是非、お出かけ下さい。新たな発見があるかもしれません・・。

(A)
by shizen-gallery | 2008-11-28 21:15 | 展覧会のお知らせ

回復のキザシ

b0132444_13532918.jpg

ここ何年か寝込むようなか風邪をひいていなかったのですが、今年になって2度目の風邪をひいてしまいました。
2度目の風邪は強力で、薬を飲んで2日間寝込んでもいっこうに熱が下がりません。

ちょうど連休だったので、救急で診察してもらいましたが、ただの風邪とのこと。病院の薬が効き、ようやく少しずつ熱が下がり始めます。

その翌々日の朝、冷蔵庫の果物とクリームチーズと卵のソースでグラタンを作りました。市川孝さんの耐熱皿で。
温かい果物が、身体を温めてくれます。
冷たくしてもプリンのようで美味しいです。
身の回りのことが少しずつできるようになるうれしさ。

周りの皆様にも、島田さん、荒木さんを始めすっかりご迷惑をおかけしてしまいました。
3度ないように、気をつけないと。

私の風邪を治すポイントは、
・首を温める。
・肩甲骨の間と腰の上を温める。
・汗をかいて熱を追い出す。
でした。全部、鍼灸の学校に通う妹が教えてくれたのですが。

向かう寒さ、どうぞご自愛くださいませ。

(T)
by shizen-gallery | 2008-11-27 13:53

やっぱり色が好き


木版画作家の野中光正さん

色彩の組み合わせ、光と影、色の重なりが風を感じるようなリズムを刻んでいる色。
落ち着いた色の中に色がかくれんぼしているようです。
b0132444_19174932.jpg

△版画 37.5cm×38cm 額も含めて¥26250


作品の他に、優しい色のレターセットが二種類届きました。
b0132444_18483911.jpg

ほんわかとした色の中に透明感が出ていて、いい色。
▽上の写真は封筒はこんな感じです。
b0132444_18494346.jpg

▽便箋
b0132444_18515474.jpg


b0132444_1856016.jpg

▽上の写真の封筒 こちらは、二重になっています。
b0132444_18564810.jpg

▽便箋
b0132444_1859748.jpg

写真では、分かりづらいですが四隅に色がついています。

二種類とも、封筒1枚便箋2枚が1セットで¥735です。

お友達に元気ですか?手紙や、恋文などなど。いかがですか?

(A)
by shizen-gallery | 2008-11-23 19:26 | 新入荷のお知らせ

箱庭レッスン 冬の会


日々花レッスンに行くと、「箱庭レッスン 冬の会」のサンプルができあがっていました。
早く見ていただきたくてまずは、携帯電話のカメラでぱちり。
きれいな画像のものは、また改めてご紹介します。

増渕篤宥さんに作って頂いた半月型の植木鉢に、苔の緑が清々しく。
植木鉢の柄はいろいろなものをお願いしました。
野上薫さんの牛がのんびり遊んでいます。レッスン時の牛は、ホルスタイン柄になります。

箱庭レッスン 冬の会
日時 12月16日(火)
12月21日(日)
レッスン料 9450円(材料費、器代含む)
お問い合わせ 03-3746-1334(シゼンまで)

(T)
by shizen-gallery | 2008-11-21 21:51

洋食器にいける

b0132444_20493924.jpg

今日は、久しぶりに日々花レッスンに行きました。

日々花は、生活のなかの花をテーマに雨宮ゆか先生が主宰されているお教室です。雨宮先生には、シゼンでも箱庭レッスンをお願いしています。

今日は「洋食器にいける」レッスンでした。
つやがあり、青白いものが多い洋食器はなかなか花も空間にも合わせづらいものです。
今の季節の枯れたものとあわせると、お互いにないものを補い合い、おもしろみがでます。

私は、中古の少し縁のあがったお皿に雲竜柳と鉈豆を置き、水をはり柳や鉈豆の隙間にやつでの実や枯れたすすきの葉をいれました。
なんだか、いけるというより様子をみながら、盛りつけていくような感じです。

レッスンでたくさんの植物の色や形をみて、触って組み合わせていくこと。頭がほぐされていくような、心地よい時間です。

(T)
by shizen-gallery | 2008-11-21 20:49

冬のおくりもの

あと1ヶ月と少しでクリスマスです。そろそろ年賀状の準備や、お世話になった方への
贈り物やクリスマスプレゼントが気になるところ。

12月13日(土)から、SHIZENでは5人の作家さんに「冬のおくりもの」を
作っていただき企画展をします。そちらにもぜひ、足をお運びいただきたいですが
少し早めに、おすすめのおくりものいろいろ。

富山県でガラスの作品を作られている木下宝さんのバロック一輪挿し、
それぞれ3360円。右の2つが高さ9、5センチ、真ん中が7センチ、左が8、5センチです。
赤い実も、白い花を挿してもきれいだろうなぁと思います。そのままでも並べても。



ミルクピッチャー、口径3、5センチ×高さ5、5センチ、3780円。
手のひらにのせると生まれたての小鳥を手にしたような、切ない気持ちになります。
でも、機能性もばっちり。きれもよいです。蓋にお砂糖をピッチャーにミルクを。
ちょうど一人分。使いきりで、お醤油やお酢もよいかも。
お気に入りの柚子酢と一緒に差し上げたら、喜ばれそう。


奈良県の吉岡萬里さんのマグカップ、直径8、5センチ×9、5センチ、4410円。
たっぷり派の方にぜひ。

土岐市の小澤基晴さんの右から黄釉スープカップ、直径11、5センチ×
高さ7センチ、3150円。黄釉マグカップ、直径9センチ×高さ7センチ、2625円。
コーヒー好きの方に。コーヒーの色がきれいに映ること請け合いです。
お気に入りの美味しいクルトンとスープカップもうれしいかも。

こちらは小澤さんの鉄赤釉の砂糖壺です。直径12、5センチ×高さ8センチ、5250円。
蓋の木材は、ウォルナットです。最初にみたときに、ちょっと残ったおかずを入れて
冷蔵庫にしまいたい!と思いました。
小澤家では、実際そのようにもお使いだそう。木の蓋、冷蔵庫に入れても大丈夫なのです。
ひとりぐらしを始めた方に。
添えたお匙は、匙屋さんのものです。桜の木でできています。2940円。

蓋をあけるとこんな感じ。冷蔵庫からおかずを出してそのまま並べられます!

小さなシュガーボウルも。砂糖壺と重ねて、どんぐりの親子のよう。
こちらは、蓋付のお湯のみとしてもお使いいただけます。
直径8、5センチ×高さ6、5センチ、2940円。

千葉県の藤野雅也さんの箸、上から21センチ、23センチ、各3990円。
安田奈緒子さんのお箸置き、525円とあわせると、クリスマス、クリスマスです。
須田二郎さんの楕円皿にのせて。

世田谷の木村きっこさんの四足鉢、9センチ×15センチ×9センチ、13650円。
銀の紙にくるまれた、ハーシーズのキスチョコを添えてお贈りしたいです。


直径10センチ×高さ8センチ、13650円。


木村さんのふたもの、オタカラを入れていただきたいです。
口径6センチ×高さ5、5センチ、11550円。

蓋の裏も見逃せません。


木村さんのスプーン、大10、5センチ、2625円、小8、5センチ、2310円。
ちょっとした贈り物に。

贈り物は、どんなものを喜んでくださるかなぁと頭をひねります。
でも、愉しい時間です。
贈り物をおさがしでしたら、どうぞお気軽にお声かけください。
一緒に頭をひねります。

(T)
by shizen-gallery | 2008-11-17 20:34 | つれづれ

小皿いろいろ

買いやすいお値段で、収納もしやすい小皿。何枚あっても、ついついそんなことを
言い訳にお買い物してしまいます。

京都の清水なお子さんの絵替り3寸皿、直径9センチ×高さ2、5センチ、
1575円。お粥の朝ごはんに、佃煮やお漬物、あられをそれぞれのせて。
れんげをのせても。

京都の土井喜男さんの白磁3寸小鉢、直径9センチ×高さ4センチ、1260円。
深さがあるので、お醤油皿に使いやすそうです。
胡麻豆腐をほんのちょっとや、鉄火味噌をひとさじもいいな。

瀬戸の林健二さんの青白磁まめ皿、直径10センチ×深さ3センチ、1575円。
かりんとうや、ロシアクッキー。ちょっと懐かしいお菓子をのせたいです。

半磁土を使って作られています。同じ土を使ったマグカップを私達は使用中。
こんなに貫入が入りました。コーヒーやお茶を頂くので、小皿はもうすこし
ゆるやかに貫入が入っていくでしょうか。

お皿自体もかりりとなんだか美味しそうな色。
多治見の古澤かおるさんの小皿、直径9センチ×高さ2、5センチ、1680円。
きゃらぶきや、うぐいす豆なんていかがでしょうか。



(T)
by shizen-gallery | 2008-11-15 18:39 | つれづれ

一柳京子さんの器で

b0132444_17112248.jpg

b0132444_17112223.jpg

千葉県柏市の「うつわ萬器」さんで今日から始まった一柳京子さんの個展に行ってきました。

夕方の空の色。熟れる前の果実の色。金属や土からこんなデリケートな色が生まれる不思議。

お腹をすかせて、萬器さんの2階の風姿さんで会期限定のサンドイッチのランチをいただきました。
先日ブログでご紹介したマグカップで根菜のスープが。きれい。
写真に撮らせて頂きました。少し深さのある桜色のボウルにサンドイッチが。

一柳さんの個展は、24日(月)までです。

うつわ萬器
http://www.utuwa-banki.com

(T)
by shizen-gallery | 2008-11-14 17:11

ジャムビュッフェ

b0132444_13192798.jpg

先週まで個展をして頂いていた島さんから頂いたプルーンジャムとこれまた島さんから頂いた紅玉で作ったりんごジャムで、ジャムビュッフェにしました。
そうそうパイナップル入りのクリームチーズもお仲間に。
越智さんの白化粧の二段重の一段にジャムを入れたガラスケースを。
チーズは、長峰さんのブロンズ釉の小皿に。バターナイフは、11月29日から中西申幸さんと二人展をお願いしている原口潔さんのものです。
ジャムがじっくり味わえるように三等分したパンはいつもの須田さんの木皿に。マグカップは、一柳京子さんのものです。

お手製のジャムは、やっぱり新鮮な果物の美味しさがつまっています。

(T)
by shizen-gallery | 2008-11-14 13:19