<   2008年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

島るり子陶展

明日、11月1日から島るり子陶展が始まります。
島さんは、長野県伊那市で作陶されています。
今回は、耐熱の器と粉引の器に力をいれて作ってくださいました。
外から見たSHIZENは、こんな感じです。
b0132444_20313761.jpg

お湯のみもいろいろ。
b0132444_20325132.jpg

粉引の器は、まんなかの大きな松山祐太さんの鉄のテーブルに。
b0132444_20334430.jpg

粉引リム皿、直径25、5センチ×高さ5センチ、14000円。
b0132444_20415090.jpg

b0132444_204231.jpg

粉引片口、内径9、5センチ×高さ8センチ、5000円。
b0132444_2043442.jpg

b0132444_204423.jpg

粉引小鉢、10、5センチ×11センチ×5、5センチ、4000円。
少し楕円型になっていて、外側だけ刷毛目です。
b0132444_2046255.jpg

b0132444_20461610.jpg

今回お茶をお出しするために、島さんがお使いのお湯のみやお皿をお持ち
いただきました。使い込んだ粉引の器は、こんな感じになります。
b0132444_20472826.jpg

ココアにミルクを混ぜたような刷毛目碗、直径14センチ×高さ5センチ、4700円。
島さんは、このお碗でごはんを食べたり取り鉢に使ったりされるそうです。
確かに、使い勝手がよさそうです。
b0132444_2049589.jpg

b0132444_2049222.jpg

裏にも刷毛目が。
b0132444_20493889.jpg

掛け花いろいろ。こちらは、15000円。
b0132444_20525470.jpg

かけるところは、こんな感じです。
b0132444_20542058.jpg

こちらは、20000円です。
b0132444_2053834.jpg

粉引掛け花、18000円。
b0132444_20532026.jpg

粉引掛け花、18000円。
b0132444_20535137.jpg

焼き締め花器、10000円から。
b0132444_20592442.jpg

耐熱器、口径12、5センチ×7センチ、各5000円。
クリームシチューをいれて、パイシートをのせてオーブンで。
b0132444_2121515.jpg

箸置き ひとつ700円。なんだか大根の薄切りみたいに見えます。
細長い箸置きは、カトラリーを置いたりもできます。
b0132444_2132241.jpg

ビビンバを作ると、美味しいおこげができるそうです。
直径18センチ×高さ8センチ、10000円。
b0132444_2135252.jpg

b0132444_21485.jpg

耐熱の片口、左 口径11センチ×高さ7センチ、5000円。
右 口径9センチ×高さ9センチ、5000円。
b0132444_2165385.jpg

耐熱大鉢 直径34センチ×高さ7、5センチ、32000円。
b0132444_218590.jpg

b0132444_2184098.jpg

島さんは、毎日在廊される予定です。
とっておきのひとつを探しに、SHIZENにいらしてください。

(T)
by shizen-gallery | 2008-10-31 20:42 | 展覧会のお知らせ

矢島操さんの器

滋賀県大津市の矢島操さんから器が届きました。

染付け鉢、口径 21センチ×高さ 9センチ、 4725円。
外側のひょうたんの線がたっぷりとおおらかです。
b0132444_16262327.jpg
b0132444_16263456.jpg

山の間を龍が縫っていきます。
b0132444_16264893.jpg
b0132444_1627088.jpg

うさぎと亀が、星をみつめている姿に胸をつかまれます。
b0132444_16303582.jpg
b0132444_16304968.jpg

十二角豆皿、直径 10センチ×高さ 2センチ、 1890円。
大きな大きな朱のお盆にこの豆皿をずらりと並べて、酒肴をあれこれ
盛り付けてみたいです。

白い土に黒い化粧土をかけて、掘って絵柄を描いています。
b0132444_174126.jpg
b0132444_1742812.jpg
b0132444_1744336.jpg

染付けスプーン鉢 11センチ×16センチ×4センチ、2625円。
お鍋のお供のカボスの四つ切をたっぷりのせたいです。
b0132444_1762453.jpg

b0132444_1764457.jpg

(T)
by shizen-gallery | 2008-10-30 17:14 | 新入荷のお知らせ

箱庭レッスン 秋の会 その2

昨日は、「箱庭レッスン 秋の会」の2回目でした。

それぞれの植物を植え終え、黙々と苔張り中。

お疲れ様でした。お茶の時間です。

出来上がりを撮影させていただきました。
鉄釉の色に緑と赤がきれいです。




次回、「箱庭レッスン 冬の会」は、12月16日(火)、21日(日)です。
どちらも19時から21時までです。
お問い合わせは、SHIZENまで。
03-3746-1334

(T)
by shizen-gallery | 2008-10-29 20:15 | つれづれ

長谷川奈津さんの器

長谷川奈津さんから器が届きました。
長谷川さんには、12月13日からの「冬のおくりもの」展にご参加いただきます。

「冬のおくりもの」展には、長谷川さんのほか

deco(ウッドブローチほか)
野口和美(ガラス・革)
能登朝奈(ガラス)
かえる食堂・松本朱希子(ジャム・カステイラ)

4人の方にご参加いただきます。

小さなおくりものから大きなおくりもの。
クリスマスにお正月、冬のごあいさつ。寒い冬にこころをあたためるおくりもの、
いろいろがご覧いただけます。

長谷川さんから届いた粉引平鉢 口径24センチ×高さ7、5センチ、12600円。
b0132444_1682296.jpg

b0132444_1619182.jpg

ところどころうっすらと緑のむらくものようになっていて、きれいです。
すこぅしのぞいた土の色が、雲の切れ目からのぞいたおつきさまみたいで
なんだかうれしいです。
b0132444_1623786.jpg

粉引浅鉢、口径20センチ×高さ4、5センチ、4725円。
1枚でも、何枚かあっても出番の多い大きさです。
b0132444_17393647.jpg
b0132444_1740119.jpg

刷毛目豆皿、口径9センチ×高さ2センチ、1470円。
何枚あってもほしくなってしまう豆皿。よく見ると柔らかい刷毛目が。
目あとがついているのとついていないのがあります。
お好みで。
b0132444_17432416.jpg
b0132444_17433751.jpg

長谷川さんの器。やわらかくて、あたたかだなぁと思います。

(T)
by shizen-gallery | 2008-10-28 16:07 | 新入荷のお知らせ

SHIZENの箱庭レッスン 秋の会

昨日は、「箱庭レッスン 秋の会」がSHIZENでありました。

いつもは、器をディスプレーしている松山祐太さんの鉄のテーブルに
新聞紙を敷いて、寄植の作業台にします。
まずは、雨宮先生に植え方を教えていただきます。
植木鉢を作ってくださった野田敬子さんも、レッスンに参加してくださいました。
左が雨宮先生、右が野田さんです。

鉄釉の秋らしい色合いの植木鉢に、紅紫檀、斑入り玉竜、沢白菊を
寄植します。

植物の配置を決めて、周りに土を入れていきます。

ほどよく土が入ったら、けと土をペースト状にして土の上に塗り苔を貼り付けて
いきます。

けと土は、カレー状が程よい固さなのだそうです。

苔の配置も、悩むところ。

出来上がりは、こんな感じです。同じ植物を使っても、仕上がりはみなさん
それぞれ。どのお庭も素敵です。


出来上がったら、ほっと一息お茶の時間です。楓の程近くにオープンした
こだわりのあんこが美味な「まめ」さんの「蕨餅」です。
何種類かある秋のお菓子をあれこれ試食して、決めました。つるんとした食感の蕨餅
の中に、程よい甘さの漉し餡が入った美味しい蕨餅です。

升たかさんの急須、田谷直子さんの灰釉象嵌筒小湯のみ、林健二さんの豆皿
でお召し上がりいただきました。

お茶をいただきながら、植物のこと、育て方についていろいろお話を聞きます。
お家の園芸相談にも発展したり。

ご参加いただいたみなさま、お疲れ様でした。
どのお庭も、元気で四季折々毎日のくらしを愉しませてくれますように。

(T)
by shizen-gallery | 2008-10-27 21:32 | つれづれ

みーちゃんボウル

b0132444_19412379.jpg

シゼン辺りを縄張りに器量よしなノラネコがいます。
名前は「みーちゃん」。
あまりのかわいさに、ついつい餌をやってしまう私と荒木さん。
にゃーと呼ばれるとほいほいいうことを聞いてしまうのです。

シゼンでの個展中、毎日在廊してくださった須田二郎さん。
ある日、「みーちゃん。」とこのボウルをくださいました。
須田さんいわく、脳天にひびが入ったボウルをみーちゃんにしてくださったのだそう。
底は高台がないので、みーちゃんはテーブルでくるくる回ります。
えーん、かわいいよー。
猫好きな猫アレルギーの私。一緒に住めるみーちゃんが家に来てくれて、うれしいです。

(T)
by shizen-gallery | 2008-10-25 19:41

SHIZENの箱庭レッスン 秋の会

10月26日(日)と28日(火)の「箱庭レッスン 秋の会」の定員がいっぱいに
なりました。

お申し込みいただき、ありがとうございます。

また、レッスンの様子はブログに掲載します。

次回の「箱庭レッスン 冬の会」の日程は、12月16日(火)、21日(日)の
19時~21時です。
お申し込み締め切りは、12月14日(日)です。お早めにお申し込みください。

サンプルは、11月初めに出来上がります。出来上がり次第ご紹介します。
「冬の会」は、宮崎県の増渕篤宥さんのモノトーンの
半月型の植木鉢にお正月にぴったりな草木を寄せ植えします。
藤野町の野上薫さんの丑を箱庭に乗せて仕上げます。

(T)
by shizen-gallery | 2008-10-23 18:53 | shizenのお知らせ

耐熱ナイト

b0132444_2248294.jpg

耐熱の器の搬入の日の一人ばんごはん。

もう作る気力はなかったけれど、そろそろ限界な豚肉を使わなければ!
いかに大変じゃないメニューにするか、帰りの電車で頭をひねります。

そんな時、耐熱ナイト。
市川孝さんの耐熱の楕円皿にオリーブオイルを熱し、ぶつ切り葱と塩胡椒した豚肉をソテー。
最後にバルサミコ酢とおしょうゆで味付け。
正島克哉さんの角型ココットにサツマイモを入れ、レンジでチン。
マヨネーズとチーズを乗せて魚焼き機でグリル。

赤ワインといただきまーす。このころには、調子も出て、気分は上々。

洗いものが少ないのも耐熱ナイトのよいところ。

「耐熱のうつわといろいろ」展、明日の17時までやっています。

(T)
by shizen-gallery | 2008-10-22 22:48

ことことお鍋


今日は、ことことと具沢山の根菜スープを作ると想定して、お鍋を選んでみました。
他にも色々な形があるのですが、その中でも丸味が可愛いお鍋をご紹介します。

b0132444_20321652.jpg

△なんだか、顔を描きたくなるお鍋。左が清岡幸道さん→外径18×13 蓋も含むと18.5¥14700  右が佐久間陶子さん→外径13.5×16 蓋も含むと12.5 ¥12600
清岡さんのお鍋の釉薬の流れた感じが綺麗です。

お鍋の表情が素敵な、深田容子さんのグレイ粉引土鍋 深型
b0132444_20384171.jpg

さつまいもがごろごろと入った豚汁を沢山つくりたいですね・・・。
外径22×12.5 蓋も含むと19  ¥15750

スープに一味加えたいときに役立つミルクパンも添えて・・。
b0132444_20421397.jpg

温めた生クリームに塩と胡椒を加えてコクをプラス。


そして、今回鍋敷も登場しています。
b0132444_20441748.jpg

b0132444_20452337.jpg

木の鍋敷は見たことがあるけれど、同じ陶器は初めてみました。
大きさは、大と小2種類  大¥2940円 小¥2625
形が面白いです。


(A)
by shizen-gallery | 2008-10-21 20:48 | 展覧会のお知らせ

珍しいいただきもの


今日、お客様から秋の実りをいただきました。
ありがとうございます!


枝つきの生落花生。とある駅で購入されたそう。
こういう形での落花生は初めてで、初々しい表情の子供達が沢山ぶら下がっている姿が愛らしいです。
パッケージには、純千葉産と記載されていて、今頃秋深くなる頃に収穫されるそうです。
市川孝さんの耐火盛鉢にのせて・・。この器でゆでたり、スープの具材にしてことこと煮たりもいいな。

今夜は、ゆで落花生とビールから始まりますかっ!

(A)
by shizen-gallery | 2008-10-18 20:17 | shizenのお知らせ