<   2008年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

夢の家

b0132444_21505280.jpg

b0132444_21505240.jpg

昨日から、夏休みをいただいています。
曇り空の東京を発ち、11月に個展をお願いしている島るり子さんの工房へ向かいました。
工房の様子は、またあらためて、ブログに掲載します。

島さんの工房のある長野県伊那市を後に、新潟の松之山へ向かいます。新潟県十日町市、津南町は越後妻有と呼ばれる地域です。
農を通して人が自然に関わるなかで育まれた美しい里山がひろがる地域です。

その里山のなかで現代アートを愉しむイベント「越後妻有 大地の祭り 2008」が31日、今日まで行われていました。

作品のいくつかには、宿泊することもできます。
松之山温泉を抜け、登って行った集落にマリーナ・アブラモヴィッチの「夢の家」があります。
昨日は、「夢の家」に宿泊しました。

築100年の民家を改装した空間。マリーナの作品、水晶の枕のついた銅製の浴槽でまず身を清めます。夢をみるためのスーツを着て、黒曜石の枕の棺のような箱型のベッドで鉱物から発せられる自然のエネルギーを感じながら一晩を過ごします。
翌朝、見た夢をベッドにはめ込まれている「夢の本」に書きます。
「夢の本」は日本語と英語で出版されるのだそうです。

ベッドは4つあり、4つの部屋に配置されています。それぞれ赤、紫、青、緑の部屋と名付けられています。窓のガラスにそれぞれの色がついているので、部屋がその色で覆われて見えるのです。

私は、緑の部屋に宿泊しました。

夢は、かたちの朧げな夢のかけらをいくつかみました。眠りは、潮の満ち引きのような寄せては返すような感じ。
緑に満たされて、目が覚めました。

テレビも電話もなく、宿泊者だけの空間。携帯電話も圏外です。
自分自身をみつめる時間を過ごせた気がします。

(T)
by shizen-gallery | 2008-08-31 21:50

漆から漆へ。


今日も、バケツをひっくり返したような雨からご機嫌な太陽が覗いたりと、お天気やさんな天気ですね。

先日の小川マアさんの「下地ワークス」のお知らせに続き、今回も漆のご紹介です。

「うるしが、いいね」展でも参加していただいた、埼玉県川越市でつくっていらっしゃる若林幸恵さんのお弁当箱。
b0132444_16444296.jpg

△けやきの二段弁当箱。
大きさは、外径10cm、高さ約11cm ¥21000
田島あゆみさんの風呂敷に、工房くさなぎの箸箱(中に藤野雅也さんの青い16.5cmの漆のお箸が入っています。)を添えて・・。
最近、私はお弁当を持ってきています。今日の中身は、つるむらさきとおあげの煮浸し、ニラと桜海老のジョン、自家製ピクルスとご飯。
もうすでに、お腹の中に入ってしまったのです・・。
でも、若林さんのお弁当箱に入っているように想定して・・・。
素敵なお弁当箱に納まっていたら、なんでもおいしくいただけそう!

▽そして、こちらのお弁当箱は、蓋を開けると・・。
b0132444_1655212.jpg

おしゃれです。内側が朱。上段は下段に比べて浅めです。
上段 内径8.5cm 高さ4cm、下段は高さが5cm。
下段にご飯をいれて、上におかずでもいいです。でも、物足りない場合は2段ともおかずにして、おにぎりを加えるのもいいですね!

また、お酒のおつまみを珍味の味比べで少しずつ入れて、お盆に載せ、縁側などでちびりちびりと楽しむ時にも重宝しそうです。

8月も終わりになると、暑い夏の名残り惜しさに思いにふける事もしばしば・・。
皆さんは、どんな夏を過ごされましたか?


(A)
by shizen-gallery | 2008-08-30 17:04 | 新入荷のお知らせ

漆の平面、漆の仕事「下地ワークス」展

中国四川省の震災復興のために、小川マアさんがギャラリーワッツにて
「下地ワークス」展をされます。

9月5日(金)は刀根が、6日(土)は荒木がお手伝いさせていただきます。

詳細は、下記のとおりです。
ぜひ、お出かけください。


中国四川省震災復興支援

PEACE PIECES
漆の平面、漆の仕事
「下地ワークス」展
小川マア
2008(H20)年9月3日(水)→6日(土)
開廊時間:11時→19時

中国という国も、中国で活動している作家たちも、
僕にとってはごくごく身近な存在なので、
今回の「下地ワークス」展は四川省震災復興支援のために企画しました。
ギャルリーワッツのオーナー川崎淳与さんの協力によって実現したもの
です。
売上げの一部は義援金として寄付するつもりでいます。
一人でも多くのみなさんにご協力いただければ幸いです。
小川マア

ギャルリーワッツ
〒107-0062
東京都港区南青山5-4-44 ラポール南青山103号 
http://www.wa2.jp/

<問合せ>
まあ商会 
tel.03-5771-8085
maamaa@t3.rim.or.jp

小川マアさんのお仕事を覗いてみてください。
ホームページ「うるしが、いいね。」
http://www.urushigaiine.jp/
ブログ「うるしが、いいね。」
http://blog.urushigaiine.jp/
(T)
by shizen-gallery | 2008-08-29 16:20 | 展覧会のお知らせ

ランチの新メニュー

ランチの新メニュー、「冷しゃぶ アジアうどん~パクチー添え~」です。

白米か玄米、五穀米をお選びいただけます。ハーフ&ハーフができるのも
うれしいところ。10品目のサラダ、小鉢、おしんこ、ミニフルーツがついて、
1000円です。
温かいうどんのメニューは、「モロヘイヤ&とろろ昆布のつるつるうどん」です。

定番の「焼き魚三種盛」900円、「SHIZEN特製ネバネバ丼」900円もあります。

「ネバネバ丼」といえば、毎週土曜日9時から6チャンネルで放送されている
「王様のブランチ」に「ネバネバ丼」を取材して頂きました。
8月30日(土)10時45分頃から、放送の予定です。

1階も併せて取材して頂きました。

(T)
by shizen-gallery | 2008-08-27 19:54

スープカップいろいろ

気温が下がってくると、あたたかい食べ物がうれしくなります。
スープも、そのひとつ。

スープカップいろいろ。

土岐市の小澤基晴さんの藁灰釉スープカップ。
直径 11、5センチ× 高さ 7センチ、2730円。石川漆宝堂の栗摺漆ノミ目木皿に。
作ったことは、まだないのですが本で見た栗のスープをいれてみたいです。
同系色でまとめるのもきっときれいだと思います。


奈良県の吉岡萬理さんのドットスープカップ。
最近みていませんが、象印のポットのCMでこのドット柄のポットとカップが登場して
いました。見た瞬間に、吉岡さんだーと思いました。

直径 14センチ× 高さ5、5センチ、3990円。
ミネストローネに温泉玉子を落として、カリカリバゲットを添えたいです。


三重県の松宮洋二さんのスープカップ。冨沢恭子さんのマットに。
直径 12センチ× 高さ 7センチ、3150円。
押し麦と根菜のスープがいれたいです。


宮崎県の増渕篤宥さんのスープカップ白。須田二郎さんの木皿に。
直径 12、5センチ× 高さ 6、5センチ、2940円。
夏の終わりの枝豆のポタージュを。


スープカップ黒。こちらは、おそろいのお皿も。
かぼちゃのポタージュ。
お皿、直径 18センチ× 高さ 2センチ、2100円。


久留米市の正島克哉さんのグラタン鉢。
直径 15、5センチ× 高さ 7センチ、3150円。
直火にかけられるので、「オニオングラタンスープ」、「鶏のクリームシチュウにパイを
蓋にかぶせり」もできます。



(T)
by shizen-gallery | 2008-08-27 18:48 | 新入荷のお知らせ

出張お点茶

昨日は定休日でお休みだった楓の島田さん。閉店間際のSHIZENに手提げを
持ってみえました。手提げの中には、先日の伊勢丹で個展をされた
京都の村田森さんのお碗が。

つれて帰られたお碗で、お抹茶をたててくださいました。


村田さんが、うれしそうに「思いがけず、ソーダみたいな色がでた。」とおっしゃって
いたお碗。お抹茶の緑が入ると、よりソーダ色が際立ちます。


お抹茶をいただくと、普段食事に使うのとはまた違った器の味わい方が
できます。窯変や、かいらぎをじっくりじっくりこころに取り込みます。

器を味わい、美味しいお茶もいただき、こころはふっくらの帰り道でした。

(T)
by shizen-gallery | 2008-08-27 16:01 | つれづれ

焼物皿いろいろ

一日だけかと思いきや、あの恐ろしい暑さが嘘のように肌寒いような日々が続いている
東京です。
厳しい残暑に心の準備をしていましたが、肩透かしを食ったみたいです。

すっかり、心は秋模様。SHIZENでも、ガラスのかわりに土ものの器をいそいそと
並べたり。

秋にむけて届いた焼物皿、いろいろ。

久留米市の正島克哉さんの刷毛目長皿。
13センチ×33、5センチ×1、5センチ、3360円。
平らなので、収納もしやすくトレーのようにもお使いいただけます。
b0132444_1842247.jpg
b0132444_18422243.jpg

奥様の智恵さんのポストカードにも、長皿が登場。
長皿と一緒に、ついついディスプレイしてしまいます。
b0132444_1952176.jpg

切手の部分は、カボスです。
b0132444_1952374.jpg

篠山市の市野雅利さんの長皿。ご自分で作った刷毛の刷毛目と、ざっくりした
縁の感じがいつもよいなと思います。
元々作られていた角皿の感じが好きで、焼物皿があったらとお願いして
何度もやりとりをして作っていただきました。
焼き魚はもちろん、おいなりさんをずらりと並べてみたいです。
12、5センチ×34センチ×2センチ、4200円。
b0132444_19544863.jpg

b0132444_2024436.jpg

常滑市の角掛政志さんの長皿。二人暮らしの我が家。小さなテーブルなので
1枚に焼魚を盛り付けて、二人でつつきます。
12センチ×34、5センチ×3、5センチ、5250円。
b0132444_2001723.jpg
b0132444_2002933.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-08-26 20:03 | 新入荷のお知らせ

林健二さんのケーキ皿

瀬戸でやきものをされている林健二さんから、ケーキ皿が届きました。
「ケーキ皿」、魅力的な名前です。
直径 14センチ×高さ 2センチ、2625円です。
b0132444_20352614.jpg

使うと、どんどん貫入が入りまた違った古びた表情になります。
その姿もなんともかっこよいのです。使ってからの、おたのしみ。
b0132444_20383867.jpg

b0132444_20385071.jpg

ケーキ皿には、やっぱりケーキ。チーズスフレをのせました。
原口潔さんのフォークを添えて。
b0132444_20395194.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-08-25 20:42 | 新入荷のお知らせ

秋の箱庭レッスンのお知らせ

作家さんに作っていただいたSHIZENオリジナルの植木鉢に、四季折々に
箱庭仕立ての寄せ植えをするレッスンをSHIZENで開催しています。

講師は、雨宮ゆか先生です。
草花研究家で、暮らしと草花の関わりをテーマに活動されており、
普段着の花を生ける教室「日々花」を主宰されています。

8月20日に発売された、主婦と生活社刊の「大人の和生活 vol.7」に
雨宮先生のお教室が掲載されました。


SHIZENの箱庭レッスンも掲載していただきました。

秋の箱庭は、野田敬子さんの鉄釉の植木鉢に秋の実りを寄せ植えします。
シックな鉄釉の植木鉢が、緑をひきたててくれます。
写真はサンプルで、雨宮先生が1年前から育ててくださったものです。
今年も、花が咲き緑の実が熟すのを待っています。

秋の箱庭レッスン

日時 10月26日(日) 19時~21時
    10月28日(火) 19時~21時
お申し込み締め切り 10月21日(火)
参加費 9450円(材料費、器代金を含む)
     レッスン後、季節のお菓子とお茶をいただきながら、レクチャーがあります。
お問い合わせ SHIZEN 03-3746-1334(12時~19時)

(T)
by shizen-gallery | 2008-08-23 21:51 | shizenのお知らせ

矢島操さんの器達


滋賀県大津市で作陶されている矢島操さんから、心ウキウキする器が届きました。

矢島さんワールドに惚れている私には、丼や飯碗を眺めながらニヤニヤとしてしまいます。
今回もくすっと微笑んでしまう絵替りシリーズ。

絵替りシリーズの前に・・。
▽赤ざくろ鉢をご紹介します。
b0132444_19293278.jpg

▽ひっくり返すと・・。
b0132444_19302031.jpg

大きさ 径18.5cm高さ8.5cm¥5250 片口鉢になっています。
勢いがある赤絵の線。元気が出てきます。

赤絵絵替り丼
こちら高台の部分まで、柄違い・・。
どうぞお楽しみください!
b0132444_19344371.jpg
b0132444_19345613.jpg

▽上の2つは、外側は赤一色なのですが、もう一つは絵が描いてあるので、ひいてみますと・・。
b0132444_1935474.jpg

▽こちらの三点の丼の中も勿論絵替り。
b0132444_19351728.jpg

b0132444_19384269.jpg
b0132444_1938579.jpg
b0132444_19391192.jpg
b0132444_19392151.jpg

華麗に赤絵のお花が踊っているような感じ。気がついたら、ニヤニヤしていました。
綺麗だなって素直に見とれてしまいます。
大きさ 径21cm高さ9cm ¥4725

▽モノクロ絵替り飯碗
b0132444_1942126.jpg

△こちらは、飯碗を上から撮影。ひょうたんあり、お家あり、亀さんあり・・。
▽ひっくり返すと・・・。(表と同じ位置です。)
b0132444_19444719.jpg

矢島さんのサインまで一つ一つ絵が違うのです。そんな発見が楽しいです。
大きさ 径12.5cm高さ5.5cm ¥2730

▽モノクロ鉢
一つ一つに物語が隠されている・・。
b0132444_19473468.jpg
b0132444_1947502.jpg

△ぐるりと鉢をご紹介したくて、写真は2枚で一つの器です。
▽建物シリーズ 外国へとイメージトリップ・・。
b0132444_19485897.jpg
b0132444_19491083.jpg


▽兎が鍵を渡しています・・。バトンタッチ?なんだろ。
b0132444_19524997.jpg
b0132444_1953374.jpg


b0132444_19502697.jpg

b0132444_19504728.jpg

皆さんは、見つけましたか?
ひょうたんから駒・・。そして、なぞのダルマさんを・・・。
落語に出てきそうなお題がいっぱい詰まっていますねー。
大きさ 径19.5cm高さ8.5cm ¥4200

今日は、視覚で楽しんでいただきました。

(A) 
by shizen-gallery | 2008-08-22 20:00 | 新入荷のお知らせ