<   2008年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

田宮亜紀さんの工房へ

静岡県で焼締の器を制作されている田宮亜紀さんの工房をお訪ねしました。

田宮亜紀さんには、来年5月23日(土)から28日(木)まで、個展をお願いしています。
個展の打ち合わせもかねて、夏の静岡へ。

静岡駅から30分ほどの山間に田宮さんの工房があります。
工房に向かう途中の、もりもり木々が生えている山。こんな感じのお山が沢山。
山の隙間隙間に茶畑があるのに、静岡らしさを感じます。
b0132444_20365910.jpg

田宮さんのお家の前に生えているキウイの大木がお出迎え。小さな実がたわわに。
熟し待ちです。
b0132444_2039476.jpg

かわいいポスト。門をあけてくださる田宮さん。
b0132444_20394419.jpg

工房を見せていただきます。来月焚く薪窯の準備中。大きな大きな壺は、毎日少しずつ
積み上げながら作ります。伺った日の分は、朝5時におきてもう積み上げられたそうです。
ご苦労をおかけしました。積み上げた部分は、乾かないようにします。
b0132444_2045545.jpg

壺の大きさ、伝わりますか?
b0132444_2049911.jpg

9月に焚かれる薪窯も見せていただきます。
b0132444_20503620.jpg

窯を横からみた所です。
b0132444_20532123.jpg

その先は、熱の通り道です。
窯焚きのときは、この熱の通り道の上にプチ窯をしつらえ、
餃子の皮ピザを作ったりされることも。あっという間に焼けるのだそうです。
田宮さんがこっそり教えてくださいました。
通り道の先は、煙突になっています。
b0132444_20571784.jpg

窯の中から。壺の気持ちになってみました。
b0132444_20515755.jpg

奥と手前が薪置き場です。1週間火を燃やし続けるためには、両方がいっぱいに
なるくらいの薪が必要です。今、集めている所なのだそうです。
b0132444_2058757.jpg

焼締となかよく暮らす田宮さん。暮らしぶりもとても素敵なのです。
焼締の魅力を改めて感じた工房訪問でした。
来年の個展は、そんな暮らしの中で愉しむ焼締を感じていただける個展にしようと
いうことになりました。

ご自宅の素敵な暮らしぶりは、あたためてあたためてまたご覧いただこうと思います。
どうぞお楽しみに。

工房で選ばせていただいた器は、日曜日にSHIZENにやってくる予定です。

田宮さんの愛犬、シャケちゃん。暑かったから?お庭のテーブルの上でお休み中でした。
ひんやりして、気持ちよさそうだもんね。
b0132444_21131673.jpg


(T)
by shizen-gallery | 2008-07-31 21:15 | つれづれ

今日のおやつ

2階のスタッフの前田さんから、かわいいかわいいお福分けをいただきました。
招き猫の最中です。
b0132444_17585277.jpg

世田谷の「かめや」さんのものです。なにやら福を招いてくれるのだそう。

早速、煎茶を淹れていただきました。
こよりを張り合わせて、漆を塗った藤野雅也さんの角小皿に招き猫をのせて。
座布団みたいに見えるといいな。
お湯のみは、田谷直子さんの象嵌筒小湯のみです。小さなコースターは、
正島智恵さん。
b0132444_1833629.jpg

かわいいだけでなく、お味も美味しかったです。

ごちそうさまでした。

(T)
by shizen-gallery | 2008-07-29 18:07 | つれづれ

武井春香さんの柿渋コースター

山梨県甲州市で制作されている武井春香さんから、柿渋コースターが届きました。

約10センチ角の麻でできたコースターです。1枚 945円です。
秋にとれた渋柿のジュースをたっぷり冷凍しておき、染めに使われています。
b0132444_1622675.jpg

裏側はこんな感じです。一枚一枚武井さんがバランスを見て、位置を決めていらっしゃる
そうです。柄の分量でイメージがだいぶ違います。
b0132444_16241419.jpg

ちくちくと丁寧にかがってあります。
b0132444_1625825.jpg


以前コースターをお買い上げいただいたお蕎麦屋さんにお伺いしたら、毎日使っていただき
いい風合いになった武井さんのコースターに会えました。
柿渋は、摩擦に弱いので押し洗いがよいそうです。

ご実家が桃の農家の武井さん。今が桃の最盛期なのだそうです。
コースターと一緒に桃も送ってくださいました。
桃の色も、香りも、お味も大好きです。
b0132444_1654214.jpg

武井さん、ごちそうさまです。

(T)
by shizen-gallery | 2008-07-29 16:56 | 新入荷のお知らせ

須藤拓也さんの染付色絵六角皿

b0132444_1631142.jpg

b0132444_1631114.jpg

楓に届いた須藤拓也さんの六角皿、シゼンにも何枚か置かせていただいています。

奥様の華順さんと神楽坂の「ラ・ロンダジル」さんでの二人展で購入した同じ六角皿は、我が家で日々活躍中です。

「肉巻き茄子のチリソース」の取り皿に。
「鶏肉の山椒焼き」の取り皿に。

きれいなお皿なので、本当は漆のお敷の上できれいに盛りつけて、向付のように使いたいという野望があるのですが、日々の暮らしの中、がしがし使っています。
それは、そのうちのお愉しみということで。

(T)
by shizen-gallery | 2008-07-29 16:03

メダカの学校


今日も、雨が降りそうで降らず。こういうお天気の日は、洗濯物を干して出かけようかどうしようかと迷ってしまいますね・・。


メダカの学校。

水草のアーチをすいすいと泳いでいます。
こちらの水槽は、随分と昔のものですが、蓋の付いたものは珍しいそうです。
そして、大正ロマンを思わせる足がついています。素材は金属ですが、詳しくは??です。
絵的にきれいな水槽。
▽横から見ると・・。

▽上から覗くと・・。



こちらの水槽の大きさは、横幅30cm高さ25cm(蓋も含めると30cmになります)、奥行き18cm。¥15750

スーイスイスイ。
今年も、どこかの海で泳ぎたいな。
と思いながら、プールでスイスイ。

(A)
by shizen-gallery | 2008-07-28 19:16 | shizenのお知らせ

中西申幸さんの器

徳島県の中西申幸さんから器が届きました。

皿鉢 直径23センチ×高さ4、5センチ、4725円。
カレーやパスタに炒飯、盛皿としても。縁が内側にすこし入っているので、すくいにくい
最後の一口もちゃんといただけそうです。
b0132444_18264027.jpg
b0132444_1827533.jpg

人気者のスープマグ。口径10センチ×高さ7、5センチ、3465円。
しもぶくれな形としっかりした大きな持ち手。両手で包みこんでいただきたくなります。
b0132444_18322243.jpg

b0132444_18324167.jpg

11月29日(土)から12月4日(木)まで中西さんと二人展をお願いしている
原口潔さんのカレースプーンと。
b0132444_1836171.jpg

薬味入れ 口径4、5センチ×つまみまでの高さ8センチ、3150円。
b0132444_18395999.jpg

b0132444_18402341.jpg

素麺に冷奴、ところてんに鰻、それから、それから。
薬味の登場の多い季節。工房くさなぎの栗のトレーに、須田二郎さんの小皿、
西川聡さんのふたものとあわせてみました。
b0132444_18365618.jpg


いつも新しい作品を作ると、まずご自分で使ってみるという中西さん。
なるほど納得の使いやすくてそしてあたたかな器たちです。

(T)
by shizen-gallery | 2008-07-27 18:49 | 新入荷のお知らせ

一柳京子さんの器

先日工房にお邪魔し、選ばせていただいた器を一柳さんが届けてくださいました。

墨色中鉢 直径17センチ×高さ7センチ、4200円。
一柳さんの釉薬の名前はいつも素敵です。色を大事にしていらっしゃるのが
つたわる名前です。
この釉薬の色も、一言で黒と言い表せない色なのです。
b0132444_1715650.jpg

b0132444_17152554.jpg

カプチーノボール 直径20センチ×10、5センチ、10500円。
大好きなカプチーノ釉。白が多く出ているのもあれば、茶が多いものも。
こちらは、茶が多い仕上がりです。

一つ一つ釉薬を吹き付けているのだそうです。吹き付けたときの具合で白が濃くでたり、
でなかったり。
吹き付けたときは、どのくらいついたのかはわからず、焼きあがって初めて
わかるのだとか。

秋色に思えますが、つややかなので白や黒、ガラスをあわせたら夏のテーブルにも。
b0132444_17295186.jpg

b0132444_17301083.jpg

萌色浅鉢 直径17センチ×高さ5センチ、3780円。
先日のばんごはんの浅鉢と同じ大きさです。定番で作られている形です。
取り鉢に、向付のように、スープを頂いたり、いろいろに活躍してくれる器です。
b0132444_17344764.jpg

b0132444_1735725.jpg

左からgranite片口小鉢、パープルグレー片口小鉢、インクブルー片口小鉢、
各直径10センチ×高さ5センチ、2940円。
色の変化がうつくしく、うっとり見つめてしまいます。
b0132444_17414852.jpg

b0132444_1742748.jpg

b0132444_174304.jpg

アイボリー片口 直径9センチ×高さ12センチ、3675円。
あじさい色ぐいのみ、萌色ぐいのみ 各直径6センチ×4、5センチ、1890円。
京都のお料理屋さんで、このぐいのみにソースを入れて出されているそうです。
行ってみたい。。。
b0132444_17471549.jpg

アイボリー貫入皿 直径19、5センチ×高さ3センチ、3990円。
この釉薬も大好き。貫入好きなんだな。画像ではわかりづらいですが、きれいな
貫入がはいっています。
b0132444_17504432.jpg

増田勉さんの黒釉皿と、アキノヨーコさんのICYオーバルフロストボウルを重ねてみました。
b0132444_17552815.jpg

スモーキーグリーン片口鉢 直径16センチ×高さ7、5センチ、5460円。
b0132444_1823773.jpg

b0132444_182517.jpg


暑さを忘れる端整な器がそろっています。

(T)
by shizen-gallery | 2008-07-27 18:05 | 新入荷のお知らせ

夏のばんごはん

昨日は、夜もやっぱり冷たいごはんいろいろ。
枝豆のポタージュとカポナータ、どちらも冷たくして頂きました。
スープの受け皿とレンゲは、長峰菜穂子さん、カポナータの浅鉢は一柳京子さんのものです。
カポナータにのせた玉子は、とろっと半熟を狙っていたのに、茹ですぎました。残念。
締めは、韮としらすぼしのパスタにしました。
一柳京子さんの縁がプラチナ釉の貫入の入ったお皿に。
冷たく冷やした白ワインが美味しいばんごはんでした。

(T)
by shizen-gallery | 2008-07-26 14:58

夏のあさごはん

今日も厳しい暑さになりそうです。

今朝は、ひやごはんに昨日の残りのキャベツや大葉、茗荷の塩揉みやら塩昆布(島田さんの関西出張のお土産)、梅干し、しらすぼしを乗せ、冷たくした焙じ茶をかけて頂きました。

さらさら、さっぱり。
隠れるところのないような、青空の下にも元気に出ていけそうなあさごはんでした。

(T)
by shizen-gallery | 2008-07-25 13:16

涼しいもの

毎日、毎日猛烈な暑さです。日中表に出ると、なんだかくらくらします。

目に涼しいもの、いろいろ。


久保裕子さんの「眺めのある金魚鉢」28350円に、裏の駐車場でとってきた
野ぶどうの枝を入れました。雑草なので、たくましく何日か水に入れていると
根が生えてきます。根もまたうつくしく、愉しめます。

ずらりと並んだ蕎麦猪口いろいろ。四十沢宏治さんの柿渋を塗ったお盆に。
お好みのものをお選びいただいて、おもてなし。

常滑の谷口晃啓さんの青白磁たわみ鉢、4200円。
竹のお箸をあわせるときりりとより涼しげです。

土岐の小澤基晴さんの藁灰たわめ8寸皿、5250円にぶどうの枝を水を
はって入れました。

古い五徳と長岡の矢尾板克則さんの花器、15750円。
すっと突き抜ける線のがまの穂に元気付けられます。

久留米の正島克哉さんの青白磁鉢、6300円。くたくたになるまで煮た茄子と
高野豆腐を冷たく冷やしていただきたいです。千切り生姜をつんと天盛にして。
韓国料理の春雨の和え物、チャプチェもきっと美味しそう。
水をたっぷりはって、青い紅葉や楓の葉を浮かべても。
青白磁の色がうまく出なくて、残念です。。。


厳しい暑さですが、こころはすずやかに夏を愉しみたいものです。。

(T)
by shizen-gallery | 2008-07-24 19:47 | つれづれ