荒賀文成さんの粉引大皿

京都で作陶されている荒賀文成さんの粉引大皿のご紹介です。

外径27㎝、内径19.5㎝、高さ6.5㎝、10,800円。

大きすぎず、使いやすい大きさ。
ボリュームのある大きさが食卓に上がると華やかです。
リムも盛り付けたときに額縁の効果があり、お料理を表情豊かに見せてくれます。
b0132444_17370471.jpg
b0132444_17371695.jpg
釉薬がつかないように目土をのせて、重ねて焼いた跡を
目跡といいます。

目跡は釉薬がかかっていないので、土が見えている状態です。
土が見えているので、他の部分に比べて変化する可能性は高いのですが、
またそれも土ものの愉しさでもあります

b0132444_17372658.jpg
さっと水をくぐらせました。
グレーになった部分は、水を吸ったところです。
何もしないで、油ものや色の付きやすいお料理を盛ると水を吸ったところは
油や色が入り落ちなくなります。

初めてお使いになる前にお米のとぎ汁や小麦粉を溶いた水に一晩浸すとだいぶしみにくくなります。
最初の2,3カ月は吸水性が高いのでさっとでも水にくぐらせて土に水を
吸わせると汚れがしみにくいです。

ゆっくり暮らしとともに表情を変えていく土のうつわは、少しお付き合いに
気を遣うかもしれませんがよいものだと思います。
どうぞ仲良くお付き合いいただけたら、何よりです。

何か心配なことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。
b0132444_17373662.jpg
和のうつわのようですが、パスタを盛り付けてみました。
銘々にお好みの量を取り分けて。
b0132444_17374665.jpg
(T)


by shizen-gallery | 2016-08-24 16:39 | 新入荷のお知らせ


<< 上野剛児さんの花器 8月22日の営業について >>