若林幸恵さんのお椀

厳しい寒さが続きますが、少しずつ陽が長くなり近づく春を想います。

春がそこにあるうつわのご紹介です。

大椀 桃の花、直径15.5㎝×高さ11.5㎝、24840円。
b0132444_2032493.jpg

油絵のマチエールから構想を得て、描かれています。
香り立つ梅の気配を感じます。
b0132444_2033393.jpg

反対側の絵付けです。
b0132444_2034113.jpg
b0132444_203481.jpg
b0132444_2035733.jpg

漆の大椀は、その軽やかさと口当たりが魅力です。

熱々も漆ならではの熱伝導の低さで臆することなく手に取って
お召し上がりいただけます。

椀 たんぽぽ、直径10㎝×高さ6.5㎝、17280円。

金色のたんぽぽ、春のあたたかな日差しを浴びて黄金色に輝くたんぽぽそのものです。
b0132444_20468.jpg

反対側には、ぽっかり浮かぶ金色の雲が。
春のうららかな日、さながらです。
b0132444_2041255.jpg

白漆と内側の朱のコントラストも華やかです。
b0132444_2041838.jpg
b0132444_2042944.jpg

一足お先に、てのひらの春です。

(T)
by shizen-gallery | 2016-01-16 20:04 | 新入荷のお知らせ


<< 金井ゆみ・田坂香代子展のご案内 おやつをどうぞ。 >>