松浦コータロー展 3

昨日で松浦さんの在廊日は、終了しました。

飄々とされつつも、熱い想いを描き留められている松浦さん。
今日からは、ひとりでお出迎えですがその想いを伝えられたらと
思っております。

今日は、飄々な器のご紹介です。

65 紅安南福寿文鯛形向付、顔から尾までの長さ15㎝×顔先端までの高さ5㎝、
ボディ径13㎝×ボディ高さ3㎝、4860円。

古いものに、この形の向付を見てそこから作られたそうです。
b0132444_1816963.jpg

盛り上がった目玉とくちびる、迫力満点なのです。
b0132444_18161566.jpg

おめでたい文字も、呉須の上から繊細な線の赤絵が施されています。
b0132444_18162020.jpg
b0132444_18162550.jpg

高台裏は、無施釉で浅利をのせて焼成し緋色を立たせています。
浅利がポイント!リーズナブルに手に入ることが大切です!!
b0132444_18163397.jpg
b0132444_18164041.jpg

鯛のお腹に、鯛のお刺身を盛ったらさぞや痛快なことと。
かまぼこも、ごちそうになります。

おめで鯛 うつわ、いかがでしょうか。

松浦コータロー展は、3月19日(木)17時までです。

(T)
by shizen-gallery | 2015-03-16 18:28 | 展覧会のお知らせ


<< 松浦コータロー展 4 松浦コータロー展 2 >>